管理組合が変わらない限り、何も変わらない!

管理会社

マンション管理会社|不公平なサービスの実態を暴く!

2017年6月12日

 

マンション管理会社に求められるもの、そのひとつに公平性という概念がある。マンション管理組合の区分所有者に対し、皆公平に接しなければならないということだ。

これは、理事長、理事会にも同様に求められる。

不公平な取り扱いが仮に、自分達の住むマンションで起きているとしたらどのように感じるだろうか。

「絶対に許せない」「それは差別だ」、その行為に対して多くの方が反論すると思う。

管理会社が特定の区分所有者に対して便宜を図るといった不公平なサービスが実際に行われている。相手によって差別しているのだ。

私は管理会社時代に、これらの行為を社内で実際にみてきたから紛れもない事実である。区分所有者と接するフロント担当者、管理人、そしてトップの経営陣もこれらの行為を平然と行っていた。

人間だから好き嫌いもあろう。だが、管理組合の顧客においてこの考え方は通用しない。それは人を差別することに他ならない。

私は、この間違った言動に反論してきたわけだが、上手く管理組合とつき合うための戦術だと経営陣から言われあしらわれた。後に私がマンション管理業界を去った理由のひとつに挙げられる。

私は区分所有者全てに対し公平に接してきたわけだが、苦痛に感じることも時にはあった。

「前任者はしてくれたのに、なぜおたくはできないのか!」、厳しい言葉を浴びせられ、そのように言われると返す言葉が見当たらない。きちんと説明すると理解は示してくれたのだが、そのような苦労がつきまとった。

一度、このような取り扱いをしてしまうと、それが永遠に繰り返される。本当に怖いことでもある。

本人からしてみればそれが当たり前のことになる。これは本人が悪いのではない。管理会社の接し方に問題がある。

「ここだけの話にしてくださいね」、その過剰サービスに満足していただけるのは本人だけで、他の区分所有者がこれを知ればどのように感じるのか、そこが欠けている。

これは管理会社だけの話ではない、マンションデべロッパー、大規模修繕の施工会社、そして管理組合自体にも言えることだ。

皆平等に管理費・修繕積立金を支払っている。だからサービスも平等に受けるべきだ。

 

「うちは他の住戸よりも管理費・修繕積立金が高い」、これは専有面積の持ち分割合に応じた料金設定だから、サービスとは無関係の話である。

便宜を図ることは差別に繋がる。これを是非知っておいてほしい。

 

 

 


 



-管理会社

執筆者:

関連記事

管理委託料の内訳から見えてくるもの!

  昔は、管理委託料の内訳のない合計額しか記載されていない「管理委託契約書」が実情として多く存在した。マンション管理適正化法が2001年8月1日に施行され、2003年4月9日に国土交通省から …

マンション管理会社|管理の委託先をもっと知ろう!

  マンションを買ったときに既に管理会社が決まっている。これに疑問を抱く方はおそらくいないだろう。 ビジネスの社会では、契約の取引先は慎重に選ぶ。そして取引先企業の与信などを調べるのが当たり …

マンション管理会社を変更する際のポイント!

  管理会社を変更したい。でもどうやって進めたら良いのか分からない。     マンションの管理会社を変更したい、もしそれが個人の意見だとすれば、そう簡単には物事は進まない …

妨害行為から見えてくる管理会社の素顔!

  妨害行為とは、邪魔をしたり、妨げたりする行為を指すが、この妨害行為がマンション管理の現場でも横行している。 ビジネスにおける妨害行為は決してあってはならない。フェアーでないのはもちろんだ …

マンション管理会社|変更するのは大変?

自分たちの住んでいるマンションの管理会社を変えるには、総会の普通決議(出席者の過半数の賛成)で事足りる。このように書くと容易に変更できると思われがちだが、実際には複雑な問題もあり容易に事が進まない。 …

余白




余白

余白

プロフィールタイトル

著者のプロフィール

著者:kurumi

元マンション業界人がマンション管理について本音で語るブログです。

余白

余白

余白

人気記事ベスト10

カテゴリータイトル

カテゴリー

アドセンス広告




pagetop