管理組合が変わらない限り、何も変わらない!

総会・理事会

マンション管理組合|話し合うって!

2018年3月16日

 

ビジネスの世界でよく使われている「PDCAサイクル」というマネジメント手法がある。

 

 

品質の改維・向上、継続的な事業活動の改善を推進するマネジメント手法になるのだが、このPDCAサイクルは、マンション管理組合においてごく自然に用いられている。

Plan(計画)

当期の事業計画や収支予算、長期修繕計画、修繕工事を行うための資金計画、マンションの問題点などの課題(議案化)など

Do(実行

当期の事業計画、収支予算に沿った各業務の執行、掲げた課題についての取り組みなど

Check(結果・評価・点検)

理事会による月次報告書のチェック、監事による監査、総会における当期の事業報告並びに決算報告、議案化された課題の採決など

Action(対策・改善)

当期の事業結果や決算内容に基づく改善、新たな課題の創出など

これは個人的に気付いたことを書いているのだが、突き詰めて考えると他にも色んなことが出てくるだろう。

いずれにも欠かせないもの、それは「話し合い」である。中には単独で行える作業(監査、月次報告書のチェックなど)もあるのだが、多くは話し合いが持たれる。



計画を立てるにしても、それを実行するにしても、結果を確認するにしても、対策を講じるにしても、それが管理組合の場合、単独では行えないから、当然そこには話し合いとか確認し合うという作業が必要になろう。

マンションの管理運営はPDCAサイクルに沿って、この繰り返しがなされている。

だが、そこに話し合いという大切なものが欠けてしまうと、中身が伴わない単なる形式的な管理運営になってしまう。特にアクション(対策・改善)がなされないまま、それが繰り返されると、結果として住みづらい、後悔だらけのマンションと化してしまう。

マンションの知識が無いから話し合いに躊躇される方も中にはいらっしゃるかも知れないが、管理会社に管理を委託されているマンションであれば、その知識を補うためにフロント担当者が会合に同席している。

なので、何か分からないことがあれば、身近にいるフロント担当者に尋ねればいいし、話し合いを重ねる毎にマンションに関する知識というのは深まっていくと思う。

実情として、理事会や総会に出席されない方が意外と多くいらっしゃる。自分たちのマンションのことを話し合う大切な機会なのに参加しない。とても残念に思える。

自分は何もしない…

誰かがやってくれる…

果たしてそれで良いのだろうか…

勝手なことを言っているように聞こえるかも知れないが、一方では真面目に会合に出席されている方がいらっしゃる。貴重な時間を割いて話し合いに参加されている。自分のマンションのことだからと真剣に考える人や問題解決に頭を抱える人たちがいらっしゃる。

一人よりも二人、二人よりも三人、話し合いに多く人が集まることで色んな意見がそこにあって、色んなアイデアがそこで生まれたりもする。皆さんで知恵を出し合って難題を解決できたりもするだろう。

そこに話し合いの意義があると思う。

 

 


 



-総会・理事会

執筆者:

関連記事

管理組合の総会・理事会が長引く理由!

  先週の日曜日、私の住むマンションで民泊の是非を話し合うための理事会が開催された。一般組合員も自由参加となる理事会(公開理事会)であったが、今の理事長からオブザーバーとして理事会に是非出席 …

サイレントマジョリティでは何も変えられない!

  マンション管理組合の総会時に議長から「何か質問や意見はないですか?」、その問いかけに対し、意見を言える人ってどれだけいるのだろう。 ▶ 周りの目が気になる… & …

管理組合|参加することに意義がある!

  自分たちのマンションは自分たちで考える。 自分たちのマンションは自分たちで育む。 とても大切なことだと思う。 マンションは苦労して手に入れたものだからそれなりに愛着はある。今も何かと苦労 …

マンション管理組合|総会・理事会はこうあるべき!

  分譲マンションには、マンションの管理運営を行うために管理組合という組織がある。 その管理運営に関わる物事の取決め、そして予算、決算、役員選任などを審議する場が総会である。総会は、最高意思 …

マンションの総会は文句を言う場ではない!

マンションの総会で文句ばかり言う人がいる。「だったら、自分でやってみれば!」、そんな風に感じたりもする。 マンション管理というのは本当に難しい。そこには色んな価値観とかそれぞれに性格が異なるから、話し …

余白




余白

余白

プロフィールタイトル

著者のプロフィール

著者:kurumi

元マンション業界人がマンション管理について本音で語るブログです。

余白

余白

余白

人気記事ベスト10

カテゴリータイトル

カテゴリー

アドセンス広告




pagetop