管理組合が変わらない限り、何も変わらない!

総会・理事会

マンションの理事会を上手に運営するに必要なこと!

2018年5月3日

 

私が理事長に就任していたとき、仕事との両立が大変だった。第1期から第3期まで理事長を経験させてもらったが、今思えば「よく3年間も続けられたなぁ」とふと感じる。

正直途中で投げ出したくなることが多々あった。当時は不慣れで管理組合の運営、マンションの管理の実務などやったことがないから分からないし、色んな意見がそこにあったり、時には同じ所有者から文句を言われたり、横並びという立場で話し合うことの難しさを肌で感じた。

間違いだらけの新築マンションを購入したばかりに、入居して半年後に推薦で理事長に就任する破目になったわけだが、最初は1期で終わるはずが2期3期と続けることになった。

(詳しくはこちら👇)

理事長の経験から学び得たこと

 

休みの日は理事会で潰れることが多かったし、帰宅後すぐに理事会に参加することが多々あった。そんな多忙の中で約3年間続けられたのは、ひとえに他の所有者の皆さんからの「ねぎらいの言葉」があったからに他ならない。

「マンションのためにありがとう」

「お疲れまです」

「ご苦労様です」

短い言葉ではあるが、私にとって励みになった言葉の数々…



理事のなり手がいない、そんな声を色んなところで耳にするのだが、そもそも理事役員が何号室の誰なのか知らない方が多いから、感謝とかねぎらうという発想自体が生まれない。

理事の認知度が低い、そこには、理事の役割とか仕事ぶりは知り得ないし、仕事に関心を持つことができず、無関心さを更に助長させる。そうなれば悪循環の一途を辿ってしまう。

中には議事録を作成しないマンションが存在するのだが、それでは理事会の開催意義が薄れてしまう。なので理事会活動をしっかり所有者の皆さんに伝達することが重要だと思う。

理事会の議事録とか理事会の広報誌とかを使って、理事会の活動内容を所有者の皆さんに知らせることで理事の役割というのが知れたりもする。

理事会の活動内容を知る、そして「ねぎらいの言葉」、理事会運営に欠かせないものなのかも知れない。

「ありがとう」の言葉が飛び交うマンション

これこそが理想のマンションなのかも知れない。

 

 

 


 



 

-総会・理事会

執筆者:

関連記事

マンションの管理組合総会|議事進行の在り方について問う!

  管理組合の理事長は、総会時に議長を努めることになります。これは管理規約によって定められています。 マンション標準管理規約第42条(総会) 第5項 総会の議長は、理事長が務める。 &nbs …

マンション管理組合|多数決原理の問題点!

  マンション管理組合の総会、理事会の決議に際しては、多数決原理が採用されている。数で物事が決まるということだが、前提として十分な議論が採決する前には欠かせない。 多数決原理の問題点は、少数 …

管理組合の総会・理事会が長引く理由!

  先週の日曜日、私の住むマンションで民泊の是非を話し合うための理事会が開催された。一般組合員も自由参加となる理事会(公開理事会)であったが、今の理事長からオブザーバーとして理事会に是非出席 …

管理組合役員の選出方法|階の縦割り、横割り、どの方法がいいの?

  管理組合の役員を決める際、一般的に「輪番制」という方法が用いられていますが、役回りは平等に、この考え方が根底にあります。 しかしながら、輪番制と言っても具体的にどうやって決めるのか、そこ …

総会・理事会の会場設営には工夫が必要!

  私はこれまで多くの管理組合の理事会、総会に出席させていただいた。おそらく1,000回は超えていると思うが、有意義な会議、意見が纏まらない会議、無意味と思える会議、そこには色んな会議(議事 …

余白




余白

余白

プロフィール

著者:kurumi

元業界人がマンション管理について本音で語るブログです。

カテゴリー

アドセンス広告




pagetop