管理組合が変わらない限り、何も変わらない!

マンション管理組合

管理組合|役員の選出と選任について

2018年1月14日

 

分譲マンションには「管理組合」という組織が存在し、この組織の管理規約によって定められた役員が置かれている。

この役員は、「理事」と「監事」の二つに分かれ、通常総会の開催前に各役員の候補者を選出して、通常総会で選任されることになる。

この役員の決め方については、管理規約に規定されているのだが、私が管理会社時代に間違った選任の仕方をよく見聞きした。具体例を挙げてみる。

<第〇期/役員候補者>

201号 佐藤 〇〇氏
301号 鈴木 〇〇氏
401号 高橋 〇〇氏
501号 田中 〇〇氏
601号 伊藤 〇〇氏

役員の候補者が選出され、通常総会時に上記の5名が選任(承認)され、後日、当事者間の話し合いにより役職を決めるケースである。

どこが間違っているのか、お分かりいただけるだろうか。



マンションの管理規約の多くは、国土交通省が雛型として作成している「マンション標準管理規約」に準じて作成されているのだが、この規約の第35条第2項、第3項にこのような記述がある。

マンション標準管理規約第35条(役員)

2 理事及び監事は、組合員のうちから、総会で選任する。
3 理事長、副理事長及び会計担当理事は、理事のうちから、理事会で選任する。

この規定が置かれているマンションでは、監事は総会で選任することになるから、監事の候補者が誰なのか決める必要がある。そして、後日の理事会で決めれるのは、理事役員のそれぞれの「役職決め」ということになる。

実務における間違いとして意外と多く見受けられる。

例えば、601号の伊藤氏が監事に選出された場合は、総会議案書の役員候補者の記載内容は以下のようになる。

<第〇期/役員候補者>

201号 佐藤 〇〇氏 理事
301号 鈴木 〇〇氏 理事
401号 高橋 〇〇氏 理事
501号 田中 〇〇氏 理事
601号 伊藤 〇〇氏 監事
※理事の役職は後日理事会で決定します。

理想を言えば、総会前に理事の全ての役職を決めて総会で承認を諮ることが望まれる。これなら異論はでないだろう。それに後日の理事会の開催(理事役員の役職決定)が遅くなれば困るのは前役職者たちである。

役員の任期について、マンション標準管理規約第36条第3項にこのような記述がある。

マンション標準管理規約第36条(役員の任期)

3 任期の満了又は辞任によって退任する役員は、後任の役員が就任するまでの間引き続きその職務を行う。

赤字の「後任の役員が就任するまで」、この解釈は人によって異なるだろう。ここでいう後任の役員とは、ただ単に役員のことを指すのか、それとも役職まで含めるのかである。就任、そして職務という言葉があるから、役職者のことを指すのだろう(自己解釈)。

解釈が異なれば揉める要因になるし、特に役員の引継ぎの時期が不明確になっては、前役員が困るだろう。

なので、通常総会時に役職まで含んだところの役員選任(総会承認)が理想である。

<第〇期 役員候補者>

201号 佐藤 〇〇氏 理事長
301号 鈴木 〇〇氏 副理事長
401号 高橋 〇〇氏 会計担当理事
501号   田中 〇〇氏 理事
601号 伊藤 〇〇氏 監事

私の住んでいるマンションでは、2年任期の半数改選、そして輪番制になっているのだが、通常総会の直前に開催される理事会で、次期役員候補者に出席してもらい、そこで役職決めを行っている。なので、管理規約もそれに合せて変更している。

管理規約/役員

2 理事(役職を含む)及び監事は、組合員のうちから、総会で選任する。
3 理事長、副理事長及び会計担当理事は、理事候補者のうちから、理事会で選任する。
4 役員候補者は、輪番制により選出するものとし、自薦を妨げない。但し、自薦により役員に立候補する組合員は、当期の前期末までに書面により申し出るものとする。

管理規約/役員の任期

3 任期の満了又は辞任によって退任する役員は、後任の役職者が就任するまでの間引き続きその職務を行う。

自薦を容認する管理規約に変更しているし、そして、役員候補の関係者が集まる理事会だから、再任についての話し合いができる。

ちなみにこの再任については、マンション標準管理規約ではこのような記述になっている。

マンション標準管理規約第36条(役員の任期)

第36条 役員の任期は○年とする。ただし、再任を妨げない。

マンション管理規約は、管理会社時代に原始規約の作成から既存規約の見直しまで嫌になるほど携わってきた(笑)。ひとつを変更すれば、どこかに矛盾が生じたりもする。管理規約というのはとても厄介である(笑)。

自分たちの管理規約は、自分たちのマンションの実情に見合ったものに変える必要がある。特に揉めると管理規約というのは引き合いに出されるから、矛盾だけは避けたい。

追記になるが、輪番制は、各階の横並びで選出するのではなく、各階から1名ずつ縦割りで選出する方法がベストである。例えば、低層階と高層階とでは、エレベーターの必要性(利用価値)は異なるだろうし、階毎の意見というのは貴重だからである。

 

<関連記事>

管理組合の運営で欠かせないのが継続性

マンション標準管理規約と比較してみよう!

 

 


 



-マンション管理組合

執筆者:

関連記事

マンション管理組合|理事会に与えられた使命とは!

  マンションの良し悪しは管理会社で決まる。この言葉をよく見聞きするのだが、確かにそれも一理あると思う。だが、管理組合という存在がありながら、管理会社にその良し悪しを決められては本末転倒にな …

マンション管理組合運営は国の政治と同じ!

  マンション管理組合の管理運営は、国の政治とよく似たところがある。 それは、生活する上で必要なことだと分かっていても、あまり関心を持たないという点だ。 無関心さの理由のひとつに、物事の取決 …

マンション管理組合|総会・理事会はこうあるべき!

  分譲マンションには、マンションの管理運営を行うために管理組合という組織がある。 その管理運営に関わる物事の取決め、そして予算、決算、役員選任などを審議する場が総会である。総会は、最高意思 …

マンション管理組合|自主性を持つことの必要性!

  「マンション管理は自主性を持つことが必要!」、よく耳にする言葉なのだが、この自主性とはどういうことなのか、今回これについて語る。   分譲マンションと賃貸マンションの違い 分譲 …

みんながいるから安心して暮らせる、それがマンションの良さ!

  マンションに長く住んでいると気付くことがある。一つ屋根の下に共に暮らすたくさんの人たちがいるってこと。 私はマンションに20年以上住んでいるのだが、顔なじみの住人たちと毎日たわいのない挨 …

余白




プロフィールタイトル

著者のプロフィール

02[1]

02[1]

はじましてkurumiと申します。
マンション管理業界、建設業界の裏側を知っていただきたい。そして問題意識をもっていただきたい。元業界人が本音で語るブログサイトです。

バナー画像

バナー画像

おすすめ記事タイトル

著者のおすすめ記事

余白

サイドバナー1

サイドバナー1

余白

サイドバナー12

サイドバナー12

人気記事タイトル

人気記事ベスト10

余白

余白

余白

カテゴリータイトル

カテゴリー

アドセンス広告




ブログランキング参加中/タイトル

ブログランキング参加中

余白

マンション管理バナー

マンション管理バナー2

pagetop