管理組合が変わらない限り、何も変わらない!

管理会社

管理会社にお任せください!その裏側では…

2017年12月17日

 

マンション管理のことなら経験豊富な当社にお任せください!

当社にはこれまでの経験と知識を活かした提案力があります!

 

それは心強い、そのように感じる言葉なのだが…

 

これは、マンション管理会社のホームページなどでよく見かけるキャッチフレーズである。私はこの類の言葉を見聞きするたびに、「灯台下暗し」この言葉を思い浮かべる。この灯台下暗し(とうだいもとくらし)の意味は2つある。

ひとつは、身近に存在する物事に気付かないこと。

もうひとつは、探しているものが意外と身近にあったりすること。

「身近に存在する物事に気付かいない」、これをマンション管理会社に当てはめてみると「身近に存在する管理組合の評価に気付かない」「管理会社自身の立場を理解していない」、これはあくまで自己流の解釈である。

そして「探しているものが意外と身近にあったりする」、これを同様にアレンジしてみるとこのようになる。「既存の管理組合のことをもっと大切にしなさい!」、この言葉以外に見当たらない。

このキャッチフレーズは「表の顔」、そして灯台下暗しは「裏の事情」にあたる。

表の顔と裏の事情、これは必ずしも一致しない。それに気付かれている方も少なからずいらっしゃると思う。キャッチフレーズは誤解を与えないためにも、理想ではなく実現できているものを記載すべきである。



「マンション管理のことなら管理会社に任せてください。」、そこで重要なのがその中身の部分になるのだが、管理会社に期待したところで、事務的な対応しか期待できない。これが実情ではないだろうか。

管理組合が管理会社に期待される改善提案、それは管理会社にとって不都合なものが多いから消極的である。不都合とは、管理会社にとって全く利益にならないことである。だから提案がなされないし、もしあるとすれば利益絡みの提案ではないのか。

私が管理会社時代に、総会、理事会、そして社内に寄せられた管理組合の意見、営業先の管理組合の意見の数々を見聞きしてきた。恥ずかしながらまとめてみる。

▶ デべロッパーの子会社だから信用できない!

▶ 何かと対応が遅い!

▶ なぜ担当者が頻繁に代わるのか!

▶ 前にも言いましたよね!

▶ 書類に間違いなどの不備が多い!

▶ なぜ管理会社(1社)だけの見積もりなのか!

▶ 管理委託料や工事費などの内訳が不透明!

▶ この工事(保守点検)にいったい何%の利益を乗せているのか!

▶ 言われなければ動かない!

▶ 改善提案が一度もない!

▶ 成果の精度が低い!

▶ 安かろう悪かろう!

▶ 高かろう悪かろう!

▶ 大手だから信用していたのに!

▶ 他のマンションの事例共有がなされていない!

書けばきりがない…

これらの意見は端的に書いているのだが、全てそれに至った経緯と理がある。すべて事実だから返す言葉が見当たらなかった。

管理組合と揉めれば、もっと色んな指摘や批判の声が出てくる。悲しいことだが、これが管理会社時代に見聞きした管理組合の本音の意見であり、管理会社に与えられた課題とも言える。

これらは一般的に問題指摘されていることではないだろうか。ネット上の口コミや記事などで管理組合の本音の意見を窺い知ることができる。その多くが真実であろう。

 

特に最後の意見に出てくる「事例共有」、この事案について他のマンションではどのような意見を持たれているのか、そしてどのように対処しているのか、管理組合はそこが知りたい。それは管理物件を多く持つ管理会社にしか出来ないことでもある。

 

着飾ったホームページでは真実は掴めない。理想はあくまで理想であり、約束は実現できることでなければならない。これは全て個人的な意見である。

 

 

 


 



-管理会社

執筆者:

関連記事

マンション管理会社のキャパシティは限界?

  管理会社の利点と言えば、マンション管理のあらゆる業務を包括的にサービス提供できることにある。そして多くの管理組合は、このパッケージ化されたサービス(一括発注方式)を利用している。 管理会 …

管理会社変更|その後の良し悪しは?

  マンション管理を見直す際に、マンション管理会社自体を変更するケースもあるだろう。 コストが下がり、以前よりも良くなった。 このような結果が得られれば、きっと苦労した甲斐があると思う。 す …

マンション管理会社|契約外の業務でも管理会社には義務がある!

  管理会社と管理組合の契約関係は、民法643条の委任契約に属すると考えられ、管理組合が委託者、そして管理会社が受託者という関係にある。 また業務内容の中には、請負契約に属するものがある。清 …

マンション管理会社|トラブルが起きた際の役割について

  マンションは自分の所有物だからといって好き勝手に使用することはできない。共用部分においては、使用上の制約というものがある。だがしかし、中にはルールを守らない住人もいる。特に新築マンション …

マンション管理会社にとって煙たい存在!

  マンション管理会社に求められているもの、それは提案力である。マンションのことを一番よく知っているのは管理会社だからである。 改善点、問題点というのは、どのマンションにも必ずある。だが、実 …

余白




余白

余白

プロフィール

著者:kurumi

元マンション業界人がマンション管理について本音で語るブログです。

余白

余白

余白

閲覧記事ランキング

カテゴリー

アドセンス広告




pagetop