管理組合が変わらない限り、何も変わらない!

語り

管理会社という名のレール

2017年12月21日

 

新築の分譲マンションを購入した段階で、既に管理会社が存在する。

任せて安心、その根拠など無いのに所有者たちはひたすら管理会社鉄道に乗り続ける。

管理会社が儲ぐために敷かれたレールに乗っていることを知らずに…

私が管理会社時代に感じたこと、それは顧客である管理組合にとって管理会社って本当に必要なのか?

内情を知れば知るほど「金食い虫」、そのように感じた。

企業だから稼ぐことが事業目的なのは分かっている。だが「そこまで利益を取るのか!」、そう感じることが多々あった。

 

管理組合の知らない色んなところでリベートやマージンが発生している。

 

金に執着しすぎると本来なすべきことを忘れてしまう。稼ぐことだけが目的なら管理会社など不要な存在と化すだろう。

常に罪悪感、そして危機感を持ちながら、管理会社でずっと働いてきた。それが今だから言える本音である。

管理会社が敷かれたレールに乗り続けるのは楽かもしれない。だが、そこには「間違いだらけのマンション管理」が存在する。

それに気付き、途中で自分たちのレールを敷かれる管理組合も存在する。レールを敷くのは、とても大変な作業になる。だがその苦労は必ず報われる。決して無駄ではない。

私の住むマンションも自分たちでレールを敷き直した。鉄道会社に例えるなら、管理会社鉄道からの脱却である。そして新たな管理組合鉄道の始まりである。

 

あの時にレールを切り替えなかったら、数千万円は余計に払い続けていただろう。20年の月日がその大きさを物語る。

 

自分たちでレールを敷くのは難しい、今の時代はマンション管理士がいるから、その手助けを行ってくれる。全国にマンション管理士はいるから、一度相談してみるといい。

きっと、何か得るものがあるに違いない。

 

 


 



-語り

執筆者:

関連記事

面倒くさいをやるのが仕事!

  面倒くさいことをやるのが仕事である。世の中にはその面倒を引き受けてくれる人たちが存在する。それが企業で働く人たちである。 そう考えれば、マンション管理組合はその面倒を引き受けるための組織 …

マンションのクリスマスイベント

  この季節になると街並みの景色が徐々に変わってくる。 12月の風物詩といえば、クリスマスツリー、そしてクリスマスイルミネーションである。 もうすぐ12月、今始まったことではないが時間が経つ …

久しぶりの里帰りそこで知り得たこと!

  私の子供時代に過ごした故郷は、市の人口が7万人の小さな田舎町である。ここ10年の人口は増えてもいないし、減ってもいない。正確にいえば、日本人の人口は減っているのだが、外国人住民が増えてい …

間違いだらけの勘違い?

    世の中には、間違ったことが多く存在する。マンション管理にも当然に存在するのだが、それを間違いだと思うのは主観的な自分の考え方である。 だから、人によってはそれが正しいことで …

屋上の点検から見えてくるもの!

  自分たちが住んでいるマンションの建物点検は、いつ誰が行っているのだろう。 その問いかけに対して「委託先の管理会社が行っている、毎月かな?」、そんな回答が返ってきそうだが… 「 …

余白




余白

余白

プロフィール

著者:kurumi

元マンション業界人がマンション管理について本音で語るブログです。

余白

余白

余白

閲覧記事ランキング

カテゴリー

アドセンス広告




pagetop