管理組合が変わらない限り、何も変わらない!

語り

きれい事だと言われても、それでも伝えたいことがある!

2018年3月13日

 

私がマンション管理会社時代に、色んな方と出会い、色んな経験をさせてもらった。

 

ときには感動し、涙を流したこともある。

 

ときには怒られ、くじけそうになったことも多々ある。

 

それでも長くこの仕事をやってこれたのは、管理組合の皆さんのおかげだと思っている。

 

マンション管理という仕事が本当に楽しくて、やりがいを感じたから20年間続けることができたと思う。

 

人の意見に耳を傾けることの大切さ

その人の立場になって考えてあげることの大切さ

ときには、自分の考えというのが必要になること

 

マンション管理の仕事を通じ、管理組合の皆さんから教えてもらったことは数え切れないほどたくさんある。

 

マンションというのは、互いに支え合って生活している。

だから互いに向き合ってそのマンションのことを考えなければならない。

 

この2つは、管理会社時代に管理組合の皆さんから教わった集大成の言葉でもある。

 

 

 


 



-語り

執筆者:

関連記事

マンション管理組合の運営|西暦表示を採用しよう!

  新年明けましておめでとうございます。 2019年、皆様にとって良い年になりますように…   今年最初のブログになります。昨年もそうでしたが1年が経つのって本当に早い …

屋上の点検から見えてくるもの!

  自分たちが住んでいるマンションの建物点検は、いつ誰が行っているのだろう。 その問いかけに対して「委託先の管理会社が行っている、毎月かな?」、そんな回答が返ってきそうだが… 「 …

住人間のコミュニケーション、その先にあるもの!

私の住むマンションでは、子供からお年寄りまで色んな方が住まれている。誰から押し付けられるわけでもないのに、住人同士の挨拶は絶えることがない。 大人が挨拶すると子供も挨拶するようになる。挨拶から雑談へと …

返報性の原理がマンションにも存在する!

マンションというのは、多くの人が共に暮らしている。なので、自宅の玄関から外に出れば居住者と出くわすことが多い。 そして、そこで誰かに笑顔で挨拶されると、どんな気持ちになるだろう。 きっと多くの方は、無 …

最近口にしていない言葉…

  人とのコミュニケーションで欠かせないのが、笑顔であったり、謙虚さであったり、感謝の気持ちを持ち続けることであったり、頭では分かっているのだが、年を重ねるごとになぜか失われていく。 これら …

余白




余白

余白

プロフィール

著者:kurumi

元業界人がマンション管理について本音で語るブログです。

カテゴリー

アドセンス広告




pagetop