語り

松下幸之助の名言から学んだこと!

2020年1月2日

 

あのパナソニックを一代で築き上げた「松下幸之助」、経営の神様として称され、彼が残した功績、そして経営哲学は後世に語り継がれています。



私がマンション管理会社に就職したての頃、失敗ばかりして自虐感情が拭えない日々が続いていました。それを見かねた担当先マンションの住人さんからいただいた言葉が、今でも私の心に刻まれています。

 

失敗する人は成功するからな

あんた少しは勉強しなはれ

 

それまで嫌々読まされた経済新聞、大好きな漫画の本、フィクションの小説以外に読んだこともなかった著名人の人生哲学、経営哲学の本をそれをきっかけに読むようになりました。

今では、自宅の本棚にあるのは著名人の哲学書ばかり(笑)、その中に松下幸之助に纏わる本が20冊以上あります。そこで見つけた松下幸之助の奥の深い名言があります。それを皆さんにご紹介します。

 

誰でもそうやけど、

反省する人は、きっと成功するな。

本当に正しく反省する。

そうすると次に何をすべきか、

何をしたらいかんかということが

きちんとわかるからな。

それで成長していくわけや、

人間として。

 

当時の私は、自分を責めることが反省だと大きな勘違いをしていました。自分を責めてもそこで得られるのは虚しさだけ。そんな心境で仕事をやるから同じような失敗が何度も繰り返えされる。

失敗の原因が何なのか、そこを意識するようになってから、失敗はかなり減りました。そこで正しく反省することの重要性を身をもって知りました。

「失敗は成功のもと」ってよく言われますが、そこに「反省して改善する」という意識が欠けると、単なる励ましの言葉で終わります。

何か失敗したときに、この名言を思い出していただけたら幸いです。

 

 








-語り

執筆者:

関連記事

身勝手な意見を言う人に共通すること!

  私が管理会社時代に決して口にしなかったが、業界を去った今だから口に出して言えることがある。それは、住人の身勝手に思えた発言である。 もしかしたら、気分を害する方もいらっしゃるかも知れない …

マンションの管理員室は誰のもの?

  マンションの管理員室は共用部分に該当する。中には専有部分として所有権の保存登記がなされ、管理会社の所有になっている特殊なケースもあるのだが、一般的には規約共用部分という扱いになっている。 …

マンション管理は計画性が大切です!

  マンションの損害保険料が高くなった… 最近、色んなところでよく耳にするようになった。 築年数の古いマンションでは大幅な値上げとなっている。築年数の浅いマンションもいずれは古く …

管理会社がいるから本音で話せない?

  マンションの総会、理事会に管理会社が同席する、それが当たり前になっていますよね。 呼んでもないのに同席する(笑)。   管理会社がいると本音の話し合いができない、特に管理会社に …

本音で語れるマンション管理のパートナー!

  パートナーとは共同で仕事をする相手のことを指す。 同じ目的(目標)に向かって互いに協力し合う、とても素敵なことだと思う。 管理組合にとってのパートナーって誰だろう。 そのマンションの所有 …




 プロフィール

くるみ

くるみ

著者:kurumi

元業界人がマンション管理について本音で語るブログです。
登場人物 ☞ 鬼嫁がたまに出てきます(笑)

 ブログ内検索
 カテゴリー
 その他の記事