管理組合が変わらない限り、何も変わらない!

管理会社

管理会社の存在意義?

2017年10月27日

 

マンションで何か問題が起きたときに、警備会社はすぐに駆けつけるのだが、マンション管理会社の姿はそこにいない。

警備会社の方が存在感がある

マンション管理会社に対して嫌みを言っているのではない。事実をただ語っているだけだ。

契約外の出動の場合は、3,000円の出張費(派遣料)が掛かる場合もある。

なぜ、マンション管理会社は来ない!

そんな不満を抱く住人もいるだろう。私もそのうちの一人である。だから、マンション管理会社の存在感が薄いのだ!



このような話をするのには理由がある。

トラブルの内容にもよるが、その問題を解決するためには、まず現場確認が必要になる。これは当然であろう。

例えば、オートロックの自動扉が故障した場合、故障原因を追究し、直ぐに復旧する必要があろう。

警備会社が現地に出動したところで、専門業者ではないから原因を究明することはできない。

そこで管理会社の指示で自動扉の保守点検業者が現地に出動する。部品の交換が必要なら、当然に費用は掛かる。

私が言いたいのは、ここから先の話である。

見積書に管理会社の利益が上乗せされ、管理組合に請求される。

管理会社の見積書なのに、どうして当事者が現地確認をせずに見積れるのだろうか。

それに管理会社の利益の対価はどこにあるのか。

専門業者の手配だけで15%以上の利益を上乗せされたら、割高になるのは目に見えている。

これがまかり通るから本当に怖い。

私の住んでいるマンションでは、現場確認をしない管理会社の見積書は受理していない。設備の保守契約については、管理会社を介さずにそれぞれの専門業者と直接契約をしているから、管理会社の見積書はほとんどない。

このような直接契約をしているケースでも、管理会社には、見積書の受理、発注補助、実施の確認という業務が発生する。この費用は、管理委託料の中に含まれる。詳しくはこちら 👇

マンション管理会社|契約外の業務でも管理会社には義務がある!

 

先ほどの専門業者の手配に掛かる15%以上の手数料、これは管理会社の費用の二重取りに他ならない。

存在感が低いのに掛かる費用は高い!

 

 


 



-管理会社

執筆者:

関連記事

マンション管理会社は今後どうなる?

  マンション管理会社は全国に2,000社以上存在する。そして数千の管理組合から管理を受託している大手の管理会社もあれば、数棟の管理組合から管理を受託している零細な管理会社まで様々である。 …

マンション管理会社に欠けているもの!

  マンション管理会社に欠けているもの、それは管理会社自身がよく分かっていることではないだろうか。この「欠けている」を集約できる言葉、それは「存在意義」である。 私は、管理会社でサラリーマン …

マンション管理会社の法令違反、依然と続く!

  マンションの管理の適正化に関する法律が平成13年8月に施行され、既に16年の月日が経過しているのだが、マンション管理会社の法令違反が後を絶たない。 この法令違反は、国土交通省が毎年実施し …

デべロッパー系管理会社がダメな理由!

  デべロッパー系管理会社がダメな理由、ネット上には多くの情報が出回っている。このブログサイトでも色々と語ってきたが、実際にこのデべロッパー系管理会社で働いてみないと、真意というものは分かる …

マンション管理会社に足りないもの!

  マンション管理会社に足りないものって何だろう… 長らくマンション管理業界にいたから見えてくるものがある。 それは「誠意」… 誠意とは、「私欲を離れて正直にまじめに …

余白




余白

余白

プロフィールタイトル

著者のプロフィール

著者:kurumi

元マンション業界人がマンション管理について本音で語るブログです。

余白

余白

余白

人気記事ベスト10

カテゴリータイトル

カテゴリー

アドセンス広告




pagetop