管理組合が変わらない限り、何も変わらない!

管理会社

マンション管理会社にとって煙たい存在!

2017年7月1日

 

マンション管理会社に求められているもの、それは提案力である。マンションのことを一番よく知っているのは管理会社だからである。

改善点、問題点というのは、どのマンションにも必ずある。だが、実際にはこの提案が十分になされていない。

そもそもマンション管理士が創設されたのは、それを補うためである。管理会社の多くはマンション管理士を煙たい存在だと思っている。これは管理組合を支援するNPO法人も同じである。なぜなら、自分たちができないマンションの改善点や問題点を指摘されるのが嫌だからである。

マンション管理会社が誕生して半世紀が経つ、この長い歴史の中でマンションのことよりも自分達の儲けのことしか考えてこなかったから、間違いだらけのマンション管理が形成された。

管理会社はマンションの改善点、問題点を誰よりも熟知している。だが、色んな思惑やしがらみがあるから、結果として多くの問題を棚上げにしてきた。

思惑とは、管理組合を商売として利用することを意味する。しがらみとは、デべロッパーの立場を優先することを意味する。

管理組合を擁護する者などいない。だからNPO法人やマンション管理士が生まれた。だが、その当人たちが本当に管理組合側に立てるのか、当事者である管理組合、そして業界関係者から色んな情報を知り得る中で疑問に思うことが多々ある。

ここでは敢えて語るまい。

自分たちのマンションのことは、自分たちで考える、最後はそこに行き着くだろう。

 

 


 



-管理会社

執筆者:

関連記事

マンション管理会社は信用しない|これ基本!

  分譲マンションの管理会社は、全国に2,000社以上存在する。大手企業から零細企業まで事業規模は異なるが、管理会社の企業体質というのはどこも同じように思えるのだが… 管理会社は …

マンション管理会社のキャパシティは限界?

  管理会社の利点と言えば、マンション管理のあらゆる業務を包括的にサービス提供できることにある。そして多くの管理組合は、このパッケージ化されたサービス(一括発注方式)を利用している。 管理会 …

マンション管理会社について考える!

  マンション管理会社は全国に2,000社以上存在する。企業の多くはマンション管理という業務を主体に事業展開を行っている。 マンション管理会社は、サービス業でありながら通り一遍の仕事を行って …

マンション管理会社に欠けているもの!

  マンション管理会社に欠けているもの、それは管理会社自身がよく分かっていることではないだろうか。この「欠けている」を集約できる言葉、それは「存在意義」である。 私は、管理会社でサラリーマン …

マンション管理会社のリプレイスの裏側には!

  新築の分譲マンションの着工戸数が2007年をピークにその後激減している。それに伴い、ここ数年管理会社のリプレイスの話をよく耳にするようになった。 リプレイスとは、管理会社の変更を指す。 …

余白




余白

余白

プロフィール

著者:kurumi

元マンション業界人がマンション管理について本音で語るブログです。

余白

余白

余白

閲覧記事ランキング

カテゴリー

アドセンス広告




pagetop