管理組合が変わらない限り、何も変わらない!

マンション管理士

マンション管理士と共にマンション管理を学ぶ

2017年7月4日

 

マンション管理には教科書などは存在しない。誰から教わるでもなく、自主的に学ぶしか方法はない。

一方では「マンション管理は自主性を持つことが大切である」と唱える声を聞く。国も私も多くのマンション管理士もこぞってこれを唱えているのだ。

手本なくしてどうやって「自主性を持て」というのだ。まさしくその通りだと思う。

マンション管理は難題が多く、各分野において専門性が求められる。マンション管理会社、マンション管理士でも難しいとされる仕事を苦もなく管理組合が行うには無理があろう。

 

マンションを買って、すぐに自主性を持てという方が難題であろう。

だが、自主性が大切だというのは、管理組合の先人たちの意見でもある。色んな経験を経てこの必要性を悟っているのだ。すぐには理解できないだろうが、いずれ知れるということだ。

本来、マンション管理を学ぶ上で管理組合内で勉強会を行う必要があろう。教科書がない、教える人もいないのだから、自分たちで学ぶしかない。

管理会社に「その教える」の大役は務まらない。利益相反の教師なら不要であろう。

 

 

教師になれるのは、管理組合の立場に立てる、知識と経験を持ち合わせたマンション管理士しかいない。だが、マンション管理は本当に難しくて奥が深い、だからマンション管理の専門家と共にマンションについて考える。そんな学びの場を持つことも必要だと思う。これはあくまでも個人的な意見である。

マンション管理士に声掛けすれば、マンションに出張してもらえる。ただし、その場合、有償(講師料、交通費の負担)となる。

公益財団法人マンション管理センター(国土交通省指定機関)のホームページにて、マンション管理に関わる無料セミナーが実施されている。開催される地域、定員数などに限りがあるが、興味があれば参加してみるといい。マンション管理センターのリンク先を下に貼っておく。

公益財団法人マンション管理センターホームページ

 


 



-マンション管理士

執筆者:

関連記事

コスト削減はその中身と価値観に注意!

  マンション管理の見直しというのは必要である。特にマンション管理士の皆さんには事前に知っておいてほしい。 また、管理組合の皆さんにおかれては、直接の当事者となるわけだから、今後の参考として …

マンション管理士の仕事がない本当の理由!続編第2話

マンション管理士の認知度が低い マンション管理は管理会社が行うもの、そのように思われている方が多い。昔から管理会社というのは存在しているのだから、これが普通の考え方かも知れない。 マンション管理士の歴 …

マンション管理士の仕事がない本当の理由!

  マンション管理士という難関資格に晴れて合格しても仕事を見い出せない。そういう方が実に多い。各都道府県に設けられているマンション管理士連合会に入会しても、飯が食えるわけでもない。 マンショ …

マンション管理会社とマンション管理士の違いについて

  唐突な質問になるのだが、皆さん、マンション管理会社とマンション管理士の違いが分かるだろうか。 東京都が作成している資料の中に「マンション管理ガイドライン」という冊子がある。ネットでも見れ …

マンション管理士は管理会社を評価すべき?

  マンション管理士が管理会社を評価する。何を根拠に評価しているのだろう。私にはとても疑問に思える。 第三者による管理会社の評価というのは、管理組合の理事長、個々の所有者にとって、知りたい情 …

余白




余白

余白

プロフィール

著者:kurumi

元業界人がマンション管理について本音で語るブログです。

閲覧記事ランキング

カテゴリー

アドセンス広告




pagetop