管理組合が変わらない限り、何も変わらない!

総会・理事会

マンション管理組合|多数決原理の問題点!

2017年12月29日

 

マンション管理組合の総会、理事会の決議に際しては、多数決原理が採用されている。数で物事が決まるということだが、前提として十分な議論が採決する前には欠かせない。

多数決原理の問題点は、少数派の意見が抑圧されるという点にある。それと多数決の意見は正しい、この考え方に陥りやすい。

色んな議題に関して、ときには多数派の中に入ることもあるし、ときには少数派の中に入ることもある。自分が少数派の中にいるときに、もしそれが正しくはないと否定されるとしたら、きっと多くの方は腑に落ちないだろう。

 

多数決による採決というのは、あくまで最終手段に過ぎない。だがしかし、事務的に総会・理事会の議事が執り行われている感は否めない。

難しい議題に関して、理事会で十分な議論がなされないと総会で揉めることが多い。そこで強行採決ともなれば、納得のいかない区分所有者が増える。この繰り返しで管理組合運営がなされるとコミュニケーション、共通認識の合意など図れるはずもない。



理事会の存在意義

様々な事案について、最善策を考えるために理事会は存在する。なので、理事会では十分な検討、そして議論は欠かせない。

 

後に総会を開催するのであれば、総会シーンをイメージすることも必要になるだろうし、想定される意見の把握、場合によってはアンケートを実施して意見集約も必要になる。そして、理事会で協議した議事の情報開示も重要になる。そのために理事会議事録が存在し、区分所有者に配付してその事案について知ってもらう。

これがもし管理会社主導で行われる理事会だとしたら、それは何の意味も持たない。管理会社の意思に従うと後で痛い目に遭う(笑)。そこには理事会の意思が必要になる。

総会で色んな意見が出る。そして収拾がつかなくなり物事が決まらず、継続審議となる。そんな光景を管理会社時代に見てきたが、その多くが管理会社主導の結果の事象である。逆に理事会主導で十分に議論された議題では、総会で揉めることはほとんどない。

管理会社の視点と管理組合の視点の違いはそこにある。

理事会で尽くした議論は、総会での議論を集約させる効果を持つ。だから、実際のところ意見は少ないし、理事会で十分議論されたことに敬意を払う方も意外と多くいらっしゃる。

理事会の存在意義はそこにあると思う。

 

多数決原理の問題点

マンションに長く住んでいると色んな問題に出くわす。中には難題もあるだろう。その問題の解決に向けて大切なことは「議論を尽くす」「少数派の意見を尊重する」、この2つが必要だと思う。

多数決原理を事務的に用いるとすれば、そこにはきっと「嫉み」「僻み」「敵対心」などの後退的な感情が生まれ、それを拭いきれなければ、管理組合運営の足枷になるだろう。

 

集団組織というのは、ひとたび結束すれば良い方向に流れるのだが、一歩間違えば本当に怖い存在になり得る。

それ故にマンション管理組合にはコンセンサスが必要不可欠である。

 

 

 


 



-総会・理事会

執筆者:

関連記事

マンション管理組合|総会の書面決議について

  多くのマンションでは、総会において書面による議決権行使を採用している。各議題の賛否を書面によって行使するという方法は、一見すると合理的な方法に思えるが、果たして良い方法と言えるのだろうか …

管理組合の総会・理事会が長引く理由!

  先週の日曜日、私の住むマンションで民泊の是非を話し合うための理事会が開催された。一般組合員も自由参加となる理事会(公開理事会)であったが、今の理事長からオブザーバーとして理事会に是非出席 …

マンションの総会で物事が決まらない理由!

マンションの管理組合の総会では、そこで色んな話し合いが持たれるわけだが、最終的に物事を決める場でもある。 マンションによっては、物事が決まらず「次回へ持ち越し」なんてことも状況によっては起り得る。物事 …

管理組合毎に総会のやり方は異なる!

  マンションの管理組合では、毎年総会という会合が開かれている。この会合のことを一般的に「通常総会」と呼ばれている。マンションによっては「定例総会」という言葉を用いたりしている。 私は管理会 …

マンション管理組合|理事会がやるべきこと!

  マンションの良し悪しは何で決まりますか? 唐突な質問になるのだが、この回答は人それぞれに異なるだろう。 管理会社と答える方もいらっしゃるだろうし、そのマンションの管理組合、そのマンション …

余白




余白

余白

プロフィール

著者:kurumi

元マンション業界人がマンション管理について本音で語るブログです。

余白

余白

余白

閲覧記事ランキング

カテゴリー

アドセンス広告




pagetop