管理会社

マンション管理会社変更|引継ぎは重要です!

2021年1月27日

 

マンション管理会社を変更する際に注意すべきこと…

そのひとつに、「マンション管理の引継ぎをしっかり行うこと」が挙げられます。

新たな管理会社が自分たちのマンションを熟知しているわけではありません。そこでこの引継ぎの在り方が問われます。今回、この引継ぎの重要性について語らせていただきます。

 

引継ぎの重要性

新たな管理会社への引継ぎが上手になされないと、マンションの管理運営や私生活において支障を来したり、状況によってはトラブルを招きます。いくつか例を挙げます。

管理員業務におけるトラブル

管理員が置かれているマンションでは、何か問題が起きた際に身近にいる管理員に相談したり頼ることもあるでしょう。

そこでトラブル事例として多いのが、前任の管理員と後任の管理員の対応の違いです。それに気付き違和感を覚えるのは、そう身近にいる居住者の皆さんです。

管理会社が変わると管理員の教育指導の在り方や業務仕様も変わります。以前の管理員はやってくれたのに今の管理員はやってくれない。

これは管理員の日常清掃にも言えることです。清掃の範囲や清掃の仕方が以前とは異なるケースにトラブルが潜んでいます。

そこで管理員に話を聞くと、管理会社から指導がなされていなかったり、フロント担当者から「やらなくていい」、そんな言葉が出たりもします。

 

居住者からすれば言い訳にしか映らず、そこに不満が生じ、トラブルに発展したりもします。

なので、業務仕様の確認(ヒアリング)と新管理会社への引継ぎは十分に行う必要がありますし、これまでやってきた業務との相違点があれば、事前に居住者へ周知することも大切です。

特に契約書に記されていない業務の詳細部分には注意が必要です。

 

漏水事故におけるトラブル

漏水事故が起きた際に、過去の情報履歴は必要になります。それを知っているのと知らないとでは対応のスピードが違ってきます。例えば、このマンションは給湯配管からの漏水が多い、過去にそのような漏水事故が多発していれば、まずそこから漏水調査が行えます。

やはり今回も「給湯配管からの漏水だった」ってことが多いのですが、それを知らないと漏水原因に行き着くまで時間が掛かります。これにより被害が拡大したりもします。

 

管理会社が変わると情報が途絶える。そこに注意を払う必要があります。なので、マンションの漏水事故の対応記録なども引継ぎの際には必須です。



管理会社任せは禁物

管理会社同士の引継ぎは書面によるものがほとんどです。そこでは事務的な引継ぎがなされ、解約される方の管理会社は最低限のことしかやりません。そこで十分な引継ぎがなされないのが通例です。

なので、管理組合が次の管理会社に引継ぐ、そして引継ぎに必要な書類や伝達内容を管理組合自身が把握する、この考え方を持つことが大切です。そこに気付けば、日頃の管理の在り方が変わってくると思います。

私たちのマンションは関係ない…

果たしてそうでしょうか?

近年、管理会社からの解約申し入れが増えています。管理会社の合併や事業撤退も増えています。そこで変更を余儀なくされることだって起り得ます。管理会社は知ってても、自分たちは知らない、これが通用しない時代に変わっています。

管理員が現在どのような業務を行っているのか、修繕履歴はきちんと整備されているのか、そこに気付く必要があります。

大規模修繕を実施する時や長期修繕計画を作成する時に修繕履歴は必要になります。詳しくはこちらの記事👇

▶ マンション管理|修繕履歴は一覧にまとめ保管しておくべき!

この修繕履歴の整備を疎かにすると、いざ必要な時に過去の書類を漁り、そこでかなりの時間を費やしますし、書類の紛失にそこで初めて気付いたりもします。そんな状況下で管理会社が変われば知らないことだらけになります。

引継ぎの際は、マンション管理に必要な情報を新たな管理会社に伝達できるよう、前もっての準備は欠かせません。そこで慌てないために、日々の管理の在り方について見つめ直す必要があるかも知れません。

私見になりますが、この記事で何か感じていただければ幸いです。

 








-管理会社

執筆者:

関連記事

マンション管理会社のあれこれ!

  管理会社は本業では成り立たない! だから、マンションの維持管理に付随する色んな業務を受注しようとする。 詳しくはこちらの記事👇 ▶ 管理会社の多くは本業では …

マンション管理会社はブローカー業

  ブローカーとは仲介人、仲立人を指す。 不動産会社は土地や建物などの不動産を紹介して手数料を得る。この仲介が本業である。そして管理会社というのは、その不動産会社の子会社もしくは別部門で設立 …

管理委託料の内訳から見えてくるもの!

  昔は、管理委託料の内訳のない合計額しか記載されていない「管理委託契約書」が実情として多く存在した。マンション管理適正化法が2001年8月1日に施行され、2003年4月9日に国土交通省から …

マンション管理会社|フロントの担当物件数の減少傾向、その裏側には!

  マンションの管理会社に管理を委託する場合、そのマンションを担当する「フロントマン」が存在する。 フロントマンの役割は、管理会社の総合窓口役として、そのマンションの所有者および居住者の相談 …

マンション管理会社の苦悩…

  私の知人にはマンション管理会社の関係者が多い。長らくマンション管理業界にいたから、年齢的に管理職や役員の肩書を持った方が多い。その知人らとの会話する中でよく耳にするのが「社員が育たない」 …




 プロフィール

くるみ

くるみ

著者:kurumi

元業界人がマンション管理について本音で語るブログです。

 ブログ内検索
 カテゴリー
 その他の記事