管理組合が変わらない限り、何も変わらない!

総会・理事会

マンション管理組合|総会・理事会はこうあるべき!

2017年5月16日

 

分譲マンションには、マンションの管理運営を行うために管理組合という組織がある。

その管理運営に関わる物事の取決め、そして予算、決算、役員選任などを審議する場が総会である。総会は、最高意思決定機関であり、区分所有者(組合員)全員が参加する。

総会の決議事項を遂行する、そして日常の管理運営業務を遂行していくのが理事会という組織だ。この理事会は管理組合を代表する役員で構成されている。この役員は管理組合の区分所有者の中から選出される。

マンションの管理運営を上手に行っていくために必要なことがある。その要となるのが理事会だ。理事会の活動状況によってマンションの良し悪しが決まるといっても過言ではない。



本末転倒の実務

理事会が全く開催されていない、総会前に開催される1回のみ、このようなマンションは、おそらく管理会社主導型のマンションであろう。

理事会というのは、マンション管理運営に関わる問題などを話し合う場でもある。問題意識を持てば、課題がたくさん生まれる。課題のないマンションなどこの世に存在しない。

理事会が余り活動していない管理組合では、総会の時に意見が多い、時間も掛かる、そして物事が決まらない、このようなケースが多い。

理事会が手薄になると総会が上手くいかない、私がこれまで数多くの管理組合と接してきて、そこから学んだことだ。

理事会とは管理組合を代表する立場にある。自分達のマンションの色んな問題点を見出す、既に存在している問題点、それを解決するために存在するのだ。そしてマンションをもっと良くしていこう、それを実現するための課題も生まれ、話し合いの場が増える。

そう考えると理事会を全く開催しない、年1回の開催、この開催頻度の少なさに疑問を感じるであろう。

面倒だから管理会社がやってくれる、この考え方を皆さんが同じように持つと、マンションの自主性がなくなり、自分達のマンションでありながら、他人が支配するマンションと化す。

管理会社主導の管理は、住まう方の負担が増し、結局はマンションをダメにする。私がこれまでの25年間、マンション業界で学び知り得た真実だ。

理事会役員になったら、このことを思い出してほしい。

 

 


 



-総会・理事会

執筆者:

関連記事

管理組合毎に総会のやり方は異なる!

  マンションの管理組合では、毎年総会という会合が開かれている。この会合のことを一般的に「通常総会」と呼ばれている。マンションによっては「定例総会」という言葉を用いたりしている。 私は管理会 …

マンションの総会は文句を言う場ではない!

マンションの総会で文句ばかり言う人がいる。「だったら、自分でやってみれば!」、そんな風に感じたりもする。 マンション管理というのは本当に難しい。そこには色んな価値観とかそれぞれに性格が異なるから、話し …

マンション管理組合|話し合うって!

  ビジネスの世界でよく使われている「PDCAサイクル」というマネジメント手法がある。     品質の改維・向上、継続的な事業活動の改善を推進するマネジメント手法になるの …

理事会の招集は理事長が行うべき!

  輪番制を採用しているマンションでは、持ち回りで役員が回ってくる。役員の任期は1年もしくは2年が一般的であるのだが、そこで開催される理事会の開催頻度は、それぞれのマンションで異なる。 年1 …

サイレントマジョリティでは何も変えられない!

  マンション管理組合の総会時に議長から「何か質問や意見はないですか?」、その問いかけに対し、意見を言える人ってどれだけいるのだろう。 ▶ 周りの目が気になる… & …

余白




余白

余白

プロフィール

著者:kurumi

元業界人がマンション管理について本音で語るブログです。

閲覧記事ランキング

カテゴリー

アドセンス広告




pagetop