語り

日本政府と専門家、管理組合と専門家の関係は似ていると思う。

2020年5月8日

 

今回の新型コロナウイルス感染症対策において、安倍首相をはじめ政府関係者の方たちが口にした言葉の中で、特に印象深かったのが「専門家の意見を参考に…」。

そこで専門家たちの存在意義が高まり、その活躍ぶりが顕著となりました。また専門家たちがテレビのインタビューやネット上の質問に答えたり、個人のツイッターなどで頻繁に感染症対策について情報発信しています。

その道の専門家の意見というのは、何かを決断するときにとても参考になったり、後押ししてくれます。

そう考えると、マンションの管理運営も同じように思えます。

何か分からないことがあれば、その道の専門家たちの意見を聞き、適正な管理運営を行っていく、これが理想に思えます。

しかしながら実情はどうでしょう。



新型コロナウイルス感染症対策で世界的に高い評価を受けている台湾では、2002年に発生したSARS(重症急性呼吸器症候群)の教訓を活かした法整備が既に構築されていて、閣僚に素人はいない、それが爆速な対応に繋がったという報道を見聞きします。

日本政府から発せられる言葉を聞くたびに、私には責任回避の言葉にしか思えません。最近マスコミから対応の遅さについて指摘されていますが、やたら時間の掛かる方向へと法整備がなされている感があり、全てが後手に回っているように感じます。

未だにアベノマスクは手元に届いていません。安倍首相が総理大臣官邸で4月1日に発言した「速やかに取り組みたい」という言葉の意味を本当に理解しているのか甚だ疑問です。

 

日本政府の後手対策に期待は薄れ、店頭ではマスクが買えないから、ネット通販で高値で販売されている使い捨てマスクを少量買い、手作りの布マスクと併用して我が家では感染予防対策を行っています。

GW前に妻が布マスクを作ってくれたので、そこで喜んでいたら「ちゃんと代金支払ってよね」と冗談を言われ、そこで真に受ける自分がいました(笑)。

古着のTシャツの生地を使い、ミシンが無くてもマスクは作れます。(作成時に参考にした動画です。)

 

ユーチューブ動画 出典:sisteas Gさん

 

マンションの管理組合にも言えること、それは「緊急時において時間の掛かる手続きはできるだけ設けないこと」「予知できることは事前にルールを設けること」、今回の日本政府の後手対応を見てそのように感じました。

 


 

-語り

執筆者:

関連記事

こどもの転落事故を防ぐには!

  先日、マンションの7階からこどもが転落するという痛ましい事故が起きました。 この転落事故の4日前に、政府広報オンラインに「ご注意ください!窓やベランダからのこどもの転落事故」と題した記事が掲載され …

キックバック、小ずるい企業がやること!

  キックバックについて問う! キックバックとは、業者に仕事を紹介したときに受け取る謝礼金(見返り料)のことを指しますが、バックリベートとかバックマージンという呼名で言われたりもします。 & …

きれい事だと言われても、それでも伝えたいことがある!

  私がマンション管理会社時代に、色んな方と出会い、色んな経験をさせてもらった。   ときには感動し、涙を流したこともある。   ときには怒られ、くじけそうになったことも …

管理組合必見|知らないと損をする相見積もりのカラクリ!

  「相見積もり」とは、複数の業者から同一条件で見積もりを取り、それを比較検討することに意義があります。 相見積もりは適正価格(相場価格)を知る上で必要な作業になりますが、それが意図的に作成 …

マンション管理士と管理業務主任者の違いについて!

  マンション管理士とは 管理組合側の立場に立って、マンションの管理運営の総合的なアドバイスを行うのがマンション管理士です。   管理業務主任者とは 管理会社側の立場に立って、管理 …




 プロフィール

くるみ

くるみ

著者:kurumi

マンションデべロッパー、デべ系管理会社、建設会社勤務を経て、2004年に管理会社設立。
2017年に業界を離れ、今はフリーランスとして活動しています。
元業界人がマンション管理についてしがらみ抜きでガチで語っているので、是非読んでみてください。

 ブログ内検索
 カテゴリー