語り

こんなマンションには住みたくない!続編

2017年10月6日

 

マンションというのは同じものはない。そこに暮らす人たち、コミュニティ(地域社会)のあり方が異なる。大袈裟な言い方になってしまうが、マンションには独自の文化がある。これは過去の歴史によって自然に創り出されたものである。

これから語ることはあくまで個人的な意見である。それを前提に読んでもらいたい。

私が管理会社時代に多くのマンションを見て感じたことがある。それは、マンション毎に文化が異なるということだ。失礼な話になってしまうが、絶対に住みたくないと思うようなマンションも存在した。逆に住みたいと思うマンションもあった。

新築当初から住まれている方は、あまり意識することはないと思うが、途中でマンションを買われる方にとってみれば、そのマンションの文化というのは気になるものだ。

企業に例えるなら、就職や転職するときに職場の環境、そして人間関係が気になる、それと同じである。

 

途中でマンションを買われる方は、既に出来上がった文化の中で暮らさなければならない。これは賃貸で住まれる方も同じだ。

ときには新参者と罵られ、仲間外れにされたり、マンション独自の慣習にストレスを感じ、孤立してしまうこともある。



郷に入っては郷に従えということわざがあるが、人それぞれ色んな解釈の仕方がある。故事ことわざ辞典にはこのように書かれている。

風俗や習慣はその土地によって違うから、新しい土地に来たら、その土地の風俗や習慣に従うべきだということ。また、ある組織に属したときは、その組織の規律に従うべきだということ。

この故事ことわざ辞典に書かれた内容を読むと二つの解釈ができる。ひとつは「そうしないと社会集団では損をするよ」という自分への戒めの言葉、そしてもうひとつは、郷が発する言葉である。

私は、このことわざの本旨は、自分の戒めの言葉だと解釈している。これを郷が発すればただの押し付けになるだろう。

法で定められた規則は誰しも遵守しなければならない。これは当たり前のことである。だが慣習というのは、この規則とは異なり拘束力をもたない。

その地域社会で作られた独自の習わしである。法律のような拘束力はないが、従わないと結局はその地域社会において偏見な目を向けられてしまう。

古参が慣習を作り、新参はこの慣習に従がわなければならない。もしそうだとすれば、それには少し違和感を覚える。

古参の立場、新参の立場、先に住むか、後に住むかによって、そこに立場の格差があるとしたら、それはただの偏見や差別に過ぎない。

企業の職場、自治会、マンションなどの地域社会において、古参が実権を握っている。誰しも心当たりはあるのではないだろうか。

もし仮に、その慣習が正しくないものだとしたらどうだろう。きっと多くの方がストレスを感じるに違いない。それでも郷に入っては郷に従えなのだろうか。

例えば、仲間外れが平然と行われる地域社会だとしたら、何に従えというのか。新参の意見に耳を傾けない地域社会だとしたら、もはや独裁国家と同じである。

郷の創り出した文化は、全てが正しい文化だとは思えない。郷もまた人の感情によって作られた社会である。それ故に完璧ではないということだ。



日本の半分の市区町村は過疎地域である。2020年には各都道府県の人口が減少に転じる。このような状況下に県や市区町村は、郷に入っては郷に従えという呑気なことを言っている場合ではない。

どの地域も過疎対策、新たな転入者の受入れを確保することが最重要課題となろう。マンションも他人事ではない。空き家が増えれば管理組合運営に支障を来すことになる。

これからの地域社会は、選ばれる時代へと変わる。旧態依然の固執した考え方は捨てるべきだと思う。一度できあがった文化を変えることは難しい、だが新参の意見に耳を傾けるのは容易にできることだ。

古参が文化を作るのではない。そこに住む人たちが時代に合せて創り出すものだと思う。その文化には、互いの配慮、そして心温まる暮らし、そうあってほしいと願いたい。

 

 

私は、差別や偏見が存在するマンションには住みたくはない。それは誰しも同じ意見ではないだろうか。

 

 

前回の記事はこちら 👇

こんなマンションには住みたくない!

 

 


 



-語り

執筆者:

関連記事

消費税10%値上げ2019年10月から?

  過去に2回延期された消費税10%への引き上げだが、今年10月に開かれた衆議院選挙で自民党が圧勝し、消費税の値上げは2019年10月に決行されそうだが、さすがに3回目の延期はないと思う。で …

マンションの管理員室は誰のもの?

  マンションの管理員室は共用部分に該当する。中には専有部分として所有権の保存登記がなされ、管理会社の所有になっている特殊なケースもあるのだが、一般的には規約共用部分という扱いになっている。 …

マンション管理組合|パートナーについて考えてみる!

  マンション管理会社というのは管理組合にとって良きパートナーであることが望まれますが、真のパートナーにはなれない、これが私の持論です。 パートナーという言葉は、協力関係などでよく用いられま …

きれい事だと言われても、それでも伝えたいことがある!

  私がマンション管理会社時代に、色んな方と出会い、色んな経験をさせてもらった。   ときには感動し、涙を流したこともある。   ときには怒られ、くじけそうになったことも …

マンション管理会社と管理組合の目的って違うんだよね!

  マンションを買って最初に疑問に感じたこと、それは不愛想な管理員、上から目線のフロント担当者の存在でした。 当時、私はマンションの分譲会社(デべロッパー)で働いていたのですが、お客様は神様 …

余白




余白

余白

プロフィール

著者:kurumi

元業界人がマンション管理について本音で語るブログです。

カテゴリー

アドセンス広告




pagetop