管理会社 管理規約

マンション管理規約の見直し提案をしない管理会社は要注意!

2020年11月3日

 

分譲マンションの管理会社って、仕事を行う上で事前の準備というのは欠かせません。

何の仕事でも準備というのは大切ですよね。当たり前のことができていない、これがマンション管理会社に垣間見れます。



マンション管理会社では、何に沿って仕事を行うのか、そこが重要なんですよね。それは手順であり、対応方法のことを指します。

 

分譲マンションの管理を行う上でその手順書となるのが、マンションの管理規約です。対応方法もまた、この管理規約に則って行います。

管理組合役員の選任にしても、総会開催の手続にしても、駐車場の募集やペットの飼育、管理費等の督促にしても、管理規約に則して業務を行う必要があります。

時代の変化や過去の教訓から、これまで区分所有法の改正が幾度もなされています。その都度、国土交通省はマンション標準管理規約を改定し、コメント付きで情報を開示しています。

マンションの関係者にとって大切なことだから国はそういうことを行ってるわけです。

なので、マンションの管理規約を見れば、そのマンションの管理組合の運営状態の良し悪しを客観的に評価することができます。

特にマンションの売買の際には、不動産会社や購入希望者など第三者の目に触れ、マンションの表には見えない裏の部分を管理規約によって窺い知ることができます。

少し前の記事でも紹介してますが、マンションに評価等級(グレード)が付される時代へと変わっています。

管理会社にとって必要不可欠なもの、それがマンションの管理規約になりますが、その重要性とは相まって、軽視されている感は否めません。

軽視の先にあるもの、それは場当たり管理です。例を挙げれば、担当者が代わればやり方が変わるってことです。管理会社の都合で変えられると困惑するのは管理組合の方ですよね。

 

管理会社が変わる度に管理会社の都合によってマンション管理の在り方が変わることもありますよね。これも問題だと感じます。

管理組合に対して、管理規約の見直しを提案をしない管理会社は、見方を変えれば、マンション管理という仕事を軽視しているとしか思えません。これは言い過ぎではありませんからね。本当に…

管理規約の見直しという言葉を聞いた際に、このことを思い出していただけたら幸いです。

 

 








-管理会社, 管理規約

執筆者:

関連記事

マンションの民泊の是非|管理組合の規約改正はお早めに!

  来年2018年6月15日に住宅宿泊事業法が施行され、同年3月15日から住宅宿泊事業の届け出が開始される。この届出の際に、そのマンションが住宅宿泊事業を許容しているかどうかの項目があり、そ …

マンション管理会社|月次報告書について

  何かの行為を第三者に委任する場合、受任者は事務処理の内容について、委任者に報告する義務がある。(民法645条) 分譲マンションの管理に例えるなら、委任者が管理組合、受任者が管理会社に該当 …

マンション管理会社|独立系は本当にコストが安いのか!

  マンション管理会社は「デべロッパー系」と「独立系」の大きく2つに分かれます。デべロッパー系とは文字通りデべロッパーの系列に属する管理会社を指し、一方の独立系はデべロッパー系列に属さない管 …

借入れを勧めるマンション管理会社には要注意!

  大規模修繕を行う際にお金が足りずに困っている管理組合は少なくありません。そこで管理組合内に色んな意見が飛び交います。 ▶ なぜ借入れを行うのか?▶ 工事費は妥 …

マンション管理会社の減少傾向が止まらない!

  分譲マンションを受託管理する管理会社が年々減少しています。2006年末時点で2,374社、これをピークに減少し続け、2017年末時点では過去最低の2,001社とピーク時の約85%にまで減 …




 プロフィール

くるみ

くるみ

著者:kurumi

元業界人がマンション管理について本音で語るブログです。

 ブログ内検索
 カテゴリー
 その他の記事