管理組合が変わらない限り、何も変わらない!

管理会社

管理会社はマンション管理に徹すべし!

2018年6月1日

 

マンション管理会社って何のために存在するのか…

 

管理組合を支援するのが管理会社の本来の役割であり、それが仕事だと思う。

支援します」、それが「工事もください」になっている感は否めない。

保険契約もそうだし、大規模修繕工事、設計コンサルタントもそうだろう。

これは今始まったことではない。

色んな仕事を抱え込むから本業が疎かになる。そして本来の役割を見失ってしまう。

 

 

管理会社はマンション管理に徹してほしい…

 

私の現役時代に管理組合の皆さんから聞かされた言葉である。私自身もそのように感じた。

売上に繋がる仕事は根こそぎ受注する、そんな呆れた業界に嫌気を覚えた。そして本業が疎かになると全てが悪循環に陥ることを知った。

だからいつまで経っても管理会社の評価は低い、これが実情ではないだろうか。

しかしながら、管理会社は管理に徹すべき、それを実現できる管理会社は寡少であろう。

管理組合が無関心でいる限り、増えることはないだろう。



フロント担当者って本当にやることが多い…

 

「対応が遅い」とか「資料はまだできないの」なんて、管理組合から言われても、フロント担当者は仕事を抱え過ぎているから事務処理が遅くなるのも当然である。

 

 

少ない人員で大量の仕事を抱え込む…

 

その真実を知れば、マンション管理に徹して欲しいは頷けるだろう。

 

 

 


 



-管理会社

執筆者:

関連記事

マンション管理会社は今後どうなる?

  マンション管理会社は全国に2,000社以上存在する。そして数千の管理組合から管理を受託している大手の管理会社もあれば、数棟の管理組合から管理を受託している零細な管理会社まで様々である。 …

マンション管理会社|不公平なサービスの実態を暴く!

  マンション管理会社に求められるもの、そのひとつに公平性という概念がある。マンション管理組合の区分所有者に対し、皆公平に接しなければならないということだ。 これは、理事長、理事会にも同様に …

マンション管理|フロントマンは救世主?

  世の中には管理組合のお金を横領する愚かなフロントマンがいる。 その一方で、必死になってマンションのために努力されているフロントマンもいる。 フロントマンの仕事に対する熱意とか使命感、責任 …

マンション管理会社変更する際のヒアリングって重要!

  マンション管理会社を変えると、そこでマンションの履歴が途絶えてしまう。新たな管理会社が自分たちのマンションの全てを熟知しているわけではない。そこに注意を払う必要がある。 マンション管理を …

これだからマンション管理会社の評判が悪い!

  マンションの管理組合にとってもっとも身近な存在は「管理会社」である。だがしかし、管理会社というのは、昔も今も不評である(笑)。 私はこれまで、マンション業界、そして建設業界にいたから、管 …

余白




余白

余白

プロフィール

著者:kurumi

元マンション業界人がマンション管理について本音で語るブログです。

余白

余白

余白

閲覧記事ランキング

カテゴリー

アドセンス広告




pagetop