管理組合が変わらない限り、何も変わらない!

マンション管理

マンション管理|アンケート実施に際しての注意点!

2017年6月13日

 

理事会で協議する際に、区分所有者の意見や現状を把握するためにアンケートという方法を用いるケースがある。

▶ 判断材料として、他の区分所有者の意見を聞きたい。
▶ 今後の動向が知りたい。
▶ 自転車の世帯毎の保有台数が知りたい。

特に一番上の判断材料、これがアンケートで最も利用されている。書面により皆さんの意見が聞けるから合理的な方法と言える。

 

アンケートの回収率は低い

アンケートというのは便利な手法なのだが、実際に行ってみると回収率はかなり低い。アンケートの目的にもよるが回収率は3割から4割程度である。これは私の経験則によるものだ。

アンケートを提出される方と総会に出席される方が同じに思える。ここでも偏った意見になりがちだ。

判断材料という趣旨のアンケートであれば、幅広い意見を聞くことが本旨であり、回収率が低ければ結果は偏ったものとなる。

アンケートというのは強制ではない。だが無関心でも困る。

通常、アンケートは管理会社が作成している。そして回収も管理会社に任せている。果たしてアンケートの催促というのは行われているのだろうか。

管理会社は、アンケートの提出期限日の翌日に郵便ポストの中の用紙を回収し、それを理事会に提出しているだけに過ぎない。これが3割から4割という結果の数字である。

アンケートを行う際には、回収率を上げる努力を理事会は行うべきだと思う。管理会社にマンション管理を委託しているのであれば、回収率を上げるための工夫を管理会社と話し合って実行すれば回収率は間違いなく上がる。

私は管理会社時代に9割以上の回収を行ってきた。未提出者宅へ1件1件訪問していた。たかがアンケートと思われるかも知れないが、理事会はマンションのために時間を労して話し合いを行っている。その陰の努力を知れば協力しない区分所有者は存在しない。



アンケート用紙のポイント

アンケートには、「はい」「いいえ」の回答を用いる場合がある。中には「どちらでもない」を入れる場合もある。

「はい」「いいえ」のみの回答だと記入されないケースが多い。これでは問いかけの意味をなさない。

私は「どちらでもない」を敢えて入れるようにしていた。日本人は意外と優柔不断な方が多い(笑)。これは冗談だが、質問されても判断できないという人が多いのが実情である。

それと、この3つの回答の下に理由欄を設けた。未記入のケースが多いが、この欄を設けることで回答した理由(貴重な意見)が聞けるのだ。賛成意見、反対意見、どちらでもない理由。

アンケートであっても号室・氏名欄は必ず設けるようにする。匿名にすると誹謗中傷など常識外れの意見が書かれることがある。そんな意見はアンケートには必要ない。

提出期限日は配付日から土日を挟む1週間が理想だ。提出期限日を長めに設定すると「後で記入」が「忘れる」に変わる。

 

アンケートを行う上での礼儀

アンケートを行う上で忘れがちなことがある。それは集計結果の報告だ。

理事会でアンケート結果を踏まえ、協議することになるが、その理事会の議事録に集計結果の報告を盛り込むことが大切だ。

この報告を忘れると後の総会時に苦情を言われるケースが見受けられる。強制力のないアンケートに協力してもらうからには、結果の報告はしっかり行う。これが礼儀だと思う。

これはあくまでも個人的な意見なので参考にしていただければ幸いです。

 

 

 


 



-マンション管理

執筆者:

関連記事

マンション管理とは

  何のためにマンション管理を行うのか。 快適な暮らし、安心できる住まい、資産価値を高める、色んな目的がそこにはある。 何のために管理組合は存在するのか。 それを具現化するために存在する。 …

マンション内の掲示板・貼り紙のあれこれ!

  マンション内の掲示板や各所に貼られている貼り紙の中には、マンションの内情が記されたものがある。 ▶ 居住者のマナーについて ▶ マンション内の騒音について & …

マンションの共用と専用の所有区分は明確に!

  マンションには共用部分と専有部分の2つがある。マンション内にあるもの全てがいずれかに該当する。共用部分の管理は管理組合が行い、専有部分の管理は各所有者が行う、これがマンション管理の基本的 …

マンション管理の予防保全と事後保全について

  マンション管理に「維持保全」という言葉がある。維持保全とは、マンションの安全性を維持する、そんな意味で使用されているのだが、建物や設備の修繕、設備の保守点検、財産管理などがそれに該当する …

マンション管理の難しさ

  マンション管理というのは難しい。 互いに価値観の違う所有者がマンション管理を行うことに限界を感じることもあるだろう。     戸建住宅なら何も気を遣う必要もない。お金 …

余白




余白

余白

プロフィールタイトル

著者のプロフィール

はじましてkurumiと申します。
マンション管理業界、建設業界の裏側を知っていただきたい。そして問題意識をもっていただきたい。元業界人が本音で語るブログサイトです。

余白

余白

余白

人気記事ベスト10

カテゴリータイトル

カテゴリー

アドセンス広告




ブログランキング参加中/タイトル

ブログランキング参加中

余白

マンション管理バナー

マンション管理バナー2

pagetop