管理会社

マンション管理会社に足りないもの!

2018年6月17日

 

マンション管理会社に足りないものって何だろう…

長らくマンション管理業界にいたから見えてくるものがある。

それは誠意…



誠意とは、「私欲を離れて正直にまじめに物事に対する気持」のことである。

マンション管理会社のみならず、それはどの企業にも求められていることではないだろうか。

人は必ず言い訳をする。特に自分が窮地に立たされたときに本性が出る。企業もまた人で作られた組織だから、何かのトラブルが生じた時にその企業の本質が浮き彫りになる。

誠意…本来そこで必要になると思うのだが…

 

何かしら企業側に落ち度がある場合、自分たちの都合の良いように考えてしまう。そこには謝罪の念とか相手を思う気持ちよりも、責任回避の方が優先されてしまう。

私の現役時代に社内で飛び交ったのは、言い訳とか責任転嫁の言葉だった。

上司が悪い!

部下が悪い!

下請け業者下が悪い!

〇〇が悪い!

そこには、自分以外の誰かが悪い、そう己の反省が見当たらない。

 

 

人間だからミスをすることもあるだろう。そこに反省がなければ、同じ事がまた繰り返される。正しく反省する、これが必要だと思う。(詳しくはこちらの記事

半世紀の歴史あるマンション管理業界…

そしてマンション管理会社に足りないもの…

それは誠意とか正しく反省する素直さではないだろうか。

 








-管理会社

執筆者:

関連記事

マンション管理会社の経営統合(合併)の本質を知ろう!

近年、マンション管理会社の経営統合(合併)が盛んに行われています。同時に管理会社の買収(M&A)を専門とするコンサルタントが増えています。 その背景には、マンション管理市場が衰退期へと移行し、大手企業 …

マンション管理会社|理想と現実!

  マンション管理を行う上で委託先の管理会社というのは、管理組合にとって良きパートナーであることが理想と言えます。企業においても、顧問税理士とか顧問弁護士の先生方も同じことが言えます。 東京 …

マンション管理会社|不公平なサービスの実態を暴く!

  唐突な質問なりますが、マンション管理会社に対して何を求めますか? もっとしっかり仕事をしてくれよ! そんな声が聞えてきそうですね(笑)。 私は長らくマンション管理業界にいましたが、そこで …

管理会社のリベートはここにも存在する!

  最近の分譲マンションは、最初から全戸にインターネットが使用できるシステムが導入されている。 システムというより、ブロバイダーとの一括契約という言い方が正しい。 このブロバイダーは、マンシ …

マンション管理会社|月次報告書について

  何かの行為を第三者に委任する場合、受任者は事務処理の内容について、委任者に報告する義務がある。(民法645条) 分譲マンションの管理に例えるなら、委任者が管理組合、受任者が管理会社に該当 …




 プロフィール

くるみ

くるみ

著者:kurumi

元業界人がマンション管理について本音で語るブログです。
登場人物 ☞ 鬼嫁がたまに出てきます(笑)

 ブログ内検索
 カテゴリー
 その他の記事