管理会社 管理規約

マンション管理規約の見直し提案をしない管理会社は要注意!

2020年11月3日

 

分譲マンションの管理会社って、仕事を行う上で事前の準備というのは欠かせません。

何の仕事でも準備というのは大切ですよね。当たり前のことができていない、これがマンション管理会社に垣間見れます。



マンション管理会社では、何に沿って仕事を行うのか、そこが重要なんですよね。それは手順であり、対応方法のことを指します。

 

分譲マンションの管理を行う上でその手順書となるのが、マンションの管理規約です。対応方法もまた、この管理規約に則って行います。

管理組合役員の選任にしても、総会開催の手続にしても、駐車場の募集やペットの飼育、管理費等の督促にしても、管理規約に則して業務を行う必要があります。

時代の変化や過去の教訓から、これまで区分所有法の改正が幾度もなされています。その都度、国土交通省はマンション標準管理規約を改定し、コメント付きで情報を開示しています。

マンションの関係者にとって大切なことだから国はそういうことを行ってるわけです。

なので、マンションの管理規約を見れば、そのマンションの管理組合の運営状態の良し悪しを客観的に評価することができます。

特にマンションの売買の際には、不動産会社や購入希望者など第三者の目に触れ、マンションの表には見えない裏の部分を管理規約によって窺い知ることができます。

少し前の記事でも紹介してますが、マンションに評価等級(グレード)が付される時代へと変わっています。

管理会社にとって必要不可欠なもの、それがマンションの管理規約になりますが、その重要性とは相まって、軽視されている感は否めません。

軽視の先にあるもの、それは場当たり管理です。例を挙げれば、担当者が代わればやり方が変わるってことです。管理会社の都合で変えられると困惑するのは管理組合の方ですよね。

 

管理会社が変わる度に管理会社の都合によってマンション管理の在り方が変わることもありますよね。これも問題だと感じます。

管理組合に対して、管理規約の見直しを提案をしない管理会社は、見方を変えれば、マンション管理という仕事を軽視しているとしか思えません。これは言い過ぎではありませんからね。本当に…

管理規約の見直しという言葉を聞いた際に、このことを思い出していただけたら幸いです。

 

 








-管理会社, 管理規約

執筆者:

関連記事

管理会社主導のマンション管理とは?

  理事会を開催する際に、管理会社が議題を決める、日時を決める、そして理事会当日に管理会社が決めた議題に沿って議事が執り行われる。これが管理会社主導のマンション管理の在り方である。 本来なら …

マンション管理会社以外の業者に発注する際の注意点!

  マンションの管理業務の一部を管理会社ではなく専門業者に直接発注する際に注意すべきことがある。 この直接発注する際に管理会社がどこまで業務を担うのか、まずそれを知る必要があろう。 国土交通 …

マンションの規約原本の保管場所って?

  皆さん、規約原本って何のことかご存知ですか? 規約原本とは、現に有効な管理規約のことを指します。最初に作られた管理規約のことを原始規約といいますが、その後、管理規約が改正されるまでは、現 …

マンション管理会社|無資格のフロント担当者はいらない!

  マンション管理会社の必須の資格と言えば「管理業務主任者」。 この管理業務主任者は、マンション管理業務を行う上で欠かせない資格となる。 自分たちのマンションのフロント担当者がこの資格を持っ …

マンション管理会社変更|引継ぎは重要です!

  マンション管理会社を変更する際に注意すべきこと… そのひとつに、「マンション管理の引継ぎをしっかり行うこと」が挙げられます。 新たな管理会社が自分たちのマンションを熟知してい …




 プロフィール

くるみ

くるみ

著者:kurumi

元業界人がマンション管理について本音で語るブログです。

 ブログ内検索
 カテゴリー
 その他の記事