管理組合が変わらない限り、何も変わらない!

語り

マンション・賃貸共同住宅・戸建て住宅の違い

2017年7月23日

 

マンションというのは、ひとつの建物の中に複数の所有権が存在する。この区分所有という特殊な形態が、賃貸共同住宅、戸建て住宅とは大きく異なる特徴といえる。

住宅の集合体、これがマンションである。

マンションというのは、マンションの管理の適正化の推進に関する法律(平成12年法律第149号)によって、初めて定義付けされた言葉である。

この法律ができる前までは、マンションという言葉は、日本の不動産会社が勝手に名付けた造語(和製英語)であった。

 

賃貸共同住宅、戸建て住宅は、単独の所有者だから、建物の利用方法や維持保全はその所有者に委ねられる。一方、マンションでは、専有部分(個人財産)、共用部分・敷地(共有財産)があるため、他の住宅とは異なる所有形態になっている。

共用部分の管理は、区分所有者全員で構成する管理組合によって行われ、管理組合によって定められたルールを守って生活しなければならない。



マンション、賃貸共同住宅、戸建て住宅のそれぞれの違いは以下のようになる。

区分 構造・規模等 所有者 居住者 管理の主体 管理のルール
マンション 鉄筋・鉄骨鉄筋コンクリート造が主流
隣家とは壁・床・天井で接している
複数の区分所有者 区分所有者等 管理組合(共用部分、敷地)
区分所有者(専有部分)
管理規約による
賃貸共同住宅 木造、プレハブ、鉄筋・鉄骨鉄筋コンクリート造等
隣家とは壁・床・天井で接している
単独の所有者 賃借人等  原則賃貸人
(※1)
賃貸契約書による
戸建て住宅 木造、プレハブ造等
隣家とは空間がある
単独の所有者 所有者等  所有者  定め無し
(※2)

※1 ☞ 管球交換などの小修繕は賃借人が行う場合が多い。
※2 ☞ 戸建て住宅でもタウンハウスの場合は、管理規約が定められている場合が多い。

 

マンションは何かしら面倒そうで、戸建て住宅や賃貸住宅の方が気楽に思える。購入するなら戸建て住宅がいい、これが私の本音になるが、利便性を考えれば、戸建て住宅は不便な場所が多いし、利便性が高い場所では価格が高い。

というわけで、私は利便性、価格の安さを優先して、面倒なのは承知でマンションを購入した。そして愛着ある我が家に長らく住んでいる(笑)。

マンションの本当の良さというのは、実際に購入し、住んでみないと分からないことだと思う。

 


 



-語り

執筆者:

関連記事

マンション管理組合運営|意見と文句は違う!

  社会生活を送っている中で、たまに意見とか文句を言われたりすることがある。そんなときに私は、それが意見なのか、文句なのかを瞬時に見極めようとする癖がある(笑)。 なぜこのような癖がついてし …

分譲マンション|人口減少でマンションはどう変わる!

  日本国内の住宅ストックは今や過剰とまで言われている。総務省統計局の住宅・土地統計調査によると2013年時点の空き家は全国で820万戸に及ぶ。この調査は5年毎に実施されているので来年201 …

久しぶりの里帰りそこで知り得たこと!

  私の子供時代に過ごした故郷は、市の人口が7万人の小さな田舎町である。ここ10年の人口は増えてもいないし、減ってもいない。正確にいえば、日本人の人口は減っているのだが、外国人住民が増えてい …

物事をはっきり言う人は嫌われる?

  社会集団の中で、物事をはっきり言う人がいる。☞ (ちゃんと自覚しています…w) 社会には、縦社会と横社会の2つが存在する。縦社会の代表格が企業である。そして学校も縦断的に層化 …

出る杭は打たれる!

  「間違いを正す」、これって簡単そうで実は難しいことである。これは現代社会、そして管理組合内においても同じことがいえる。 集団という社会は、本当にしがらみが多い。 理事長、理事役員の中には …

余白




余白

余白

プロフィール

著者:kurumi

元業界人がマンション管理について本音で語るブログです。

閲覧記事ランキング

カテゴリー

アドセンス広告




pagetop