管理組合が変わらない限り、何も変わらない!

管理会社

マンション管理会社にとって煙たい存在!

2017年7月1日

 

マンション管理会社に求められているもの、それは提案力である。マンションのことを一番よく知っているのは管理会社だからである。

改善点、問題点というのは、どのマンションにも必ずある。だが、実際にはこの提案が十分になされていない。

そもそもマンション管理士が創設されたのは、それを補うためである。管理会社の多くはマンション管理士を煙たい存在だと思っている。これは管理組合を支援するNPO法人も同じである。なぜなら、自分たちができないマンションの改善点や問題点を指摘されるのが嫌だからである。

マンション管理会社が誕生して半世紀が経つ、この長い歴史の中でマンションのことよりも自分達の儲けのことしか考えてこなかったから、間違いだらけのマンション管理が形成された。

管理会社はマンションの改善点、問題点を誰よりも熟知している。だが、色んな思惑やしがらみがあるから、結果として多くの問題を棚上げにしてきた。

思惑とは、管理組合を商売として利用することを意味する。しがらみとは、デべロッパーの立場を優先することを意味する。

管理組合を擁護する者などいない。だからNPO法人やマンション管理士が生まれた。だが、その当人たちが本当に管理組合側に立てるのか、当事者である管理組合、そして業界関係者から色んな情報を知り得る中で疑問に思うことが多々ある。

ここでは敢えて語るまい。

自分たちのマンションのことは、自分たちで考える、最後はそこに行き着くだろう。

 

 


 



-管理会社

執筆者:

関連記事

丸投げ管理で得をするのは管理会社だけ!

  マンション管理会社が行う管理業務は、外部(下請け業者)に委託する業務が多い。主に消防設備点検、定期清掃、貯水槽清掃、排水管洗浄、遠隔監視(機械警備)、自動扉保守点検、機械式駐車場保守点検 …

マンション管理会社|専門業務の再委託の裏側にあるもの!

  そもそもマンション管理会社って何のために存在するのだろう? マンションの管理組合の関係者は、まずそこを考える必要があると思う。 管理組合、理事会、個々の所有者、当事者である管理会社&#8 …

マンション管理会社の今後の行く末!

  マンション管理会社は、今後間違いなく淘汰されていく。理由は大きく2つある。 1つは、少子高齢化により新築マンションが減少する。特に新築マンションの管理受注で成り立っている管理会社にとって …

マンション管理|M&Aについて語る

M&Aにも色々ある。マンション管理会社のM&A、これだけは管理組合を愚弄している行為にしか思えない。なぜなら、管理組合を全く無視した企業の都合でしかないからだ。これはあくまで個人的な意見である。 私が …

管理会社のリベートはここにも存在する!

  最近の分譲マンションは、最初から全戸にインターネットが使用できるシステムが導入されている。 システムというより、ブロバイダーとの一括契約という言い方が正しい。 このブロバイダーは、マンシ …

余白




余白

余白

プロフィール

著者:kurumi

元業界人がマンション管理について本音で語るブログです。

閲覧記事ランキング

カテゴリー

アドセンス広告




pagetop