管理会社

マンション管理会社|売上目標だけを打ち立てる無能な経営陣たち!

2020年11月1日

 

顧客がいるから経営というのが成り立つ。

 

近年のコロナ禍できっと多くの経営者たちが思い知らされたことであろう。

 

 

そんな中、マンション管理会社の商売というのは、このコロナ禍において影響を受けることはあまりないように思える。

 

マンション管理会社は、管理委託料という固定収入が毎月得られるから、安定した経営が行える。

 

マンションの管理組合が契約先(顧客)になるから、個人とは違い、解約というのは容易ではない。なので、何か特別な問題が生じない限り、契約は継続していく。

 

そう考えると楽な商売に思えるが、実情はというと苦労の絶えない商売である。

 

その苦労を背負っているのがそこで働く社員たちである。

 



 

本来ならその苦労を経営陣が背負って立つべきである。しかしながら実情は全く異なり、現場(社員)に任せっきり、私には押し付けにしか映らない。

 

社員は皆、忙しいから新入社員の面倒をみる余裕すらない。新入社員は分からないことだらけで、やがて嫌気が差して会社を去っていく。

 

呑気な経営陣よ、ゴルフの話で盛り上げる前にもっと他にやるべきことがあるだろうと言いたい。売上目標だけを打ち立てるのが経営陣の役割だと勘違いしている。

 

社員に対して、もっと残業を減らせ、効率よく仕事をしろ、という前に、業務の効率化を図るのが経営陣の役割だと思えてやまない。

 

現場を知らない、軽視している結果が、社員の過剰な残業を生んでいることに全く気付いていない。

 

私は、そろばんだけを弾いて会社経営を行っている人間は大嫌いだ。本当に嫌気が差す。そろばんを弾く、これって死語になるのかな?(笑)

 

 

売上を上げろ、そこで損するのは誰なのか、それはマンションに住む私たちである。

 

工事ばかり勧める管理会社、裏でリベートを受け取る管理会社…

 

売上ばかりに目が向けられると大切なことに気付けなくなる。

 

そういった管理会社が多いように思えるのだが、果たしてそれは私の勘違い?

 

私の知人の経営者たちはいつも大変、大変って言ってるけど、実際は楽しているようにしか思えない。そこで現場はもっと大変だよ、と言いたい。

 

業務の効率化は社員に望むべきことではない。売上目標よりも先に会社が率先して行うべきことだと思うのだが…

 

 








-管理会社

執筆者:

関連記事

マンション管理会社は自らの存在意義をもっと認識すべし!

  マンション管理会社は半世紀以上の歴史がある。この長い間、淘汰されずに今日に至っているのだが、時代が確実に変わっている一方で、やっていることは昔も今も変わらない。 マンション管理会社はこれ …

マンション管理会社は住人を私的感情で差別している!

  今朝、色んな方のマンション管理に関するブログを拝見していたら、これぞ管理会社の実態、そんな記事を見つけた。   管理会社の現役フロントマンが著者で、マンション管理について語って …

管理委託料の内訳から見えてくるもの!

  昔は、管理委託料の内訳のない合計額しか記載されていない「管理委託契約書」が実情として多く存在した。マンション管理適正化法が2001年8月1日に施行され、2003年4月9日に国土交通省から …

借入れを勧めるマンション管理会社には要注意!

  大規模修繕を行う際にお金が足りずに困っている管理組合は少なくありません。そこで管理組合内に色んな意見が飛び交います。 ▶ なぜ借入れを行うのか?▶ 工事費は妥 …

フロントマンの良し悪しと社内的立場について

  マンション管理会社のフロントマンの良し悪しって、どんなところで判断されるのだろうか。 私がこれまで見聞きしたフロントマンのチェックポントを纏めてみた。 ▶ 管理業務主任者の …




 プロフィール

くるみ

くるみ

著者:kurumi

元業界人がマンション管理について本音で語るブログです。
登場人物 ☞ 鬼嫁がたまに出てきます(笑)

 ブログ内検索
 カテゴリー
 その他の記事