管理組合が変わらない限り、何も変わらない!

管理会社

マンション管理会社に足りないもの!

2018年6月17日

 

マンション管理会社に足りないものって何だろう…

長らくマンション管理業界にいたから見えてくるものがある。

それは「誠意」…



誠意とは、「私欲を離れて正直にまじめに物事に対する気持」のことである。

マンション管理会社のみならず、それはどの企業にも求められていることではないだろうか。

人は必ず言い訳をする。特に自分が窮地に立たされたときに本性が出る。企業もまた人で作られた組織だから、何かのトラブルが生じた時にその企業の本質が浮き彫りになる。

「誠意」、本来そこで必要になると思うのだが…

 

 

何かしら企業側に落ち度がある場合、自分たちの都合の良いように考えてしまう。そこには謝罪の念とか相手を思う気持ちよりも、責任回避の方が優先されてしまう。

私の現役時代に社内で飛び交ったのは、言い訳とか責任転嫁の言葉だった。

上司が悪い!

部下が悪い!

下請け業者が悪い!

〇〇が悪い!

そこには、自分以外の誰かが悪い、そう己の反省が見当たらない。

 

 

人間だからミスをすることもあるだろう。そこに反省がなければ、同じ事がまた繰り返される。正しく反省する、これが必要だと思う。(詳しくはこちらの記事

半世紀の歴史あるマンション管理業界…

そしてマンション管理会社に足りないもの…

それは誠意とか正しく反省する素直さではないだろうか。

 

 


 



-管理会社

執筆者:

関連記事

管理会社の存在意義?

  マンションで何か問題が起きたときに、警備会社はすぐに駆けつけるのだが、マンション管理会社の姿はそこにいない。 警備会社の方が存在感がある マンション管理会社に対して嫌みを言っているのでは …

フロントマンの担当組合数から見えてくるもの

  近年、管理会社のホームページや管理会社変更の際のプレゼン資料などに、「フロントマンの担当組合数を10組合以下とし、徹底した管理体制を構築しています」、そんなフレーズが多く用いられている。 …

マンション管理会社は信用しない|これ基本!

  分譲マンションの管理会社は、全国に2,000社以上存在する。大手企業から零細企業まで事業規模は異なるが、管理会社の企業体質というのはどこも同じように思えるのだが… &nbsp …

管理会社の多くは本業では成り立たない!

  管理会社は本業に徹するべきだ! これは管理組合側の意見である。そんな声を最近よく耳にする。 私の住んでいるマンションを振り返れば、全くその通りだと思うし、実際に管理会社には本業のみ委託し …

マンション管理会社|フロントの担当物件数の減少傾向、その裏側には!

  マンションの管理会社に管理を委託する場合、そのマンションを担当する「フロントマン」が存在する。 フロントマンの役割は、管理会社の総合窓口役として、そのマンションの所有者および居住者の様々 …

余白




余白

余白

プロフィール

著者:kurumi

元業界人がマンション管理について本音で語るブログです。

閲覧記事ランキング

カテゴリー

アドセンス広告




pagetop