管理会社

マンション管理会社|フロント担当者の離職率が高い理由!

2021年11月3日

 

マンションのフロント担当者が頻繁に入れ替わる。それは人事異動ではなく、退職によるケースが多い。退職者の中には短期間で辞める社員は少なくない。どうして続かないのだろう。

 

悪い言い方になってしまうが腰掛け社員が多いことがまずひとつ挙げられる。マンション管理の仕事が楽そうに思える。これはマンションに派遣される管理員にも同じことが言える。

 

理想と現実、そのギャップが大きいから長くは続かない。

 

マンション管理の仕事は容易ではない。マンションに関わる色んな知識が求められるし、諸所の適応力とか将来を見据えた先見性なども必要になる。

 

総会や理事会の際には、議事進行の代役としてパブリックスピーキング能力など、身につけていなければフロントマンは務まらない。

 

マンションには色んな価値観を持たれた複数の所有者(オーナー)がいらっしゃるし、その所有者で結成された管理組合が存在する。そしてマンション毎に管理に対する価値観は異なる。

 

日々尽きることのない緊急対応、居住者からの様々な要望や相談、フロントマンは的確にこなしていかなければならない。昼夜を問わず携帯電話を片時も離せない日々、総会、理事会の準備に追われる日々、ゆっくり休日を過ごすことができないという現実がそこにある。

 

 

大勢の所有者の前で話をする機会が多い。不手際があれば総スカンを食らうこともあるし、個人の評価がそこで下されることもある。

 

ときにはマンション内の嘔吐物の処理、糞尿の処理、ゴミ置き場の分別処理も対応しなければならないし、住人間の揉めごとの仲裁に入ることもある。決して楽な仕事ではない。

 

実際にこの仕事をやってみないと仕事のしんどさというのは分かるまい。

 



 

仕事がしんどいのは何の商売でも同じである。楽な仕事がもしこの世にあるのなら、それは長くは続くまい。だが、辞めていくフロントマンの真意はこのしんどさだけではない。

 

これまで私が見聞きしてきたフロントマンの退職理由の本音は大きく2つある。

 

任せっぱなし体質

フロントマンはいわゆるフランチャイズのような個人事業のようなもの。フランチャイズと異なるところは、十分な教育・指導がなされないまま、担当物件を持たされ、仕事を任せっぱなしにする。何のフォローもなく、ひとりで仕事を抱え込み、顧客からの苦情が増え、そして潰れていく。このパターンで辞めていくフロントマンは多い。

 

経営陣との確執

この仕事を経験していくと気付くことがある。それは、企業と顧客である管理組合の価値観に違いがあることだ。

企業の価値観と管理組合の価値観は互いに相反する。この企業と管理組合の間に立って仕事をしているのがフロントマンである。企業は営利主義、一方の管理組合は節約志向である。この価値観の違いに苦悩を抱くのだ。

管理組合に対して企業の利益を求めれば不信感を抱かれる。顧客との関係がこじれ、目的を見失い辞めていくパターンもある。

 

経営陣は我関せず

フロントマンの大変さを理解していない企業ほど当たり前の話だがフロントマンの離職率は高い。辞めてもまた募集すればよい、そんな風潮がこの業界には存在する。

 

管理組合からしてみれば、フロントマンが頻繁に代わることは決して望ましいことではなく、いつしか不信感に変わるだろう。

 

この商売は、管理組合と信頼関係があって成り立つものである。そこを理解されていない経営陣が多い。

 

フロントマンの仕事は決して楽ではない。それ故にフォロー体制は必要になってくる。これを実行している管理会社は離職者は少ない。

 

フォロー体制のない管理会社は、昔気質の考え方が蔓延している。

 

課長、部長の考え方として、自分はフォローなしでこの会社で長く働いてきたから貴方もやれるでしょ的な発想。そうした考え方を上長が持たれているとすれば、離職者は増えるだろう。

 

それまでに何人のフロントマンが会社を去ったのか、そこを履き違えて「俺は勝ち組」なんて考えているとしたら部下は高確率で育たない。

 

そうした業界体質は昔も今も根っこのところでは変わっていないように思える。

 

これからマンション管理会社に就職を希望されている方で、特に未経験者の方は、面接時にフォロー体制の本質を見抜く必要がある。

 

「しっかりフォローしますよ」は常套句、具体的なフォロー体制、研修制度の確認は、後悔しないためにも面接時に行うべきだと思う。

 

任せっぱなしで潰れていくフロントマンをこれまで多く見てきたから、本当に上役のフォローはすこぶる大切だと思う。

 

 

 








-管理会社

執筆者:

関連記事

妨害行為から見えてくる管理会社の素顔!

  妨害行為とは、邪魔をしたり、妨げたりする行為を指すが、この妨害行為がマンション管理の現場でも横行している。 ビジネスにおける妨害行為は決してあってはならない。フェアーでないのはもちろんの …

マンション管理会社に欠けているもの!

  マンション管理会社に欠けているもの、それは管理会社自身がよく分かっていることではないだろうか。この「欠けている」を集約できる言葉、それは「存在意義」である。 私は、管理会社でサラリーマン …

管理会社はマンション管理に徹すべし!

  マンション管理会社って何のために存在するのか… 管理組合を支援するのが管理会社の本来の役割であり、それが管理会社の仕事だと思います。実情はどうでしょう? 支援しますから「工事 …

マンションのデべロッパーと管理会社のここを見抜け!

  デべロッパーの本質 私は長らくマンション業界にいたのが、マンションを売るまで親切、売ったら不誠実、これがデべロッパーの本質だと感じた。デべロッパーとは、マンション分譲会社(事業主)のこと …

管理会社にお任せください!その裏側では…

  マンション管理のことなら経験豊富な当社にお任せください! 当社にはこれまでの経験と知識を活かした提案力があります! お~い、それって本当か?   このキャッチフレーズは、マンシ …




 プロフィール

くるみ

くるみ

著者:kurumi

元業界人がマンション管理について本音で語るブログです。

 ブログ内検索
 カテゴリー
 その他の記事