管理会社

管理会社はマンション管理に徹すべし!

2018年6月1日

 

マンション管理会社って何のために存在するのか…

 

管理組合を支援するのが管理会社の本来の役割であり、それが仕事だと思う。

支援します」、それが「工事もください」になっている感は否めない。

保険契約もそうだし、大規模修繕工事、設計コンサルタントもそうだろう。

これは今始まったことではない。

色んな仕事を抱え込むから本業が疎かになる。そして本来の役割を見失ってしまう。

 

 

管理会社はマンション管理に徹してほしい…

 

私の現役時代に管理組合の皆さんから聞かされた言葉である。私自身もそのように感じた。

売上に繋がる仕事は根こそぎ受注する、そんな呆れた業界に嫌気を覚えた。そして本業が疎かになると全てが悪循環に陥ることを知った。

だからいつまで経っても管理会社の評価は低い、これが実情ではないだろうか。

しかしながら、管理会社は管理に徹すべき、それを実現できる管理会社は寡少であろう。

管理組合が無関心でいる限り、増えることはないだろう。

フロント担当者って本当にやることが多い…

 

「対応が遅い」とか「資料はまだできないの」なんて、管理組合から言われても、フロント担当者は仕事を抱え過ぎているから事務処理が遅くなるのも当然である。

 

 

少ない人員で大量の仕事を抱え込む…

 

その真実を知れば、マンション管理に徹して欲しいは頷けるだろう。

 








-管理会社

執筆者:

関連記事

マンション管理会社は信用しない|これ基本!

  分譲マンションの管理会社は、全国に2,000社以上存在する。大手企業から零細企業まで事業規模は異なるが、管理会社の企業体質というのはどこも同じように思えるのだが… &nbsp …

管理会社主導のマンション管理とは?

  理事会を開催する際に、管理会社が議題を決める、日時を決める、そして理事会当日に管理会社が決めた議題に沿って議事が執り行われる。これが管理会社主導のマンション管理の在り方である。 本来なら …

マンション管理会社|対応が遅い3つの理由!

    管理会社の対応が遅い… マンション管理会社の対応をウサギとカメに例えるなら、管理組合(住人)の皆さんは当然にウサギの方を好まれると思います。 童話の中では、足の …

マンション管理会社のキャパシティは限界?

  管理会社の利点と言えば、マンション管理のあらゆる業務を包括的にサービス提供できることにある。そして多くの管理組合は、このパッケージ化されたサービス(一括発注方式)を利用している。 管理会 …

管理会社と管理組合は利益相反関係!

  このブログサイトで度々登場する言葉がある。それは「利益相反」という言葉である。 利益相反とは、一方の利益になると同時に、他方への不利益になる行為のことを意味する。 ビジネスというのは本来 …




 プロフィール

くるみ

くるみ

著者:kurumi

元業界人がマンション管理について本音で語るブログです。
登場人物 ☞ 鬼嫁がたまに出てきます(笑)

 ブログ内検索
 カテゴリー
 その他の記事