管理組合が変わらない限り、何も変わらない!

語り

こんな危機感は持ちたくない!

2017年9月6日

 

先月8月29日早朝に何の事前予告もなく北朝鮮から弾道ミサイルが発射された。日本上空をミサイルが通過するという脅威でストレスフルな出来事が起きた。

 

参考映像

 

その際に全国瞬時警報システム(Jアラート)が鳴り、「屋外にいる場合は近くの頑丈な建物や地下に避難してください。」、このメッセージが自分のスマートフォンに届いた。

きっと多くの方がそのメッセージを見て躊躇されたと思う。

避難?どこに?

早朝だったから自宅にいたのだが、マンションは頑丈な建物だから「ここでいいのか?」と素直に思った。「地下?近所には無い」、少し不安に感じた。

平和な国で長らく暮らしてきた私たちにとって、予期せぬ出来事に躊躇された方が多かったと思う。

今月9月3日には北朝鮮は核実験を行い、北朝鮮の建国記念日にあたる9月9日に戦争勃発を示唆する報道が気になる。

いざ戦争が始まれば、防衛も不十分、武器を持たない我が国にとっては不利な戦渦に巻き込まれる。

危機感を持つことが大切なのは分かるが、この場合、どのように対処すればいいのか分からない。

ミサイルの衝撃で窓ガラスが割れる、だから窓の近くに居ると危険、その程度しか予備知識を持たない。

核爆弾が投下されたら、いったいどこに避難すればいいのだろうか。

ミサイル発射における避難方法などについては、お住まいの各都道府県や市区町村のホームページで公開されている。まさに異例のことだ。

Jアラートが鳴った数分後に何が起こるか分からない。これが今の日本の置かれた状況であろう。

独裁者、独裁国家は脅威である。改めてそう感じる。

 

関連動画

政府の避難方法のCM

 

核ミサイルの被害想定

 

 

読者の方へ:マンション管理とは異なる記事になって申し訳ございません。
kurumi

 

 


 



-語り

執筆者:

関連記事

出る杭は打たれる!

  「間違いを正す」、これって簡単そうで実は難しいことである。これは現代社会、そして管理組合内においても同じことがいえる。 集団という社会は、本当にしがらみが多い。 理事長、理事役員の中には …

管理会社がいるから本音で話せない

  マンションの総会、理事会に管理会社が同席する、それが当たり前のように思えるが、時として本音の話し合いの足枷になったりもする。 管理組合と管理会社は常に利害関係にあり、利益相反の関係にある …

消費税10%値上げ2019年10月から?

  過去に2回延期された消費税10%への引き上げだが、今年10月に開かれた衆議院選挙で自民党が圧勝し、消費税の値上げは2019年10月に決行されそうだが、さすがに3回目の延期はないと思う。で …

返報性の原理がマンションにも存在する!

  マンションというのは、多くの人が共に暮らしている。なので、自宅の玄関から外に出れば居住者と出くわすことが多い。 そして、そこで誰かに笑顔で挨拶されると、どんな気持ちになるだろう。 きっと …

分譲マンション|人口減少でマンションはどう変わる!

  日本国内の住宅ストックは今や過剰とまで言われている。総務省統計局の住宅・土地統計調査によると2013年時点の空き家は全国で820万戸に及ぶ。この調査は5年毎に実施されているので来年201 …

余白




余白

余白

プロフィール

著者:kurumi

元マンション業界人がマンション管理について本音で語るブログです。

余白

余白

余白

閲覧記事ランキング

カテゴリー

アドセンス広告




pagetop