管理組合が変わらない限り、何も変わらない!

分譲会社 管理会社

マンションのデべロッパーと管理会社のここを見抜け!

2017年9月21日

 

私は長らくマンション業界にいたのが、マンションを売るまで「親切」売ったら「不誠実」、これがデべロッパーの本質だと感じた。

デべロッパーとは、マンション分譲会社(事業主)のことである。

中には顧客を大切にするデべロッパーもいるだろう。だが、あまり良い評判を聞いたことが無い。その不誠実な対応は、マンション購入後の建物の瑕疵(欠陥)によって顕著に表れる。

建物に瑕疵が見つかる。それによって迷惑を被るのは購入者だ。精神的なダメージ、場合によっては生活に支障を来すこともある。

だがデべロッパーは素直に非を認めない。だから本来先に出るべき謝罪の言葉がない。結果、対応にかなりの時間を要する。

売るまでの「ありがとう」は言えても、後の「すみません」が言えない。これがデべロッパーの本質である。「すみません」は非を認めることになる。だから軽々に口にはしない。

これはデベロッパーに限らず、管理会社にも言えることだ。だが、管理会社の方がもっと質が悪い。その「ありがとう」すら言えない。親も親なら子も子である。

毎年開催される定期総会時の冒頭に「ありがとうございます」と言える管理会社がどれだけいるのだろう。

お世話になった顧客である所有者の皆さんに対して、「1年間お世話になりました。」「1年間ありがとうございました。」…

私は管理会社時代に自然と口に出た言葉だ。感謝の気持ちがあれば押し付けではなく自然に出る言葉だと思う。

最初に口にする言葉、これで全てが決まるし、その後の対応を見抜ける。

デべロッパーが口にしない「すみません」、この言葉が冒頭なければ、誠意を持った対応など期待できまい。

迷惑をかけた、心配や不安を感じさせた、これを察すれば、先に「すみません」という言葉が自然に出る、これが誠実さだと思う。

 

少し古い記事になるが、デべロッパーの実態が書かれた記事のリンク先を貼っておく。興味があれば読んでほしい。

「欠陥マンション」売るまで「親切」、売ったら「不誠実」なデベロッパの実態 全国10棟「現場」を追跡

 

 


 



-分譲会社, 管理会社

執筆者:

関連記事

管理会社の見積書がまかり通る理由!

  マンションに出入りする工事業者に直接見積りを依頼したら断られる。これはよくある話である。そして次に出る言葉… 「工事の見積もりなら管理会社を通してください。」 マンションに出 …

マンション管理会社|フロントの担当物件数の減少傾向、その裏側には!

  マンションの管理会社に管理を委託する場合、そのマンションを担当する「フロントマン」が存在する。 フロントマンの役割は、管理会社の総合窓口役として、そのマンションの所有者および居住者の様々 …

管理会社のリベートはここにも存在する!

  最近の分譲マンションは、最初から全戸にインターネットが使用できるシステムが導入されている。 システムというより、ブロバイダーとの一括契約という言い方が正しい。 このブロバイダーは、マンシ …

マンション管理会社|フロントマンの人手不足がヤバい!

  マンションの管理員の人手不足は、マンション管理業界にとって深刻な問題となっている。業界のみならず職場となるマンションにおいても決して他人事ではない。 詳しくはこちらの記事&#x1f447 …

分譲マンション|引渡し前とアフターサービスは厳重チェック!

  内覧会の住戸内チェック 新築の分譲マンションを購入したら、引渡し前に内覧会というデべロッパー主催のイベントがある。 このイベントの中に住戸内のチェックがある。施工会社が一緒に立会って仕上 …

余白




余白

余白

プロフィール

著者:kurumi

元業界人がマンション管理について本音で語るブログです。

閲覧記事ランキング

カテゴリー

アドセンス広告




pagetop