管理組合が変わらない限り、何も変わらない!

管理会社

マンション管理会社変更する際のヒアリングって重要!

2018年8月14日

 

マンション管理会社を変えると、そこでマンションの履歴が途絶えてしまう。新たな管理会社が自分たちのマンションの全てを熟知しているわけではない。そこに注意を払う必要がある。



マンション管理を行うには、マンションの修繕履歴などの過去の情報は必須となろう。なぜなら、同じように見えるマンションでも、それぞれにマンション特有の異なる要素が存在しているからだ。

マンションを施工した建設会社は異なるし、設計した建築設計事務所も異なる。その後の修繕方法、修繕時期も同じではない。

立地環境も異なるし、居住者の人口、使用方法、管理組合の考え方、そして委託先の管理会社もマンション毎に異なる。

特に管理会社は、そのマンションの建物や設備のことを誰よりも知っている。そこで重要になるのが「いつどのようなことが起きたのか」、情報履歴というのはマンション管理には欠かせない。

 

本来なら、当事者である管理組合が熟知していなければならない。だが実際には管理会社しか知らないことが多いのではないだろうか。

そこで管理会社を変更するとマンションの情報履歴が途絶えてしまう。新たな管理会社に情報伝達ができなければ、リセットされてしまう。

例えば、漏水事故が起きた際に、マンションの情報履歴を知っていると知らないとでは、対応のスピードが違ってくる。このマンションは給湯配管からの漏水が多い、過去にそのような漏水事故が多発していれば、まずそこから漏水調査を行う。やはり今回も「給湯配管からの漏水だった」ってことが多い。

新たな管理会社がそれを知らなければ、対応に苦慮するだろう。情報履歴の有無は対応に大きく関わってくる。

なので、管理会社を変更する際は、情報履歴は伝達すべきである。故に管理会社にとってヒアリングがとても重要になる。

管理組合の情報履歴はしっかり整備しておく

これもマンション管理には大切なことだと思う。

 

 


 



-管理会社

執筆者:

関連記事

マンションの管理委託料のココが大切!

  マンションの管理会社の見直しを行う際に、管理会社から提出された管理委託料の見積りの合計金額を比較して、その会社の良し悪しを判断されるケースが多いように思える。 A社・・・年額合計500万 …

マンション管理会社とマンション管理士の違いについて

  唐突な質問になるのだが、皆さん、マンション管理会社とマンション管理士の違いが分かるだろうか。 東京都が作成している資料の中に「マンション管理ガイドライン」という冊子がある。ネットでも見れ …

マンション管理会社|管理の委託先をもっと知ろう!

  マンションを買ったときに既に管理会社が決まっている。これに疑問を抱く方はおそらくいないだろう。 ビジネスの社会では、契約の取引先は慎重に選ぶ。そして取引先企業の与信などを調べるのが当たり …

マンション管理会社の視点で未来像を語ってみる!

  私は一からマンション管理会社を立ち上げた経験を持つ。これは自慢話ではない。どちらかといえば「思い出したくもない私にとっての悲劇」である。 その会社は今も淘汰されることなく順調に経営が続い …

丸投げ管理で得をするのは管理会社だけ!

  マンション管理会社が行う管理業務は、外部(下請け業者)に委託する業務が多い。主に消防設備点検、定期清掃、貯水槽清掃、排水管洗浄、遠隔監視(機械警備)、自動扉保守点検、機械式駐車場保守点検 …

余白




余白

余白

プロフィール

著者:kurumi

元マンション業界人がマンション管理について本音で語るブログです。

余白

余白

余白

閲覧記事ランキング

カテゴリー

アドセンス広告




pagetop