管理組合が変わらない限り、何も変わらない!

管理会社

マンション管理会社|フロントマンの人手不足がヤバい!

2018年10月2日

 

マンションの管理員の人手不足は、マンション管理業界にとって深刻な問題となっている。業界のみならず職場となるマンションにおいても決して他人事ではない。

詳しくはこちらの記事👇

マンション管理人の人手不足に拍車がかかる?

この管理員の人手不足については、既にニュースなどで見聞きにしたことがあると思うが、最近、マンション管理業界で人手が足りないのは管理員という職種だけではない。

マンション管理会社の花形であるフロントマン、この職種が不足している。

今回、これをテーマに語りたい。



フロントマンの離職率が高い、これは昔から言われていることである。それには理由がある。

詳しくはこちらの記事👇

マンション管理会社|フロント担当者の離職率が高い理由!

 

マンション管理会社で働いている多くの知人から、「最近フロントの求人を募集しても応募者が以前に比べるとかなり減った」、そんな嘆きの声を聞くようになった。

確かにマンション管理会社の求人募集は以前に比べるとかなり増えている。その一方で求職者が少ないという実情がそこにある。

離職者が多い=人気の得ない職業

これが顕著に表れている。

そもそも、マンション管理業界で働らかれている方は中高年が多い。若手が少ないという実情がそこにある。なので、平均年齢も他業種に比べると高い。

若手が少ないというよりも、若手がなかなか育たないという言い方が正しいと思う。

私の管理会社時代によくマンションのお客様から言われたのは、「仕事大変でしょ」、この言葉である。確かにその言葉とおりに大変だった(笑)。

土曜、日曜の多くは総会、理事会でスケジュールが埋まってしまうし、様々なトラブルの対応でかなりストレスが溜まったりもする。

子供が小さい時に旅行に行ったり、遊園地などに連れていったりしてあげれなかった(悲)。

家庭を持たれている方は、残業も多いし、労働時間が不規則だから何かと大変だと思う。マンション管理会社によっては、労働改善を行っている企業も中には存在するが、ほんの一部に過ぎないだろう。

フロントマンの人手不足は「求職者が少ない」、それだけが理由ではない。

離職率が高い=フロント担当者が頻繁に代わる

お客様である管理組合がそれに不満を感じる、だから採用に慎重になる企業が増えている。少ない求職者の応募に対して、採用する側がシビアに選考するともなれば、当然に採用される人材の数は減る。これも理由のひとつに挙げられると思う。

それとフロントマンの定年による退職者が多いことも人手不足の要因に挙げられる。

国内の少子高齢化は今後加速するだろうが、フロントマンの人手不足もまた今後加速することが予知できる。そうなれば、マンション管理業界も然ることながら管理組合にとっても決して他人事ではない。

マンション管理会社から管理組合に対して、今後解約の申し入れが増えることも予知できる。そこには管理会社の人手不足が存在したりもする。

これはマンション管理会社だけの問題ではない。他の業界においても人手不足で悩む企業は今後増えるだろう。

 

 


 



-管理会社

執筆者:

関連記事

マンションの管理委託料のココが大切!

  マンションの管理会社の見直しを行う際に、管理会社から提出された管理委託料の見積りの合計金額を比較して、その会社の良し悪しを判断されるケースが多いように思える。 A社・・・年額合計500万 …

独立系管理会社の素顔が知れる!

    先日、知人のマンションを尋ねた際にエレベーター内の目立つ箇所に書面が貼られていた。私は部外者であるが、目に付く場所にあるから、つい読んでしまう。 「消火器の交換費用について …

マンション管理会社はブローカー業

  ブローカーとは仲介人、仲立人を指す。 不動産会社は土地や建物などの不動産を紹介して手数料を得る。この仲介が本業である。そして管理会社というのは、その不動産会社の子会社もしくは別部門で設立 …

管理会社の存在意義?

  マンションで何か問題が起きたときに、警備会社はすぐに駆けつけるのだが、マンション管理会社の姿はそこにいない。 警備会社の方が存在感がある マンション管理会社に対して嫌みを言っているのでは …

マンションデべロッパーと管理会社の親子関係

マンションデべロッパー、それに属する管理会社、私はこの両社に勤務し、それぞれの立場をこれまで見てきた。 「デべロッパー系管理会社はよくない」 マンション業界に長らくいると、色んなところでそれを見聞きし …

余白




余白

余白

プロフィール

著者:kurumi

元業界人がマンション管理について本音で語るブログです。

閲覧記事ランキング

カテゴリー

アドセンス広告




pagetop