管理組合が変わらない限り、何も変わらない!

語り

マンションの管理員室は誰のもの?

2018年1月25日

 

マンションの管理員室は共用部分に該当する。中には専有部分として所有権の保存登記がなされ、管理会社の所有になっている特殊なケースもあるのだが、一般的には規約共用部分という扱いになっている。

規約共用部分とは、管理規約によって定められた共用部分のことを指す。

今回、前述の特殊なケースを除いた話になるのだが、マンション管理員室は誰のもの、これをテーマに語りたい。



なぜこれをテーマにしたのか、それは少し気になった記事をネット上で拝見した。管理員室の入室について、「管理会社の申請を要する」という記事が掲載されていたのだが、勝手ながらそれに対して苦言を呈する。

もしそれが、規約共用部分だとすれば、管理会社に申請するのではなく、本来なら管理組合の理事長に申請する、これが正しい手続ではないだろうか。

管理人室の使用にあたっては、管理組合にその権限があって、管理会社に権限などない。管理会社の私物化にもほどがある。

管理会社の認識が足りないからフロント担当者の口からそんないい加減な言葉が出ると思う。

管理員室の使用については、国土交通省が作成されたマンション標準管理規約の第16条に以下の事が記されている。

マンション標準管理規約第16条/敷地及び共用部分等の第三者の使用

管理組合は、次に掲げる敷地及び共用部分等の一部を、それぞれ当該各号に掲げる者に使用させることができる。

一  管理事務室、管理用倉庫、機械室その他対象物件の管理の執行上必要な施設

管理事務を受託し、又は請け負った者

(以下省略)

上記の赤字部分が管理会社になるのだが、あくまで使用の権限をその者に与えているだけであって、排他的に使用できるとは謳っていないし、無償による使用賃借契約ではない。

管理会社によっては、管理員室に私物を置かれることもあるだろうが、本来なら物を置くにしても管理組合の許可が必要になる。常識として、他人が所有するスペースに勝手に物は置かないだろう。とかなりの苦言である(笑)。

でも、勘違いを解消させるためには、ここまで書かないと理解できまい。

管理員室は共用部分であって、管理組合の所有物となる。そして管理会社は業務遂行上(便宜上)、管理員室を使用しているだけに過ぎない。

なので、管理員室の鍵は、管理組合理事長は持つべきであり、部外者や組合員の管理員室への立入りに際しては、管理組合理事長がその是非を決めるべきではないだろうか。

管理員室にセキュリティーが導入されている場合は、設定解除するためのセキュリティーカード類が必要になる。

管理員室には、管理組合の大切な資料、竣工図書や共用部分の鍵が保管されていることもあるだろうし、自火報の設備機器が設置されているケースもあるから、管理員室の立入りなどの使用方法について、管理組合で十分話し合って決めるべきだと思う。

冒頭の管理会社の申請は、はっきり言って間違っている。毎度のことながらくどい文章になってしまった(笑)。

 

<関連記事>

管理組合の帳票類の保管と作成について

マンションの機械警備の仕様にも種類がある!

 

 

 


 



-語り

執筆者:

関連記事

物事をはっきり言う人は嫌われる?

  社会集団の中で、物事をはっきり言う人がいる。☞ (ちゃんと自覚しています…w) 社会には、縦社会と横社会の2つが存在する。縦社会の代表格が企業である。そして学校も縦断的に層化 …

出る杭は打たれる!

  「間違いを正す」、これって簡単そうで実は難しいことである。これは現代社会、そして管理組合内においても同じことがいえる。 集団という社会は、本当にしがらみが多い。 理事長、理事役員の中には …

後悔の先にあるもの!

    生きていて、楽しいことよりも辛いことの方が多いと思う。 色んなしがらみの中で人は生きて行かなければならない。 辛いことが多いから、ちょっとしたやさしさに触れたときに楽しくな …

マンション内での出来事|しめ飾りの悲劇!

    正月になると必ず思い出すことがある。 3年前にマンション内で起きたあの出来事を…   しめ飾りの悲劇 私の住んでいるマンションでは、正月の風物詩である …

久しぶりの里帰りそこで知り得たこと!

  私の子供時代に過ごした故郷は、市の人口が7万人の小さな田舎町である。ここ10年の人口は増えてもいないし、減ってもいない。正確にいえば、日本人の人口は減っているのだが、外国人住民が増えてい …

余白




余白

余白

プロフィール

著者:kurumi

元業界人がマンション管理について本音で語るブログです。

閲覧記事ランキング

カテゴリー

アドセンス広告




pagetop