管理会社 管理委託契約

マンション管理会社|管理委託料を上げる前にやるべきこと!

2020年11月8日

 

近年、マンション管理会社の管理委託料値上げに関する話をよく耳にします。ネット上にもこれに関連した記事が最近増えています。

特に管理員業務とか清掃業務を自社雇用のスタッフで行っている管理会社では、昨今の全国的な最低時給の底上げで賃金負担(経費)が増え、そこで値上げを余儀なくされるケースも出てくるでしょう。

また、2019年4月1日から年5日の有給消化義務が企業に課せられていますので、スタッフの有給休暇取得に伴い、自社スタッフで調整できない場合は外部の人材派遣会社を利用するケースが増えています。その場合、時給が割高に設定されているため経費は更に膨らみます。

こうした内情があって、管理委託料の値上げが生じ、受託先のマンションの管理組合に相談するといった動きに至っているわけですが、そこで管理会社に足りないものが一つあります。

今回、それについて語りたいと思います。



相手を見ない管理会社!

前述のとおり、値上げにはちゃんとした理由があって、マンション管理会社にとって経営に関わる重要なことだから値上げに踏み切る、ここまでは理解できます。

しかしながら、それは管理会社の自己都合であって、並行して考えなくてはならないこと、そこが抜けているように思えてやみません。

値上げは管理会社だけの問題ではありませんよね。値上げを強いられるマンションの管理組合にとっても深刻な問題と化します。この値上げにより、管理費会計が逼迫し赤字に転落することだって起り得ます。

先日、管理会社にフロントマンとして働いている知人から、管理委託料の値上げの話を聞かされました。

会社からは値上げの指示のみで、相手方の都合は一切無視という話を聞いたとき、腹立たしさを覚えました。値上げ前にやるべきことがあるだろう…と

管理委託料の値上げにより管理組合の管理費会計の収支について、気にする管理会社の経営陣は存在するのだろうか?まずそこを問いたい。

 

値上げ前にやるべきこと!

顧客の立場を理解することは、管理会社にとって重要なことだと思います。というかそれが抜けていたら信頼関係など築けませんよね。

この気持ちがあるとすれば、値上げと並行して顧客先(管理組合)の管理費会計の収支は大丈夫なのか、そこが気になるはずです。

わからない人にいくら言ってもわかりっこありませんが…

なので、管理会社から管理委託料の値上げの相談がきたら、管理費会計の収支は大丈夫?ってこちらから確認する必要がありますよね。

逆に先読みの提案ができる管理会社だとすれば、顧客のことを大事に考える管理会社だと思います。言い難いことでも正直に言うのは、とても勇気のいることだと思いますが、信頼関係を築くうえで大切なことではないでしょうか。

 

 








-管理会社, 管理委託契約

執筆者:

関連記事

マンション管理規約の見直し提案をしない管理会社は要注意!

  分譲マンションの管理会社って、仕事を行う上で事前の準備というのは欠かせません。 何の仕事でも準備というのは大切ですよね。当たり前のことができていない、これがマンション管理会社に垣間見れま …

マンション管理会社はストレスの捌け口ではない!

  自分たちの問題なのに管理会社に八つ当たりをしてしまう。マンション管理において、よくある光景ではないでしょうか。 私の管理会社時代にやたら難癖を付けてくる所有者がいて、一方的に文句ばかり言 …

マンション管理会社とマンション管理士の違いについて

  唐突な質問になるのだが、皆さん、マンション管理会社とマンション管理士の違いが分かるだろうか。   東京都が作成している資料の中に「マンション管理ガイドライン」という冊子がある。 …

マンション管理会社は信用しない|これ基本!

  分譲マンションの管理会社は、全国に2,000社以上存在する。大手企業から零細企業まで事業規模は異なるが、管理会社の企業体質というのはどこも同じように思えるのだが… &nbsp …

フロントマンの担当組合数から見えてくるもの

  近年、管理会社のホームページや管理会社変更の際のプレゼン資料などに、「フロントマンの担当組合数を10組合以下とし、徹底した管理体制を構築しています」、そんなフレーズが多く用いられている。 …




 プロフィール

くるみ

くるみ

著者:kurumi

元業界人がマンション管理について本音で語るブログです。

 ブログ内検索
 カテゴリー
 その他の記事