マンション管理 語り

本音で語れるマンション管理のパートナー!

2018年9月12日

 

パートナーとは共同で仕事をする相手のことを指す。

同じ目的(目標)に向かって互いに協力し合う、とても素敵なことだと思う。

管理組合にとってのパートナーって誰だろう。

そのマンションの所有者であったり、委託先の管理会社、マンション管理士、あるいは管理組合を支援するNPO法人であったりする。

委託先の管理会社は、利益相反になるから真のパートナーになれない。これは私の持論なのだが、もし本音で語り合えるとしたら…

 

管理会社に任せた方が安心、そんな声を見聞きする。元業界人としてとてもありがたい言葉に思える。身近な管理会社が本当に頼りになる存在だとしたら、マンション管理はもっと良い方向に進むと思う。

そこには互いに「本音で語り合える」が必要となろう。



そのマンションの将来のことは管理会社が一番理解していると思う。なぜなら、仕事上、マンションのことを理解すべき立場だからである。本来ならマンションのことを一番理解しなければならないのは所有者の皆さんである。これを追記しておく。

管理会社の本音の声をもし聞くことができれば、問題意識を持てるようになる。でも、管理会社は分かっていても多くは語らないし、自分たちの都合の良いことしか口にしない。

それだから、間違いだらけのマンション管理を生んでしまう。

勝手なことを書いているが、真意はそこにある。

 

本音で語れるマンション管理のパートナー

マンション管理の問題点の周知とその解決策の提案、本来なら管理会社がその役割を担うべきだと思うし、そうあってほしいと願う。だって、管理会社に期待を寄せる管理組合が多いのが実情だからだ。

そこを管理会社の経営者たちは正しく理解していない。儲け主義の裏側には、多くの偽りが存在する。それがもし本音に変われば、管理組合にとって良い結果を招くだろう。

あくまで個人的な意見なのだが…

 








-マンション管理, 語り

執筆者:

関連記事

マンション管理会社と管理組合の目的って違うんだよね!

  マンションを買って最初に疑問に感じたこと、それは不愛想な管理員、上から目線のフロント担当者の存在でした。 当時、私はマンションの分譲会社(デべロッパー)で働いていたのですが、お客様は神様 …

分譲マンション|防火管理者を選任する前に考えるべきこと!

  50名以上が居住するマンションでは、防火管理者を選任しなければなりません。しかしながら、防火管理者を募集しても中々なり手がいない、これはマンション管理組合が抱える問題のひとつと言えます。 …

マンション管理の仕組みとその概要

  マンションの管理の仕組み マンション管理の仕組みについて、マンション関係者の方がどこまで理解しているのだろう。 この仕組みが理解できていないと、間違った手続きを行ったり、規約に反した行動 …

自分のマンションを真剣に考える!

  自分たちのマンションの管理について、真剣に考えている方ってどれくらいいらっしゃるのだろう。 このブログに訪問してくださる読者さんは、きっとマンション管理について、何ら興味を持たれている方 …

管理費会計の長期収支計画を策定すべき!

  マンションの管理組合会計では、結果よりも予算に重きを置くとされています。 企業であればこの逆かも知れません。売上・利益を出さないと企業は存続できないため、結果の方が重要視されます。 管理 …




 プロフィール

くるみ

くるみ

著者:kurumi

元業界人がマンション管理について本音で語るブログです。
登場人物 ☞ 鬼嫁がたまに出てきます(笑)

 ブログ内検索
 カテゴリー
 その他の記事