管理組合が変わらない限り、何も変わらない!

分譲会社 管理会社

マンションのデべロッパーと管理会社のここを見抜け!

2017年9月21日

 

私は長らくマンション業界にいたのが、マンションを売るまで「親切」売ったら「不誠実」、これがデべロッパーの本質だと感じた。

デべロッパーとは、マンション分譲会社(事業主)のことである。

中には顧客を大切にするデべロッパーもいるだろう。だが、あまり良い評判を聞いたことが無い。その不誠実な対応は、マンション購入後の建物の瑕疵(欠陥)によって顕著に表れる。

建物に瑕疵が見つかる。それによって迷惑を被るのは購入者だ。精神的なダメージ、場合によっては生活に支障を来すこともある。

だがデべロッパーは素直に非を認めない。だから本来先に出るべき謝罪の言葉がない。結果、対応にかなりの時間を要する。

売るまでの「ありがとう」は言えても、後の「すみません」が言えない。これがデべロッパーの本質である。「すみません」は非を認めることになる。だから軽々に口にはしない。

これはデベロッパーに限らず、管理会社にも言えることだ。だが、管理会社の方がもっと質が悪い。その「ありがとう」すら言えない。親も親なら子も子である。

毎年開催される定期総会時の冒頭に「ありがとうございます」と言える管理会社がどれだけいるのだろう。

お世話になった顧客である所有者の皆さんに対して、「1年間お世話になりました。」「1年間ありがとうございました。」…

私は管理会社時代に自然と口に出た言葉だ。感謝の気持ちがあれば押し付けではなく自然に出る言葉だと思う。

最初に口にする言葉、これで全てが決まるし、その後の対応を見抜ける。

デべロッパーが口にしない「すみません」、この言葉が冒頭なければ、誠意を持った対応など期待できまい。

迷惑をかけた、心配や不安を感じさせた、これを察すれば、先に「すみません」という言葉が自然に出る、これが誠実さだと思う。

 

少し古い記事になるが、デべロッパーの実態が書かれた記事のリンク先を貼っておく。興味があれば読んでほしい。

「欠陥マンション」売るまで「親切」、売ったら「不誠実」なデベロッパの実態 全国10棟「現場」を追跡

 

 


 



-分譲会社, 管理会社

執筆者:

関連記事

管理会社の倫理観が低すぎる!

  管理会社は離職率が高い。理由のひとつとして挙げられるのがクレームの多い仕事であること。このように書くと客人である管理組合には失礼になるが、事実なので理解してほしい。 なぜ、クレームという …

マンション所有者は売主の瑕疵担保責任、品確法は知っておくべき!

  マンションなどの不動産は、他の商品と比べものにならないほど高額な商品である。一般庶民からすれば、一生に一度の大きな買い物といえる。だが、マンション購入後に建物の瑕疵などを理由に売主と揉め …

マンション管理会社|フロントの担当物件数の減少傾向、その裏側には!

  マンションの管理会社に管理を委託する場合、そのマンションを担当する「フロントマン」が存在する。 フロントマンの役割は、管理会社の総合窓口役として、そのマンションの所有者および居住者の様々 …

マンション管理会社にとって煙たい存在!

  マンション管理会社に求められているもの、それは提案力である。マンションのことを一番よく知っているのは管理会社だからである。 改善点、問題点というのは、どのマンションにも必ずある。だが、実 …

マンション管理会社はストレスの捌け口ではない!

  自分たちの問題なのに管理会社に八つ当たりをしてしまう。マンション管理において、よくある光景ではないでしょうか。 私の管理会社時代にやたら難癖を付けてくる所有者がいて、一方的に文句ばかり言 …

余白




余白

余白

プロフィール

著者:kurumi

元業界人がマンション管理について本音で語るブログです。

カテゴリー

アドセンス広告




pagetop