管理組合が変わらない限り、何も変わらない!

管理会社

マンション管理会社変更する際のヒアリングって重要!

2018年8月14日

マンション管理会社を変えると、そこでマンションの履歴が途絶えてしまう。新たな管理会社が自分たちのマンションの全てを熟知しているわけではない。そこに注意を払う必要がある。



マンション管理を行うには、マンションの修繕履歴などの過去の情報は必須となろう。なぜなら、同じように見えるマンションでも、施工した建設会社は異なるし、設計した建築設計事務所も異なる。その後の修繕方法、修繕時期も同じではない。

立地環境も異なるし、居住者の人口、使用方法、管理組合の考え方、そして委託先の管理会社もマンション毎に異なる。

特に管理会社は、そのマンションの建物や設備のことを誰よりも知っている。そこで重要になるのが「いつどのようなことが起きたのか」、情報履歴というのはマンション管理には欠かせない。

本来なら、当事者である管理組合が熟知していなければならない。だが実際には管理会社しか知らないことが多いのではないだろうか。

そこで管理会社を変更するとマンションの情報履歴が途絶えてしまう。新たな管理会社に情報伝達ができなければ、リセットされてしまう。

例えば、漏水事故が起きた際に、マンションの情報履歴を知っていると知らないとでは、対応のスピードが違ってくる。このマンションは給湯配管からの漏水が多い、過去にそのような漏水事故が多発していれば、まずそこから漏水調査を行う。やはり今回も「給湯配管からの漏水だった」ってことが多い。

新たな管理会社がそれを知らなければ、対応に苦慮するだろう。情報履歴の有無は対応に大きく影響する。

なので、管理会社を変更する際は、情報履歴は伝達すべきである。故に管理会社にとってヒアリングがとても重要になる。

管理組合の情報履歴はしっかり整備しておく

これもマンション管理には欠かせない。

 

 




-管理会社

執筆者:

関連記事

フロントマンの良し悪しと社内的立場について

  マンション管理会社のフロントマンの良し悪しって、どんなところで判断されるのだろうか。 一般的なフロントマンのチェックポントは以下のとおりだ。 ▶ 管理業務主任者の資格を持っている ▶ 総 …

管理会社の倫理観が低すぎる!

  管理会社は離職率が高い。理由のひとつとして挙げられるのがクレームの多い仕事であること。このように書くと客人である管理組合には失礼になるが、事実なので理解してほしい。 なぜ、クレームという …

マンション管理会社のあれこれ!

  管理会社は本業では成り立たない! だから、マンションの維持管理に付随する色んな業務を受注しようとする。 詳しくはこちらの記事👇 ▶ 管理会社の多くは本業では …

独立系管理会社の素顔が知れる!

    先日、知人のマンションを尋ねた際にエレベーター内の目立つ箇所に書面が貼られていた。私は部外者であるが、目に付く場所にあるから、つい読んでしまう。 「消火器の交換費用について …

マンション管理会社|変更するのは大変?

自分たちの住んでいるマンションの管理会社を変えるには、総会の普通決議(出席者の過半数の賛成)で事足りる。このように書くと容易に変更できると思われがちだが、実際には複雑な問題もあり容易に事が進まない。 …

余白




余白

余白

プロフィール

著者:kurumi

元業界人がマンション管理について本音で語るブログです。

閲覧記事ランキング

カテゴリー

アドセンス広告




pagetop