管理組合が変わらない限り、何も変わらない!

語り

マンションには独自の慣習というものがある!

2017年7月23日

 

昨日、私が住んでいるマンションの総会があった。午後3時から…

いつもは日曜日の午前10時から12時までなのだが、土曜日に変更されていた。

総会終了後に管理会社の新任のフロント担当者に確認したのだが、曖昧な回答であったため、理事長に確認したところ「管理会社が日時を決めた」と聞かされた。

それ以上は何も言わなかったのだが、総会出席者は通常6割程度なのだが、3割程度しか出席されなかった。

フロント担当者が代わり(もう何人目?)、総会時に紹介挨拶が行われたのだが、総会日程の重要性を認識していない。

管理会社の都合で決められたことに納得ができなかった。

その日の夕方に管理会社の上役から連絡が入り「以後気を付けます」、お~い、私に言うな!

分かっているのなら、最初からそうすればいい。私以外の住人数名から苦情(?)が入ったとその上役から聞いたのだが、マンションには慣習(恒例)というものがある。

曜日を変更するだけで出席率が低くなる。仕事や行事予定で出席できない方も中にはいる。

管理会社はそれを分かっていない。上役も苦情が数件寄せられたから対応しているに過ぎない。火消しのつもりだろうが、私は管理会社の本質を知っているだけに騙されない。

マンションは金太郎飴ではない。どこも同じではないのだ。マンションには歴史があり、慣習や考え方も異なる。それを知りそれに合わせるのが管理会社の役目だと思う。

 


 



-語り

執筆者:

関連記事

面倒くさいをやるのが仕事!

  面倒くさいことをやるのが仕事である。世の中にはその面倒を引き受けてくれる人たちが存在する。それが企業で働く人たちである。 そう考えれば、マンション管理組合はその面倒を引き受けるための組織 …

自分の子供から学んだこと!

  自分はダメ人間… 自分なんて価値がない… そのように思っている自尊感情(自己肯定感)の低い子供が年々増えていると聞く。 親が子供に対して褒めることをしない、だから …

久しぶりの里帰りそこで知り得たこと!

  私の子供時代に過ごした故郷は、市の人口が7万人の小さな田舎町である。ここ10年の人口は増えてもいないし、減ってもいない。正確にいえば、日本人の人口は減っているのだが、外国人住民が増えてい …

返報性の原理がマンションにも存在する!

  マンションというのは、多くの人が共に暮らしている。なので、自宅の玄関から外に出れば居住者と出くわすことが多い。 そして、そこで誰かに笑顔で挨拶されると、どんな気持ちになるだろう。 きっと …

屋上の点検から見えてくるもの!

  自分たちが住んでいるマンションの建物点検は、いつ誰が行っているのだろう。 その問いかけに対して「委託先の管理会社が行っている、毎月かな?」、そんな回答が返ってきそうだが… 「 …

余白




余白

余白

プロフィール

著者:kurumi

元マンション業界人がマンション管理について本音で語るブログです。

余白

余白

余白

閲覧記事ランキング

カテゴリー

アドセンス広告




pagetop