管理組合が変わらない限り、何も変わらない!

マンション管理

マンション管理の透明化とは!

2017年10月26日

 

マンション管理によく用いられる言葉に「透明性」「透明化」という模範に例えた抽象的な言葉がある。

▶ 管理組合運営の透明化
▶ コストの透明化
▶ 会計の透明化
▶ 〇〇の透明化

この言葉は、マンション管理の在り方において、国土交通省などの公的機関でもよく用られる言葉である。

この透明化を良しとするのなら、その逆は「不透明」ということになる。

透明性という言葉がマンション管理で用いられるようになったのは、ごく最近の話ではない。昭和期にも既に存在した言葉である。

それでは皆さんに質問するが、透明性とは何ですか?



その答えは、きっと個々に解釈の仕方が異なるのではないだろうか。

▶ 開かれたもの
▶ ガラス張り
▶ 見えるもの
▶ 正しいもの
▶ わかりやすい

今すぐに思い付くものを書いてみたが、これ以外の回答もあるだろう。

個人的には「理解する」「よくわかる」、この意図を表す言葉が透明性だと思える。

なぜこのようなことを敢えて書くのか、それには理由がある。

この透明性が形式的なものであったり、事務的に置き換えられて使用されるマンションが多いからである。

例えば、情報開示(情報公開)というものがある。マンション管理の実務において、ただ周知・伝達すればいいという事務的なものと化している。そこには「理解し合う」という大切なものが失われ、一方通行で終わっている感が否めない。

だから、後で異議が出たり、意見の食い違いが生まれる。

コストの透明化、これはどんぶり勘定の中身を正すとか、ブラックボックスを解き明かす、そんな意味があるのだが、これを細かく分解したところで、その必要性を理解していないと何の意味を持たないものになる。

マンション適正化推進法が平成13年に施行され、管理委託契約の業務仕様、価格の内訳が細かく表示されるようになった。これは透明性がその目的にある。

細かく表示すること自体に意義は持たない。それを理解することに意義がある。だから、透明性の本旨には理解という含みを持つ。

透明性、透明性、透明性…

マンション管理にくどいほど用いられる言葉なのだが、そこに「理解する」「よくわかる」が欠けると、それこそ無価値なもの、「無の透明」になる。

このような記事を書く私の方が本当にくどい(反省…)

 

 

 


 



-マンション管理

執筆者:

関連記事

マンションの付帯設備|これって誰の負担?

  マンションには色んな設備が設置されている。経年に伴い、設備の修理や交換が必要になってくるのだが、住戸内にある設備を管理組合が行ったり、共用部分にある設備を所有者が行うことがある。 そこで …

マンション管理の情報入手、できていますか?

  ずいぶん昔から情報化社会と言われているのだが、マンション管理の情報について、管理組合の皆さんはどれだけ知っているのだろう。 色んな情報を入手しておかないと時代に取り残される。これはマンシ …

マンション管理|発注形態を知っておこう!

  マンション管理の発注形態には、「一括発注方式」「分離発注方式」の大きく2つある。 一括発注方式とは、管理会社に全ての業務を包括的に発注する方法を意味する。一方の分離発注方式は、管理会社を …

自分のマンションを真剣に考える!

  自分たちのマンションの管理について、真剣に考えている方ってどれくらいいらっしゃるのだろう。 このブログに訪問してくださる読者さんは、きっとマンション管理について、何ら興味を持たれている方 …

マンション管理の考え方!

  マンション管理の目的は、建物・付帯設備の健全化と長寿命化、そして安全性・快適性・利便性を追求する、これらが目的としてある。 その目的を達成させるために必要になってくるもの、それは「資金」 …

余白




余白

余白

プロフィール

著者:kurumi

元マンション業界人がマンション管理について本音で語るブログです。

余白

余白

余白

閲覧記事ランキング

カテゴリー

アドセンス広告




pagetop