管理組合が変わらない限り、何も変わらない!

管理組合

マンションの不在組合員協力金は取るべき?

2018年4月7日

 

不在組合員(非居住の組合員)に対して、管理費とは別に協力金(負担金)を徴収することは可能である。ただし、その必要性、かつ、合理的な範囲内であることが前提となる。(最高裁判決:平成22年1月26日

私の住んでいるマンションでは、居住組合員と不在組合員との不公平を是正するために6年前から不在組合員協力金2,000円(月額)を徴収している。

総会の議案書や議事録、請求書などの様々な書類をマンションに住まれていない場合、別途指定先へ送る必要がある。そこで手間と費用が掛かる。また、不在組合員は管理組合の役員は免除になっているため、その不公平を解消するために徴収しているわけだが、この取り決めにあたって、不在組合員から特に反論は出なかった。

最高裁の判決が示されてから8年という年月が経過しているわけだが、これを機に協力金を徴収する管理組合は少なくないと思う。

近年、マンションの賃貸比率は横ばい状態が続いているのだが、賃貸比率が高まれば、不在組合員が増え、この協力金を徴収することは困難になるだろう。何事も早めが肝心である。

個人的には、居住と不在では組合運営に関わる負担は大きく異なるから、不公平感をなくすために別途徴収すべきだと考える。特に大規模修繕においては、修繕委員会、理事役員ともにかなりの時間と労力を費やす。また、マンションの経年により修繕が増え、総会、理事会における話し合いの機会が増える。

 

この協力金を徴収するからには、管理組合や理事会がきちんと機能していること、これが必須と言えよう。

 

 


 



-管理組合

執筆者:

関連記事

マンション管理組合運営は国の政治と同じ!

  マンション管理組合の管理運営は、国の政治とよく似たところがある。 それは、生活する上で必要なことだと分かっていても、あまり関心を持たないという点だ。 無関心さの理由のひとつに、物事の取決 …

独りの意見に振り回される管理組合

  寄らば大きな声 大きな声、それに感化される人、そして出る杭を陰ながら批判する人もいるだろう。 ここで言う「大きな声」とは、自己主張のことである。 分譲マンションの管理、管理組合運営は容易 …

マンション管理組合|外部の専門家の活用について

  2016年3月14日、国土交通省より「マンションの管理の適正化に関する指針(マンション管理適正化指針)」、そして「マンション標準管理規約」の改定が公表された。 この改正においては、「外部 …

管理組合の形骸化、もうひとつの理由!

  マンションの中には、個々の所有者がマンション管理に全く関心を持たず管理会社に任せっきりにしている管理組合も存在する。 マンション管理を行うのは誰なのか、これを完全に履き違えている。だから …

マンション管理組合運営はココが大事!

  マンションの管理運営で重要なのは主役の認識である。多くのマンションは管理会社が主役、管理組合が脇役になっている。これは本末転倒である。 マンション=管理組合、これは不変であるが、管理会社 …

余白




余白

余白

プロフィール

著者:kurumi

元マンション業界人がマンション管理について本音で語るブログです。

余白

余白

余白

閲覧記事ランキング

カテゴリー

アドセンス広告




pagetop