管理会社

管理会社のリベートはここにも存在する!

2017年10月28日

 

最近の分譲マンションは、最初から全戸にインターネットが使用できるシステムが導入されている。

システムというより、ブロバイダーとの一括契約という言い方が正しい。

このブロバイダーは、マンションデべロッパーが指定するケースがほとんどであるが、このプロバイダーの中には、毎月の使用料の中から系列会社である管理会社にリベートを支払っている企業も存在する。

一括契約は、個別契約よりも使用料が安くなるというメリットがある。これが最初から導入されていれば、利用者側にとってコスト負担の面で有益であると言えよう。

だがしかし、管理会社側に渡るリベートがこの使用料の中に含まれているとしたら、果たして利用者は納得できるだろうか。

本当に馬鹿げている

プロバイダーの数も多く、競争が激しい業界なのは見て取れるが、売り込みには手段を選ばない、その感は否めない。



少し前の話になるが、某大手のプロバイダーが、インターネットの契約の斡旋料(リベート)を個人である私に支払う、そんな話を持ち掛けられたことがある。

更に話を聞くと、このリベートは企業ではなく、個人を対象に支払っていると聞かされた。

そう管理会社の社員(個人)にこのリベートが支払われているということだ。紹介料という名目なのだろうが、もうここまでくれば世の末だと思った。

私はその業者に「うちの社員には一切リベートは支払うな!」と叱責したのだが、その時の呆れた顔、今でも忘れることはない。

 

ここまでくると何でもありの世界である

このプロバイダーの支払うリベートはその時だけに発生する一時的なものであるが、冒頭で語った一括契約の場合は、毎月の使用料から一定額が継続的に管理会社へ支払われる。

総戸数×数百円=毎月のリベート額

このリベートは、導入してもらったマンションデべロッパーに対するお礼(見返り)である。それを系列会社である管理会社が受け取っている。しかも毎月の使用料から継続的にである。

管理会社が受け取る対価というのはそこにはない。

この使用料は、管理費から支払われるケースが多いのだが、支払う側もきっと事実を知れば、納得はできまい。

全てのプロバイダーがこのようなリベートを払っているとは思えないが、私の知る限り、このようなことが現実として存在している。

プロバイダーが支払っているリベートは、契約に漕ぎつけるため、そして継続させるための便宜に他ならない。

プロバイダーの選択権は、当初はマンションデべロッパーにあるにしても、その後は管理組合側が持つことになる。不要なものを排除するためには契約先の見直しは欠かせない。

ただし、プロバイダーとの契約解除にあたっては、「〇年間、本契約を解除することができない」、この規定条件になっているケースが多い。

逆に考えれば、その後は自由にブロバイダーを変更できるし、プロバイダーを変えなくても金額の見直しは行えることになる。もしそこにリベートが存在しているのなら、当然に値引き対象になり得る。

サービスを提供する側は、もっと利用者側の利益のことを何よりも優先すべきだと思う。実態を暴かれそれを説明できないのなら、もはやそれはビジネスとは言えまい。

 

 








-管理会社

執筆者:

関連記事

マンション管理会社受託戸数ランキングを見てつくづく感じること!

  分譲マンションの管理会社受託戸数ランキングというのが毎年公表されている。 業界誌、経済誌などで取り上げられているのだが、これを見て皆さんはどのように感じるだろうか。ちなみに直近(2017 …

マンション管理規約の見直し提案をしない管理会社は要注意!

  分譲マンションの管理会社って、仕事を行う上で事前の準備というのは欠かせません。 何の仕事でも準備というのは大切ですよね。当たり前のことができていない、これがマンション管理会社に垣間見れます。 マン …

管理会社と管理組合は利益相反関係!

  このブログサイトで度々登場する言葉がある。それは「利益相反」という言葉である。 利益相反とは、一方の利益になると同時に、他方への不利益になる行為のことを意味する。 ビジネスというのは本来 …

管理会社主導のマンション管理とは?

  理事会を開催する際に、管理会社が議題を決める、日時を決める、そして理事会当日に管理会社が決めた議題に沿って議事が執り行われる。これが管理会社主導のマンション管理の在り方である。 本来なら …

マンション管理会社|誠実さって大切だよね!

  誠実とは… よく見聞きする言葉であるが、あらためて辞書を引きてみると、 「真心をもって人や物事に対すること」 「偽りがなく真面目なこと」 そのように書かれている。 この言葉は …




 プロフィール

くるみ

くるみ

著者:kurumi

元業界人がマンション管理について本音で語るブログです。
登場人物 ☞ 鬼嫁がたまに出てきます(笑)

 ブログ内検索
 カテゴリー
 その他の記事