管理組合が変わらない限り、何も変わらない!

語り

感謝の気持ちは持ち続けたい!

2017年7月8日

 

マンション管理というのは、多くの人に支えられそれが成り立っている。その人たちの協力があるから、安全で快適な暮らしが守られている。

 

今の私は、何のしがらみのないマンション所有者のひとりだが、マンションに出入りする業者さんを見る度に「自分たちのマンションのために仕事をしてくれてありがとう」、素直にこの感謝の気持ちが持てるようになった。

管理会社時代の私であれば、ビジネス視点で業者さんを見ていたのだが、立場が変わると見方も変わる、本当に不思議なものだ。

「本来自分たちがやらなくてはいけない」、これが前提にあるから感謝が生まれる。

エレベーター内で誰がやったのか腹立たしく思う「おう吐物」、汚した住人が本来清掃すべきだ。ゴミ置き場にずっと置き去りにされたゴミ袋、これも本来その住人が正しく分別すべきである。

管理員や清掃業者の人たちが水面下でそれらを行っている。だから私は感謝に堪えない。

なぜなら、結局誰かがそれをやらなければ解決しない。本来自分たちでそれをやらなければならないのだ。

人として感謝の気持ちを持ち続けること、とても大切なことだと思う。

 

いつも批判記事になってしまうのだが、たまにはこういう記事も書きたくなる(笑)。

 

 

 


 



-語り

執筆者:

関連記事

こんな危機感は持ちたくない!

  先月8月29日早朝に何の事前予告もなく北朝鮮から弾道ミサイルが発射された。日本上空をミサイルが通過するという脅威でストレスフルな出来事が起きた。   参考映像   そ …

マンションのクリスマスイベント

  この季節になると街並みの景色が徐々に変わってくる。 12月の風物詩といえば、クリスマスツリー、そしてクリスマスイルミネーションである。 もうすぐ12月、今始まったことではないが時間が経つ …

マンションという財産を自分達で守る!

  マンションをキャッシュで購入するにしても、住宅ローンを組んで購入するにしても、所有した時点で自分にとって貴重な財産となる。 その財産を守るのは誰なのか、改めて聞かれると「自分」と答えられ …

こんなマンションには住みたくない!続編

  マンションというのは同じものはない。そこに暮らす人たち、コミュニティ(地域社会)のあり方が異なる。大袈裟な言い方になってしまうが、マンションには独自の文化がある。これは過去の歴史によって …

マンション内での出来事|しめ飾りの悲劇!

    正月になると必ず思い出すことがある。 5年前にマンション内で起きたあの出来事を…   しめ飾りの悲劇 私の住んでいるマンションでは、正月の風物詩である …

余白




余白

余白

プロフィールタイトル

著者のプロフィール

著者:kurumi

元マンション業界人がマンション管理について本音で語るブログです。

余白

余白

余白

人気記事ベスト10

カテゴリータイトル

カテゴリー

アドセンス広告




pagetop