管理会社 管理組合

マンション管理組合|パートナーについて考えてみる!

2022年2月16日

 

マンション管理会社というのは管理組合にとって良きパートナーであることが望まれますが、真のパートナーにはなれない、これが私の持論です。

 

 

パートナーという言葉は、協力関係などでよく用いられますが、そこに信頼関係がなければ成立しませんし、相手に損を与え、自分が得をする、そこにこの考えがあるとしたら、もはや協力関係ではなく敵対関係の相手になるでしょう。

 



 

私の管理会社時代に感じたことは、顧客の利益よりも企業の利益を優先する考え方が強くて、見せかけだけの演技が蔓延っていました。その演技に疲れ果て、仕事に対する誇りは持てず、常に罪悪感が付き纏いました。これが正直な感想です。

 

 

 

このように書くと業界反発を食らうわけですが、実際のところ、真剣に管理組合と向き合う管理会社は寡少かと思います。フロント担当者によっては、会社と違った考え方を持たれて顧客と真剣に向き合っている方が存在するのも事実です。

 

なので、会社というよりも直接担当となるフロントマンの仕事に対する想いとか熱意が重要で、会社(経営陣)がフロントマンの働きやすい環境を築いているか、そこに集約されると言っても過言ではありません。

 

フロントマンの離職率が高いのは、会社とそこで働く人材の考え方に大きな垣根があって、同じベクトルではないことがそのひとつに挙げられます。真面目なフロントマンほど会社に対する不満が募り、退職に至ります。私が業界にいたときにこの理由で辞めていく社員を数多く見てきたからそこは言い切れます。

 

売上重視、過剰な業務の押し付け、そして経営陣は無知でゴルフ三昧、こんな環境下でパートナーが育ちますかって言いたい。

 

今度のフロント担当者はいいよねって思っても、そういう方に限って長くいてもらえない、これが実情ではないでしょうか。これはフロントマンに限らず管理員さんにも言えることです。私の住んでいるマンションでも評判の良かった人はすぐにいなくなります😢。

 

管理会社といのは管理組合にとって身近で良きパートナーであってほしいと願いたいですが、その前に経営陣の意識改革が必須です。

 

パートナーというフレーズを聞くたびに虫唾が走るのはきっと私だけかも知れませんね(笑)。それにこんな記事を書くのも私だけかも知れません(大笑)。

 

 

商売相手でもきちんとメリット、デメリットを伝えれる人は信頼できますよね。きっとそれと同じように管理組合と管理会社の関係も単純にそんな関係なのかも知れません。

 

 


 

-管理会社, 管理組合

執筆者:

関連記事

管理会社のフロントマン・管理人の現金の立て替えは禁止すべし!

  マンション管理会社に限ったことではありませんが、本来会社が負担すべき備品・消耗品などの代金を従業員が一時的に立て替えるケースがあります。 マンション管理会社においては、備品・消耗品などの代金をフロ …

マンション管理会社は住人を私的感情で差別している!

  今朝、色んな方のマンション管理に関するブログを拝見していたら、これぞ管理会社の実態、そんな記事を見つけた。   管理会社の現役フロントマンが著者で、マンション管理について語って …

マンション管理会社|フロント担当者の離職率が高い理由!

    マンションのフロント担当者が頻繁に入れ替わる、これは珍しいことではない。 人事異動ではなくその多くが退職によるものだが、どうしてフロントマンの離職率は高いのだろう。 悪い言 …

マンション管理|立ち上がるのは当事者、前へ進むのも当事者!

  このブログサイト「間違いだらけのマンション管理」は、2017年4月に立上げ、早いもので3年の月日が経ちました。 このサイトに訪れて頂いた皆さんに、分譲マンションの管理の在り方について少し …

これだからマンション管理会社の評判が悪い!

  マンションの管理組合にとって、もっとも身近な存在であり、かつ頼れる存在になるのが「管理会社」です。しかしながら現実はどうでしょう。最も遠い存在、不信を抱く存在になっている感は否めません。 …




 プロフィール

くるみ

くるみ

著者:kurumi

マンションデべロッパー、デべ系管理会社、建設会社勤務を経て、2004年に管理会社設立。
2017年に業界を離れ、今はフリーランスとして活動しています。
元業界人がマンション管理についてしがらみ抜きでガチで語っているので、是非読んでみてください。

 ブログ内検索
 カテゴリー