管理組合が変わらない限り、何も変わらない!

管理会社

マンション管理会社変更する際のヒアリングって重要!

2018年8月14日

マンション管理会社を変えると、そこでマンションの履歴が途絶えてしまう。新たな管理会社が自分たちのマンションの全てを熟知しているわけではない。そこに注意を払う必要がある。



マンション管理を行うには、マンションの修繕履歴などの過去の情報は必須となろう。なぜなら、同じように見えるマンションでも、施工した建設会社は異なるし、設計した建築設計事務所も異なる。その後の修繕方法、修繕時期も同じではない。

立地環境も異なるし、居住者の人口、使用方法、管理組合の考え方、そして委託先の管理会社もマンション毎に異なる。

特に管理会社は、そのマンションの建物や設備のことを誰よりも知っている。そこで重要になるのが「いつどのようなことが起きたのか」、情報履歴というのはマンション管理には欠かせない。

本来なら、当事者である管理組合が熟知していなければならない。だが実際には管理会社しか知らないことが多いのではないだろうか。

そこで管理会社を変更するとマンションの情報履歴が途絶えてしまう。新たな管理会社に情報伝達ができなければ、リセットされてしまう。

例えば、漏水事故が起きた際に、マンションの情報履歴を知っていると知らないとでは、対応のスピードが違ってくる。このマンションは給湯配管からの漏水が多い、過去にそのような漏水事故が多発していれば、まずそこから漏水調査を行う。やはり今回も「給湯配管からの漏水だった」ってことが多い。

新たな管理会社がそれを知らなければ、対応に苦慮するだろう。情報履歴の有無は対応に大きく影響する。

なので、管理会社を変更する際は、情報履歴は伝達すべきである。故に管理会社にとってヒアリングがとても重要になる。

管理組合の情報履歴はしっかり整備しておく

これもマンション管理には欠かせない。

 

 




-管理会社

執筆者:

関連記事

フロントマンの良し悪しと社内的立場について

  マンション管理会社のフロントマンの良し悪しって、どんなところで判断されるのだろうか。 一般的なフロントマンのチェックポントは以下のとおりだ。 ▶ 管理業務主任者の資格を持っている ▶ 総 …

マンション管理会社のあれこれ!

  管理会社は本業では成り立たない! だから、マンションの維持管理に付随する色んな業務を受注しようとする。 詳しくはこちらの記事👇 ▶ 管理会社の多くは本業では …

管理会社の見積書がまかり通る理由!

  マンションに出入りする工事業者に直接見積りを依頼したら断られる。これはよくある話である。そして次に出る言葉… 「工事の見積もりなら管理会社を通してください。」 マンションに出 …

妨害行為から見えてくる管理会社の素顔!

  妨害行為とは、邪魔をしたり、妨げたりする行為を指すが、この妨害行為がマンション管理の現場でも横行している。 ビジネスにおける妨害行為は決してあってはならない。フェアーでないのはもちろんだ …

マンション管理会社とマンション管理士の違いについて

  唐突な質問になるのだが、皆さん、マンション管理会社とマンション管理士の違いが分かるだろうか。 東京都が作成している資料の中に「マンション管理ガイドライン」という冊子がある。ネットでも見れ …

余白




余白

余白

プロフィール

著者:kurumi

元業界人がマンション管理について本音で語るブログです。

カテゴリー

アドセンス広告




pagetop