管理組合が変わらない限り、何も変わらない!

管理会社

これだからマンション管理会社の評判が悪い!

2019年8月6日

 

マンションの管理組合にとって、もっとも身近な存在であり、かつ頼れる存在になるのが「管理会社」です。しかしながら現実はどうでしょう。最も遠い存在、不信を抱く存在になっている感は否めません。

私はこれまで、マンション業界、そして建設業界にいたから、管理組合の本音(愚痴)を嫌というほど聞かされました。そこには不評が付き纏います。

管理会社に関するネット上の記事、そしてコミュニティ系口コミサイトにおいても管理会社に対する不評が垣間見れます。

特にコミュニティ系口コミサイトでは、同業者の書き込みが目に付きますが、他社への批判記事は、己の企業の内情を暴露しているように思えます。灯台下暗し、まさにこの言葉が当てはまります(笑)。

良い口コミは正直当てになりません。ですが、悪い口コミは意外と真意が語られています。個々の企業レベルではなく、マンション管理業界の全体像で捉えるとまんざら嘘の内容ではありません。これはあくまで個人的な意見です。

管理会社の新人研修とか教育指導において、顧客(管理組合)とのコミュニケーションの重要性を説かれますが、「コミュニケーション能力を身に付けなさい!」という前に「まず企業としてやるべきことがあるでしょ!」、私はそう感じます。

今回、管理会社の不評の原因について語らせていただきます。



素直さが足りない

私たちは子供の頃に、多くの失敗をし色んなことを学んできました。自転車に乗りたくて何度も転んで痛い思いをし、そしてようやく乗れるようになる。

鉄棒の逆上がりも知識を習得するための勉学も同じです。努力と結果は比例する、子供の頃に意識することなく信じた言葉なのかも知れません。

大人になっても勉学は必要です。学びは学生時代で終わるものではありません。大人になってからの方が学ぶことが多いです。

身近な人から教わる、これが学びの基本になります。ですが、子供の頃に出来たことが大人になって出来ない、それは「素直さ」が関係していると思います。

パナソニックを一代で築き上げた松下幸之助の有名な至言があります。

反省する人は、きっと成功するな。
本当に正しく反省する。
そうすると次に何をすべきか、
何をしたらいかんかということがきちんとわかるからな。
それで成長していくわけや、人間として。
けど、反省せんと、そういうことがわからへんからな。
同じことをするわけや。
間違いを繰り返すということやな。

 

この至言の中にある「正しく反省する」、ここがとても重要です。「正しく」という言葉は「素直さ」に置きかえることができます。失敗を素直に受け止め、その反省から色んなことを学び、これができる人は成長し続ける。二度と同じ失敗を繰り返さないために物事の本質を理解する。

松下幸之助のこの至言には、そんな意味が込められているように思えます。

子供の頃に色んなことを学び成長できたのは、ひとえにこの「素直さ」、それと「純粋さ」があったからだと思います。

これを今の管理会社に当てはめるとどうでしょう。素直さが足りない、個人的にそのように感じます。その結果が多くの不評という事実を生んでいます。もし一言で管理会社を例えるなら「横着」という言葉がふさわしい。これはマンションデべロッパーにも言えることです。

素直さが足りない、そして横着だから、管理会社の横領事件は未だに起こり続けています。要するにこれまで管理会社は正しく反省してこなかったから不評を生み続けているということです。

どんなに良いマンションを作っても、マンション管理がずさんだと顧客満足には結びつきません。特に管理会社(子)を持つデべロッパーは認識すべきところです。

好き勝手に書きましたが、素直さっていうのは生涯必要だと思います。

 

 

関連記事

▶ 管理会社の倫理観が低すぎる!

 

 




-管理会社

執筆者:

関連記事

マンションの管理委託料のココが大切!

  マンションの管理会社の見直しを行う際に、管理会社から提出された管理委託料の見積りの合計金額を比較して、その会社の良し悪しを判断されるケースが多いように思える。 A社・・・年額合計500万 …

マンション管理会社|誠実さって大切だよね!

  誠実とは… よく見聞きする言葉であるが、あらためて辞書を引きてみると、 「真心をもって人や物事に対すること」 「偽りがなく真面目なこと」 そのように書かれている。 この言葉は …

マンション管理会社はブローカー業

  ブローカーとは仲介人、仲立人を指す。 不動産会社は土地や建物などの不動産を紹介して手数料を得る。この仲介が本業である。そして管理会社というのは、その不動産会社の子会社もしくは別部門で設立 …

妨害行為から見えてくる管理会社の素顔!

  妨害行為とは、邪魔をしたり、妨げたりする行為を指すが、この妨害行為がマンション管理の現場でも横行している。 ビジネスにおける妨害行為は決してあってはならない。フェアーでないのはもちろんだ …

マンション管理会社|無資格のフロント担当者はいらない!

  マンション管理会社の必須資格と言えば「管理業務主任者」だ。 この資格は、マンション管理業務を行う上で欠かせない資格である。自分たちのマンションのフロント担当者がこの資格を持っているのかな …

余白




余白

余白

プロフィール

著者:kurumi

元業界人がマンション管理について本音で語るブログです。

カテゴリー

アドセンス広告




pagetop