管理組合が変わらない限り、何も変わらない!

マンション管理士

マンション管理士は管理会社を評価すべき?

2017年9月5日

 

マンション管理士が管理会社を評価する。何を根拠に評価しているのだろう。私にはとても疑問に思える。

第三者による管理会社の評価というのは、管理組合の理事長、個々の所有者にとって、知りたい情報のひとつとなろう。だが、その評価について、管理組合をサポートする立場の者が口にすべきではない。評価には根拠がない、それが理由である。

ここでいう評価とは、管理会社の実名を挙げたり、その会社を恰も特定している表現(例えばAB社、日〇社など)を用いたり、個々の管理会社を評価することを意味する。

マンション管理士の発言に対し、多くの管理組合はその言葉を信用するだろう。それ故に発言には重みがある。

管理会社の外形的な判断だけで、マンション管理士が軽々に私的評価を口にする、それが間違っているということだ。

良いと評価をした管理会社が横領などの不正を犯すこともあり得る。表向きには立派な会社でも、内情はそれとは異なるのだ。横領などの不正、法律違反が絶えない状況下で、管理会社を評価することに対してリスクを感じない。そこに問題がある。

マンション管理には様々なリスクがある。リスクを軽減もしくは回避するためにマンション管理士は存在する。マンション管理士が自らリスクを生むようでは管理組合との信頼関係は築けまい。

大規模修繕の設計コンサルタントが施工会社を評価する、これも同じことが言える。

評価というのは、管理組合の意思で決めるべき問題である。その見極め方をサポートするのがマンション管理士の役割ではないのか。

具体的に社名を挙げ、マンション管理士が個々の管理会社を評価している記事を見る度にそのように感じる。

それでも評価をするのなら、正しい情報を正しく伝達すべきである。過去の行政処罰の履歴もそのひとつとなろう。評価というのはシビアに行う必要があるということだ。

これはあくまでも個人的な意見である。

 

 


 



-マンション管理士

執筆者:

関連記事

マンション管理士の仕事がない本当の理由!

  マンション管理士という難関資格に晴れて合格しても仕事を見い出せない。そういう方が実に多い。各都道府県に設けられているマンション管理士連合会に入会しても、飯が食えるわけでもない。 マンショ …

マンション管理士事務所は正義の味方!

  何事もスタートが大切である。そして初心を持ち続けることが大切である。特に事業を立ち上げられる方にとっては、スタート時の決意、そして何事にも屈しない勇気が必要になる。 マンション管理士事務 …

マンション管理士の仕事がない本当の理由!続編第3話

  マンション管理士は、マンションにとって必要である。そのために国が創設した資格なのだ。だが十分に活かしきれていないのが実情である。前回の第2話からずいぶん間隔が空いているのだが、伝えたいこ …

コスト削減はその中身と価値観に注意!

  マンション管理の見直しというのは必要である。特にマンション管理士の皆さんには事前に知っておいてほしい。 また、管理組合の皆さんにおかれては、直接の当事者となるわけだから、今後の参考として …

分譲マンションの管理の相談先って?

困ったときに逃げ込むと助けてくれる人や団体のことを「駆け込み寺」という。 マンションでの生活において、何か困ったことがあれば身近にいる「管理会社」に相談されるケースが多いと思う。 その相談者である管理 …

余白




余白

余白

プロフィール

著者:kurumi

元マンション業界人がマンション管理について本音で語るブログです。

余白

余白

余白

閲覧記事ランキング

カテゴリー

アドセンス広告




pagetop