管理組合が変わらない限り、何も変わらない!

語り

マンション・賃貸共同住宅・戸建て住宅の違い

2017年7月23日

 

マンションというのは、ひとつの建物の中に複数の所有権が存在する。この区分所有という特殊な形態が、賃貸共同住宅、戸建て住宅とは大きく異なる特徴といえる。

住宅の集合体、これがマンションである。

マンションというのは、マンションの管理の適正化の推進に関する法律(平成12年法律第149号)によって、初めて定義付けされた言葉である。

この法律ができる前までは、マンションという言葉は、日本の不動産会社が勝手に名付けた造語(和製英語)であった。

 

賃貸共同住宅、戸建て住宅は、単独の所有者だから、建物の利用方法や維持保全はその所有者に委ねられる。一方、マンションでは、専有部分(個人財産)、共用部分・敷地(共有財産)があるため、他の住宅とは異なる所有形態になっている。

共用部分の管理は、区分所有者全員で構成する管理組合によって行われ、管理組合によって定められたルールを守って生活しなければならない。



マンション、賃貸共同住宅、戸建て住宅のそれぞれの違いは以下のようになる。

区分 構造・規模等 所有者 居住者 管理の主体 管理のルール
マンション 鉄筋・鉄骨鉄筋コンクリート造が主流
隣家とは壁・床・天井で接している
複数の区分所有者 区分所有者等 管理組合(共用部分、敷地)
区分所有者(専有部分)
管理規約による
賃貸共同住宅 木造、プレハブ、鉄筋・鉄骨鉄筋コンクリート造等
隣家とは壁・床・天井で接している
単独の所有者 賃借人等  原則賃貸人
(※1)
賃貸契約書による
戸建て住宅 木造、プレハブ造等
隣家とは空間がある
単独の所有者 所有者等  所有者  定め無し
(※2)

※1 ☞ 管球交換などの小修繕は賃借人が行う場合が多い。
※2 ☞ 戸建て住宅でもタウンハウスの場合は、管理規約が定められている場合が多い。

 

マンションは何かしら面倒そうで、戸建て住宅や賃貸住宅の方が気楽に思える。購入するなら戸建て住宅がいい、これが私の本音になるが、利便性を考えれば、戸建て住宅は不便な場所が多いし、利便性が高い場所では価格が高い。

というわけで、私は利便性、価格の安さを優先して、面倒なのは承知でマンションを購入した。そして愛着ある我が家に長らく住んでいる(笑)。

マンションの本当の良さというのは、実際に購入し、住んでみないと分からないことだと思う。

 


 



-語り

執筆者:

関連記事

出る杭は打たれる!

  「間違いを正す」、これって簡単そうで実は難しいことである。これは現代社会、そして管理組合内においても同じことがいえる。 集団という社会は、本当にしがらみが多い。 理事長、理事役員の中には …

分譲マンション|人口減少でマンションはどう変わる!

  日本国内の住宅ストックは今や過剰とまで言われている。総務省統計局の住宅・土地統計調査によると2013年時点の空き家は全国で820万戸に及ぶ。この調査は5年毎に実施されているので来年201 …

不動産会社はこれからどんどん潰れていく!

  新築物件が2008年のリーマンショック後、急激に減っている。建設費の高騰、先行き不透明な状況下で新築物件を手掛けるマンションなどの分譲会社(デべロッパー)は作っても売れる確証がないから慎 …

間違いだらけのマンション管理のブログって?

    私はマンション管理士ではない。マンションデべロッパー、マンション管理会社、建設会社の3つの業界をそれぞれに携わってきた元業界人である。そして今はそれらの業界に属さないマンシ …

マンションのクリスマスイベント

  この季節になると街並みの景色が徐々に変わってくる。 12月の風物詩といえば、クリスマスツリー、そしてクリスマスイルミネーションである。 もうすぐ12月、今始まったことではないが時間が経つ …

余白




余白

余白

プロフィール

著者:kurumi

元マンション業界人がマンション管理について本音で語るブログです。

余白

余白

余白

閲覧記事ランキング

カテゴリー

アドセンス広告




pagetop