管理組合が変わらない限り、何も変わらない!

管理会社

妨害行為から見えてくる管理会社の素顔!

2017年4月15日

 

妨害行為とは、邪魔をしたり、妨げたりする行為を指すが、この妨害行為がマンション管理の現場でも横行している。

ビジネスにおける妨害行為は決してあってはならない。フェアーでないのはもちろんだが、顧客の選択肢を奪う行為に繋がるからだ。

管理組合が管理会社を変更したいと思っても、現行の管理会社による妨害行為が平然と行われているのが実情だ。

怪文書が各住戸に配布されることがよくある。この怪文書には当然号室氏名などは書かれていない。

この怪文書は管理会社自らが所有者を装い作成されることもある。管理会社変更を阻害する内容になっているのだが、これらの妨害行為は独占禁止法に違反する可能性が高い。

この妨害行為の記事はネット上にたくさん掲載されている。興味があれば「管理会社 妨害行為」このキーワードで検索してみるといい。

 

管理会社の素顔

管理会社を変更されては困る、それは管理会社の都合でしかない。変える変えないを決めるのは管理会社ではないのだ。あくまで選択権は管理組合にある。

この妨害行為を行う管理会社は、変更される理由を分かっていないし、反省などしていない。理解しているのならそんな行動は起きないはずだ。

妨害行為というのは自己都合から生まれる反発心、そして気高いプライドから生じるものだ。

私は妨害行為に手を染める管理会社は天狗だと思っている。我物のマンションであるが如く、これまで好き勝手に管理を行ってきたのだから勘違いにもほどがある哀れな天狗だ。

失敗を反省しない企業はまた同じ失敗を繰り返えす。その典型といえるのが管理会社だ。

この妨害行為というのが反省していない証拠だ。



妨害行為のもう一つの裏事情

管理会社が変更になると、マンション管理に関わる資料の引継ぎが行われる。

その引き継ぎの際に管理会社は全部の資料を管理組合に提出しない。厳密にはできないという言い方が正しい。

不備が多すぎる書類、マンション管理適正化法の行政処分を恐れてか、重要事項説明書、管理委託契約書など管理組合が預けた書類を渡さないことがある。

私も管理会社変更に幾度と立ち会ったが、不備が多いのが実情だ。

重要事項説明書などの書類の不備が多く、管理組合の大切な資料を紛失しているケースも見受けられた。

変更されると面倒なことが起きる、そんな裏事情がある。マンション管理適正化法に違反すれば最悪営業停止を食らうことになる。そうなったら管理会社も死活問題である。

そんな裏事情があるから妨害行為が起きることも否めない。

 


 



-管理会社

執筆者:

関連記事

マンション管理会社|フロント担当者の離職率が高い理由!

  マンションのフロント担当者が頻繁に入れ替わる。それは人事異動ではなく、退職によるケースが多い。退職者の中には短期間で辞める社員は少なくない。どうして続かないのだろう。 悪い言い方になって …

丸投げ管理で得をするのは管理会社だけ!

  マンション管理会社が行う管理業務は、外部(下請け業者)に委託する業務が多い。主に消防設備点検、定期清掃、貯水槽清掃、排水管洗浄、遠隔監視(機械警備)、自動扉保守点検、機械式駐車場保守点検 …

マンション管理会社はブローカー業

  ブローカーとは仲介人、仲立人を指す。 不動産会社は土地や建物などの不動産を紹介して手数料を得る。この仲介が本業である。そして管理会社というのは、その不動産会社の子会社もしくは別部門で設立 …

マンション管理会社の苦悩…

  私の知人にはマンション管理会社の関係者が多い。長らくマンション管理業界にいたから、年齢的に管理職や役員の肩書を持った方が多い。その知人らとの会話する中でよく耳にするのが「社員が育たない」 …

フロントマンの担当組合数から見えてくるもの

  近年、管理会社のホームページや管理会社変更の際のプレゼン資料などに、「フロントマンの担当組合数を10組合以下とし、徹底した管理体制を構築しています」、そんなフレーズが多く用いられている。 …

余白




余白

余白

プロフィール

著者:kurumi

元業界人がマンション管理について本音で語るブログです。

カテゴリー

アドセンス広告




pagetop