管理会社

デべロッパー系管理会社がダメな理由!

2019年8月11日

 

マンションを購入する際に管理会社は既に決まっています。その多くがデべロッパー(分譲会社)の子会社です。実情として管理会社のことはあまり気にせずに購入される方が多いと思います。分譲会社の子会社だから悪いことはしないだろう…

しかしながら、購入後に深く関わるのが管理会社です。「マンションは管理を買え」といわれる所以はそこにあります。

デべロッパー系管理会社の特徴は、分譲会社の意向に左右される組織、もっと分かりやすく言えば、分譲会社に従順な組織です。というのも親子関係がそこにありますから、子は親には逆らえません。

マンション管理のことを理解していないデべロッパーの経営陣が管理会社を支配し干渉するとどうなるか、そこにデべロッパー系管理会社のダメだしが存在します。

デべロッパー系管理会社の評判が悪いとされる要因の多くは、この親子関係にあります。

管理会社をドル箱的発想で子会社に持つデべロッパーがいますが、儲けることしか考えない企業に行き届いたサービスなど期待できません。

管理委託料が高い上に管理組合寄りのサービス提供がなされないのなら、すぐに管理会社を変えるべきです。

企業体質というのはそう簡単には変わりません。なので、自分たちで変えるしかありません。

アフターフォローが弱腰の管理会社、果たして管理組合にとって必要と言えますか?

子会社であっても、そこの経営陣が親(分譲会社)に対して意見が言え、親もまた子の考えを理解できるとすれば、きっと管理会社の評判は良い方向に得られると思います。

でも現実はそんな生ぬるいものではありません。管理会社は親会社にとって利益を生むように親の支配化で成り立っています。

親の顔色ばかり気にして、そこでご機嫌を損ねると私の様にリストラに遭います(笑)。

 

 

親子関係という変えることのできない構造的欠陥がそこにあります。

 








-管理会社

執筆者:

関連記事

マンション管理業界が築き上げた一つの失態!

  分譲マンションの共用部分の管理を専門とする管理会社は昔から存在し、今日においてもマンション管理組合にとって必要な存在である。 その管理会社を率いるマンション管理業界は、半世紀以上の歴史が …

管理会社のフロントマン・管理人の現金の立て替えは禁止すべし!

  マンション管理会社に限ったことではありませんが、本来会社が負担すべき備品・消耗品などの代金を従業員が一時的に立て替えるケースがあります。 マンション管理会社においては、備品・消耗品などの代金をフロ …

マンション管理会社|理想と現実!

  マンション管理を行う上で委託先の管理会社というのは、管理組合にとって良きパートナーであることが理想と言えます。企業においても、顧問税理士とか顧問弁護士の先生方も同じことが言えます。 東京 …

これだからマンション管理会社の評判が悪い!

  マンションの管理組合にとって、もっとも身近な存在であり、かつ頼れる存在になるのが「管理会社」です。しかしながら現実はどうでしょう。最も遠い存在、不信を抱く存在になっている感は否めません。 …

マンション管理会社の善管注意義務について

  マンション管理会社には「善良な管理者の注意義務」という法律上の義務がある。一般的には「善管注意義務」という表現を用いている。 管理会社と管理組合の間で交わす管理委託契約は、民法上の委任契 …




 プロフィール

くるみ

くるみ

著者:kurumi

元業界人がマンション管理について本音で語るブログです。
登場人物 ☞ 鬼嫁がたまに出てきます(笑)

 ブログ内検索
 カテゴリー
 その他の記事