管理組合が変わらない限り、何も変わらない!

管理会社

マンション管理会社変更する際のヒアリングって重要!

2018年8月14日

 

マンション管理会社を変えると、そこでマンションの履歴が途絶えてしまう。新たな管理会社が自分たちのマンションの全てを熟知しているわけではない。そこに注意を払う必要がある。



マンション管理を行うには、マンションの修繕履歴などの過去の情報は必須となろう。なぜなら、同じように見えるマンションでも、それぞれにマンション特有の異なる要素が存在しているするからだ。

マンションを施工した建設会社は異なるし、設計した建築設計事務所も異なる。その後の修繕方法、修繕時期も同じではない。

立地環境も異なるし、居住者の人口、使用方法、管理組合の考え方、そして委託先の管理会社もマンション毎に異なる。

特に管理会社は、そのマンションの建物や設備のことを誰よりも知っている。そこで重要になるのが「いつどのようなことが起きたのか」、情報履歴というのはマンション管理には欠かせない。

 

本来なら、当事者である管理組合が熟知していなければならない。だが実際には管理会社しか知らないことが多いのではないだろうか。

そこで管理会社を変更するとマンションの情報履歴が途絶えてしまう。新たな管理会社に情報伝達ができなければ、リセットされてしまう。

例えば、漏水事故が起きた際に、マンションの情報履歴を知っていると知らないとでは、対応のスピードが違ってくる。このマンションは給湯配管からの漏水が多い、過去にそのような漏水事故が多発していれば、まずそこから漏水調査を行う。やはり今回も「給湯配管からの漏水だった」ってことが多い。

新たな管理会社がそれを知らなければ、対応に苦慮するだろう。情報履歴の有無は対応に大きく関わってくる。

なので、管理会社を変更する際は、情報履歴は伝達すべきである。故に管理会社にとってヒアリングがとても重要になる。

管理組合の情報履歴はしっかり整備しておく

これもマンション管理には大切なことだと思う。

 

 


 



-管理会社

執筆者:

関連記事

マンション管理|M&Aについて語る

M&Aにも色々ある。マンション管理会社のM&A、これだけは管理組合を愚弄している行為にしか思えない。なぜなら、管理組合を全く無視した企業の都合でしかないからだ。これはあくまで個人的な意見である。 私が …

マンション管理会社|月次報告書について

  何かの行為を第三者に委任する場合、受任者は事務処理の内容について、委任者に報告する義務がある。(民法645条) 分譲マンションの管理に例えるなら、委任者が管理組合、受任者が管理会社に該当 …

マンション管理会社を変更する際のポイント!

  管理会社を変更したい。でもどうやって進めたら良いのか分からない。     マンションの管理会社を変更したい、もしそれが個人の意見だとすれば、そう簡単には物事は進まない …

マンション管理会社|契約外の業務でも管理会社には義務がある!

  管理会社と管理組合の契約関係は、民法643条の委任契約に属すると考えられ、管理組合が委託者、そして管理会社が受託者という関係にある。 また業務内容の中には、請負契約に属するものがある。清 …

管理会社のリベートはここにも存在する!

  最近の分譲マンションは、最初から全戸にインターネットが使用できるシステムが導入されている。 システムというより、ブロバイダーとの一括契約という言い方が正しい。 このブロバイダーは、マンシ …

余白




余白

余白

プロフィール

著者:kurumi

元マンション業界人がマンション管理について本音で語るブログです。

余白

余白

余白

閲覧記事ランキング

カテゴリー

アドセンス広告




pagetop