管理組合が変わらない限り、何も変わらない!

語り

マンションには独自の慣習というものがある!

2017年7月23日

 

昨日、私が住んでいるマンションの総会があった。午後3時から…

いつもは日曜日の午前10時から12時までなのだが、土曜日に変更されていた。

総会終了後に管理会社の新任のフロント担当者に確認したのだが、曖昧な回答であったため、理事長に確認したところ「管理会社が日時を決めた」と聞かされた。

それ以上は何も言わなかったのだが、総会出席者は通常6割程度なのだが、3割程度しか出席されなかった。

フロント担当者が代わり(もう何人目?)、総会時に紹介挨拶が行われたのだが、総会日程の重要性を認識していない。

管理会社の都合で決められたことに納得ができなかった。

その日の夕方に管理会社の上役から連絡が入り「以後気を付けます」、お~い、私に言うな!

分かっているのなら、最初からそうすればいい。私以外の住人数名から苦情(?)が入ったとその上役から聞いたのだが、マンションには慣習(恒例)というものがある。

曜日を変更するだけで出席率が低くなる。仕事や行事予定で出席できない方も中にはいる。

管理会社はそれを分かっていない。上役も苦情が数件寄せられたから対応しているに過ぎない。火消しのつもりだろうが、私は管理会社の本質を知っているだけに騙されない。

マンションは金太郎飴ではない。どこも同じではないのだ。マンションには歴史があり、慣習や考え方も異なる。それを知りそれに合わせるのが管理会社の役目だと思う。

 


 



-語り

執筆者:

関連記事

2020年問題と大不況の予感?

  最近よく耳にするのが2020年問題、この引き金になっているのが国内の人口減少である。現在、少子高齢化が加速する中で、様々な社会問題を引き起こすスタートの年となろう。 2020年と言えば、 …

管理組合必見|知らないと損をする相見積もりのカラクリ!

  「相見積もり」とは、複数の業者から同一条件で見積もりを取り、それを比較検討することを意味します。 適正価格(相場価格)を知る上で必要な作業になりますが、それが意図的に作成された見積もりだ …

面倒くさいをやるのが仕事!

面倒くさいことをやるのが仕事である。世の中にはその面倒を引き受けてくれる人たちが存在する。それが企業で働く人たちである。 そう考えれば、マンション管理組合はその面倒を引き受けるための組織であり、管理組 …

管理会社に頼めば安心、その根拠はどこにあるのか!

  私は長らく管理会社で働いてきた。そして自ら管理会社を立ち上げた経験を持つ。 管理組合の所有者から「管理会社に頼めば安心」、この言葉に何度救われたことか。工事などを受注する際に総会、理事会 …

管理会社がいるから本音で話せない

  マンションの総会、理事会に管理会社が同席する、それが当たり前のように思えるが、時として本音の話し合いの足枷になったりもする。 管理組合と管理会社は常に利害関係にあり、利益相反の関係にある …

余白




余白

余白

プロフィール

著者:kurumi

元業界人がマンション管理について本音で語るブログです。

カテゴリー

アドセンス広告




pagetop