管理組合が変わらない限り、何も変わらない!

分譲会社 管理会社

マンションのデべロッパーと管理会社のここを見抜け!

2017年9月21日

 

私は長らくマンション業界にいたのが、マンションを売るまで「親切」売ったら「不誠実」、これがデべロッパーの本質だと感じた。

デべロッパーとは、マンション分譲会社(事業主)のことである。

中には顧客を大切にするデべロッパーもいるだろう。だが、あまり良い評判を聞いたことが無い。その不誠実な対応は、マンション購入後の建物の瑕疵(欠陥)によって顕著に表れる。

建物に瑕疵が見つかる。それによって迷惑を被るのは購入者だ。精神的なダメージ、場合によっては生活に支障を来すこともある。

だがデべロッパーは素直に非を認めない。だから本来先に出るべき謝罪の言葉がない。結果、対応にかなりの時間を要する。

売るまでの「ありがとう」は言えても、後の「すみません」が言えない。これがデべロッパーの本質である。「すみません」は非を認めることになる。だから軽々に口にはしない。

これはデベロッパーに限らず、管理会社にも言えることだ。だが、管理会社の方がもっと質が悪い。その「ありがとう」すら言えない。親も親なら子も子である。

毎年開催される定期総会時の冒頭に「ありがとうございます」と言える管理会社がどれだけいるのだろう。

お世話になった顧客である所有者の皆さんに対して、「1年間お世話になりました。」「1年間ありがとうございました。」…

私は管理会社時代に自然と口に出た言葉だ。感謝の気持ちがあれば押し付けではなく自然に出る言葉だと思う。

最初に口にする言葉、これで全てが決まるし、その後の対応を見抜ける。

デべロッパーが口にしない「すみません」、この言葉が冒頭なければ、誠意を持った対応など期待できまい。

迷惑をかけた、心配や不安を感じさせた、これを察すれば、先に「すみません」という言葉が自然に出る、これが誠実さだと思う。

 

少し古い記事になるが、デべロッパーの実態が書かれた記事のリンク先を貼っておく。興味があれば読んでほしい。

「欠陥マンション」売るまで「親切」、売ったら「不誠実」なデベロッパの実態 全国10棟「現場」を追跡

 

 


 



-分譲会社, 管理会社

執筆者:

関連記事

マンション所有者は売主の瑕疵担保責任、品確法は知っておくべき!

  マンションなどの不動産は、他の商品と比べものにならないほど高額な商品である。一般庶民からすれば、一生に一度の大きな買い物といえる。だが、マンション購入後に建物の瑕疵などを理由に売主と揉め …

マンション管理会社の苦悩…

  私の知人にはマンション管理会社の関係者が多い。長らくマンション管理業界にいたから、年齢的に管理職や役員の肩書を持った方が多い。その知人らとの会話する中でよく耳にするのが「社員が育たない」 …

マンション管理会社のM&Aのカラクリ!

  「企業統合による管理会社変更のお知らせ」、このような書面を受け取る機会が増えている。 マンション管理業界は企業統合・合併(M&A)が頻繁に行われている。質は向上しないが企業を大きく見せる …

マンション管理会社変更する際のヒアリングって重要!

  マンション管理会社を変えると、そこでマンションの履歴が途絶えてしまう。新たな管理会社が自分たちのマンションの全てを熟知しているわけではない。そこに注意を払う必要がある。 マンション管理を …

マンションにこんな看板必要ですか?

  マンションの上部に設置されているマンション名入りの看板、中にはマンションデべロッパー名、ロゴマークが刻まれたものがある。この看板は目立つ場所にあるから、マンションデべロッパーにとっては社 …

余白




余白

余白

プロフィール

著者:kurumi

元マンション業界人がマンション管理について本音で語るブログです。

余白

余白

余白

閲覧記事ランキング

カテゴリー

アドセンス広告




pagetop