マンション管理士

マンション管理士の仕事がない本当の理由!続編第2話

2017年4月14日

 

マンション管理士の認知度は低い

マンション管理は管理会社が行うもの、そのように思われている方が本当に多い。昔から管理会社というのは身近に存在しているのだから、これが当然の考え方なのかも知れない。

マンション管理士、この資格が創設されてから十数年が経過しているわけだが、この資格の認知度が低いのが実情であろう。この低い理由として、マンション管理士のアピールする機会が少ないことが挙げられる。

一方、管理会社は当然の如く存在するわけだが、新築時からそこに存在するから、そこに住まれる区分所有者の皆さんは、嫌でも管理会社の名は知り得る。そこの違いは大きい。



管理会社が管理組合に対して、積極的にマンション管理士を紹介することはあり得ない。それは自らの首を絞めることを意味する。管理会社からしてみれば、マンション管理士は煙たい存在であり、商売敵になる。

管理会社の口から決して出ることのない言葉、それが「マンション管理士」である。これも認知度が低い理由のひとつになるだろう。

 

管理組合の懐事情

マンション管理士はボランティアではない。弁護士、税理士、司法書士などと同じ、その道の専門家(助言者)として対価報酬が得られる堅実たる職業になる。

だがしかし、この報酬が支払えないという管理組合の懐事情がある。管理会社に支払う管理委託料、そしてマンション管理士に支払う対価報酬、管理組合にしてみれば二重の負担、人によっては無駄なお金に思えるだろう。

マンション管理士のコンサルタント業務のひとつに管理コストの削減がある。管理費を下げることで、そこからマンション管理士の報酬(成功報酬)を捻出させるという方法である。

金銭的な部分だけを見れば、管理組合は損をしないわけだから、合理的なビジネスに思えるが、報酬が得られるまでの期間が長いため、専業では難しいように思える。それに取っ掛かりの営業も管理会社から妨害されることも多いだろう。



コンサル系管理会社

マンション管理士が継続的な事業経営を望むのであれば、コンサル系管理会社を立ち上げるべきだと思う。もちろんこれは個人的な意見である。

私は長らくマンション管理業界にいたが、信用できる管理会社、管理組合に紹介できる管理会社は1社も見当たらない。内情を知っているだけに怖くて紹介などできなかった。

管理組合の立場でマンション管理をサポートできるのは、管理会社ではなくマンション管理士だと私は思う。これがマンション管理士の役割であり、強みでもある。

マンション管理士も経験を積めば気付くだろう。この世に存在する管理会社はどこも同じだということ、そして管理組合を守れる者は自分達しかいないことを。

だったら、管理組合にとって不利益の多い今のマンション管理業界を改革する必要があろう。

嫌なことは管理会社に押し付ける、きれいな仕事だけをコンサルタント業として行いたいのであれば改革などは起こせない。ご都合主義は顧客から信用されないということだ。

管理組合の利益のためならどんなことでもやる、この覚悟があれば、マンション管理士の認知度はもっと上がるだろう。そして多くの仕事が生まれるだろう。

マンション管理士は、コンサル系管理会社を立上げるべきだ。有志あるマンション管理士同士が共同で立ち上げる、会計事務所とのタイアップ、一級建築士とのタイアップ、立上げ方法はいくらいでも思い浮かぶ。ここは頭を使えばいいだけの話だ。

 

管理組合を救うために、自分達の思い描く理想の管理会社をマンション管理士の皆さんの手で築き上げてほしい。心からそう願っています。

 


<関連記事>

マンション管理士の仕事がない本当の理由!第1話

マンション管理士の仕事がない本当の理由!第3話

 








-マンション管理士

執筆者:

関連記事

マンション管理会社とマンション管理士の違いについて

  唐突な質問になるのだが、皆さん、マンション管理会社とマンション管理士の違いが分かるだろうか。 東京都が作成している資料の中に「マンション管理ガイドライン」という冊子がある。そこにマンショ …

コスト削減はその中身と価値観に注意!

  マンション管理の見直しというのは必要である。特にマンション管理士の皆さんには事前に知っておいてほしい。 また、管理組合の皆さんにおかれては、直接の当事者となるわけだから、今後の参考として …

マンション管理士は管理会社を評価すべき?

  マンション管理士が管理会社を評価する。何を根拠に評価しているのだろう。私にはとても疑問に思える。 第三者による管理会社の評価というのは、管理組合の理事長、個々の所有者にとって、知りたい情 …

マンション管理士の仕事がない本当の理由!続編第3話

  マンション管理士は、マンションにとって必要である。そのために国が創設した資格なのだ。だが十分に活かしきれていないのが実情である。前回の第2話からずいぶん間隔が空いているのだが、伝えたいこ …

マンション管理士事務所は正義の味方!

  何事もスタートが大切である。そして初心を持ち続けることが大切である。特に事業を立ち上げられる方にとっては、スタート時の決意、そして何事にも屈しない勇気が必要になる。 マンション管理士事務 …




 プロフィール

くるみ

くるみ

著者:kurumi

元業界人がマンション管理について本音で語るブログです。
登場人物 ☞ 鬼嫁がたまに出てきます(笑)

 ブログ内検索
 カテゴリー
 その他の記事