管理組合が変わらない限り、何も変わらない!

語り

管理会社に頼めば安心、その根拠はどこにあるのか!

2017年5月20日

 

私は長らく管理会社で働いてきた。そして自ら管理会社を立ち上げた経験を持つ。

管理組合の所有者から「管理会社に頼めば安心」、この言葉に何度救われたことか。工事などを受注する際に総会、理事会の席で上がった言葉だ。

私は今だから言えるのだが、この言葉を聞くたびに冷や汗が出た。そして罪悪感に陥る自分、そして矛盾と葛藤する自分がそこにいたのだ。

それが嫌になってマンション管理業界を去った経緯もある。

業界の裏側を知っているだけに「安心」という言葉を聞くと「矛盾」という言葉が脳裏に浮かんでくる。

信用してもらうことは本当に有難いことだし、やりがいも感じる。だが管理会社の実態を知っているだけに本心はそれとは違い、拭いきれない心苦しさがある。

これは管理会社で働いた経験のある者にしか分からないだろう。



安心の根底にあるもの

安心の言葉の根底には、「悪いことはしないだろう」この含みもある。このブログサイトで管理会社について語っているが、その実情は期待に添えるものではない。

管理会社は営利事業者であり、管理組合と利益相反の関係にある。それが期待に添えない根拠となろう。

直接現場に携わるフロントマンがどんなに管理組合のことを思っても、会社の考え方は違う。企業は売上・利益を追求しなければ存続できない。これが経営陣の考え方だ。

私の経営哲学はそれとは異なる。「顧客の支持と理解が得られなければ存続できない」、この考え方で10年間管理会社を存続させ育て上げることができた。

具体的に説明すると長くなるから、抽象的な説明になってしまったのだが、要は安心には根拠がない、これに行き着く。

管理会社は倒産することもある、裏切ることもある、人事そして担当者も変わる、企業統合により考え方も変わるのだ。

抽象的な安心という言葉に惑わされず、自分達の目で耳で現実を知り、堅実な選択を行ってほしい。

これまで安心という言葉をたくさんお客様から戴いた。そのお返しの本音の言葉である。

 

 




-語り

執筆者:

関連記事

身勝手な意見を言う人に共通すること!

  私が管理会社時代に決して口にしなかったが、業界を去った今だから口に出して言えることがある。それは、住人の身勝手に思えた発言である。 もしかしたら、気分を害する方もいらっしゃるかも知れない …

屋上の点検から見えてくるもの!

  自分たちが住んでいるマンションの建物点検は、いつ誰が行っているのだろう。 その問いかけに対して「委託先の管理会社が行っている、毎月かな?」、そんな回答が返ってきそうだが… 「 …

マンションという財産を自分達で守る!

マンションをキャッシュで購入するにしても、住宅ローンを組んで購入するにしても、所有した時点で自分にとって貴重な財産となる。 その財産を守るのは誰なのか、改めて聞かれると「自分」と答えられる人がどれくら …

マンション管理会社と隣国について語る!

  マンションを買った時に既に管理会社が存在します。良し悪しなどを知らずに最初から管理会社が決められています。管理会社にも格付けがあれば良いのですが、見て取れるものは存在しません。 マンショ …

マンション管理組合運営|意見と文句は違う!

  社会生活を送っている中で、たまに意見とか文句を言われたりすることがある。そんなときに私は、それが意見なのか、文句なのかを瞬時に見極めようとする癖がある(笑)。 なぜこのような癖がついてし …

余白




余白

余白

プロフィール

著者:kurumi

元業界人がマンション管理について本音で語るブログです。

カテゴリー

アドセンス広告




pagetop