管理組合が変わらない限り、何も変わらない!

管理会社

マンション管理会社は関係業者から嫌われている!

2017年9月2日

 

管理会社は取引先業者から信用されていない。言い方を変えれば、嫌われている存在なのだ。仕事をもらえるから付き合っているだけ、これが大多数の業者の本音ではないだろうか。

 

 

管理会社の業者への接し方、顧客である管理組合の接し方が結局は自身の評価となって返ってくる。

信用されない、嫌われる原因を管理会社自身が作っている。半世紀を超えるマンション管理業界において、未だそれに気付いていない。というか、それ自体を問題視していない。

それだから体質が変わるはずもなかろう。

管理会社の悪態(内情)を管理組合に愚痴として告げる業者も中には存在する。特に金絡みのタレコミが多い。

10万円の工事を業者には半値の5万円で請け負わせ、5万円はピンハネする。これでは愚痴どころか業者との信用など築けまい。

業者はこれらの悪態を知っているから信用しないのだ。

私は管理会社時代に肌で感じたことだ。建設会社時代には、管理会社に対する愚痴が社内でも多かった。

力関係でものを言わせるのが管理会社である。上から頭ごなし、中身の伴わない元請け、金絡み、これらが嫌われる原因だ。

この記事を読んで同情する業者はきっと多いと思う。

 

 


 



-管理会社

執筆者:

関連記事

マンション管理会社の視点で未来像を語ってみる!

  私は一からマンション管理会社を立ち上げた経験を持つ。これは自慢話ではない。どちらかといえば「思い出したくもない私にとっての悲劇」である。 その会社は今も淘汰されることなく順調に経営が続い …

マンション管理会社の法令違反、依然として続く!

  マンションの管理の適正化に関する法律が平成13年8月に施行され、既に16年の月日が経過しているのだが、マンション管理会社の法令違反が後を絶たない。 この法令違反は、国土交通省が毎年実施し …

マンション管理会社の今後の行く末!

  マンション管理会社は、今後間違いなく淘汰されていく。理由は大きく2つある。 1つは、少子高齢化により新築マンションが減少する。特に新築マンションの管理受注で成り立っている管理会社にとって …

マンション管理会社の善管注意義務について

  マンション管理会社には「善良な管理者の注意義務」という法律上の義務がある。一般的には「善管注意義務」という表現を用いている。 管理会社と管理組合の間で交わす管理委託契約は、民法上の委任契 …

マンション管理会社の減少傾向が止まらない!

  分譲マンションを受託管理する管理会社が年々減少しています。2006年末時点で2,374社、これをピークに減少し続け、2017年末時点では過去最低の2,001社とピーク時の約85%にまで減 …

余白




余白

余白

プロフィール

著者:kurumi

元業界人がマンション管理について本音で語るブログです。

カテゴリー

アドセンス広告




pagetop