マンション管理 管理組合

マンション管理組合|チェック機能って大切だよね!

2019年8月21日

 

マンション管理に欠けているもの、それはチェック機能だと思います。

マンション管理は管理会社が行うものではありません。管理組合が主体性をもって行うものです。しかし実際には、管理会社に負んぶに抱っこ状態と化し、そこで大切なチェック機能が失われています。

 

建物・設備の点検業務を専門業者に依頼する、管理費などの徴収、経費の支払いなどの業務を管理会社に依頼する、そこまでは良いのですが、その結果に対するチェック(精査)が十分になされていないように思えて止みません。

チェックが十分でないと後に行き違いや決算書のミス、滞納放置などが発生し、特にお金のチェックを疎かにすると不正は起こり得ます。管理会社による横領事件が頻発していますが、管理会社任せの結果がこれです。この反面教師から得られるものは、管理組合側のチェック機能の重要性です。

管理会社は契約に基づく業務は行いますが、チェックするという意識は低い、だから管理組合とよく揉めるんです。要するにチェックは管理組合の仕事だと位置づけています。

しかしながら、チェックの必要性を誰も説かない、教えない、そこに問題があるように思えます。それを説明してあげるのが身近な管理会社の役割だと思いますが、チェックされると困るので口にしたがらない、それが実情かと思います。



チェックとは「良し悪しの判断」になりますが、管理会社から点検結果の報告書を毎月提出されても、そこに説明がなければ判断のしようがありません。十分な説明がないまま管理会社の見積書だけが提出されている感は否めません。

委託した業務内容をチェックするのは管理組合の役割です。実務的には理事会がその役割を担います。チェックを行い、問題があればそれを正す。この繰り返しで適正なマンション管理が行えます。

 

チェックを疎かにすると、問題が棚上げされたり、小さな事が後に大きくなったりもします。そこでお金が余計に掛かることだって起り得ます。それを解決するための労力も増します。

チェックというのは本当に大切です。それを誰かがやってくれたりはしません。その「誰」を明確に決めておく必要があります。

 








-マンション管理, 管理組合

執筆者:

関連記事

マンション管理の考え方!

  マンション管理の目的は、建物・付帯設備の健全化と長寿命化、そして安全性・快適性・利便性を追求する、これらが目的としてある。 その目的を達成させるために必要になってくるもの、それは「資金」 …

マンションの不在組合員協力金は取るべき?

  不在組合員(非居住の組合員)に対して、管理費とは別に協力金(負担金)を徴収することは可能である。ただし、その必要性、かつ、合理的な範囲内であることが前提となる。(最高裁判決:平成22年1 …

マンションの管理組合役員の高齢化について考える!

  築30年以上のマンションでは、当初から所有されているオーナーたちも相応に年を重ねるから、管理組合役員の平均年齢が70歳以上というマンションも存在するだろう。 役員の成り手がいない、特に高 …

マンション管理|電磁的方法が普及しない理由

  現代社会において、電子メール、インターネットというのは無くてはならない存在である。もし仮に、今それがなくなるとしたら、きっと多くの方が困るだろう。 それだけ人々に普及しているということだ …

マンション管理|時間をお金に変えるという発想は大切だよね!

    皆さん、お金と時間のどちらを大切にしてますか?   両方と答えた方は、かなり欲張りな方ですね(笑)。   私は、今は時間の方を大切にしています。   3年前にひとり息子が我が家から巣立ち、今は …




 プロフィール

くるみ

くるみ

著者:kurumi

元業界人がマンション管理について本音で語るブログです。
登場人物 ☞ 鬼嫁がたまに出てきます(笑)

 ブログ内検索
 カテゴリー
 その他の記事