管理組合が変わらない限り、何も変わらない!

管理会社

マンション管理会社リプレイス|その裏側にあるもの!

2018年9月20日

 

最近、マンションのリプレイス(管理会社変更)の話をよく耳にするようになった。

そこには大きく2つの要因が存在する。

ひとつは、委託者である管理組合自身が今のマンション管理の在り方を問い、見直すという自主的な意識の変化である。

もうひとつは、受託者である管理会社のマンション管理市場の変化によるものだ。2008年に起きたリーマンショック、あれから10年、不動産市況は大きく変わった。特に新築の分譲マンションの供給戸数は激減し、管理会社にとって新築マンションの管理受注が大きく減っている。

新築市場が低迷する中で、既存マンションの管理受注に力を入れざるを得ない。そんな管理会社の裏事情がある。

最近、TⅤやラジオ、ネット広告でマンション管理会社の宣伝広告をよく見聞きするようになった。

マンション管理会社は、管理戸数を増やすことで企業の安定性が高まる。なので増やすことが必須となる。企業のM&Aがまさしくその典型と言えよう。

しかしながら、新規に管理を受注する一方で解約されるケースも多々ある。ただ増やせばよい、この考え方では通用しない、これがマンション管理サービスの在り方とも言える。

経営陣の考え方は小より大、しかしながら大きくなるに連れ、提供するサービスが低くなれば顧客から支持など得まい。解約の多い管理会社はこのサービスを軽視している。



増やす前にやるべきことがある。それはサービスの質向上であり、そのために徹底した合理化が必要になる。その合理化が顧客を度外視した儲け主義のもとで行われている感は否めない。

マンション管理会社のM&Aは、顧客を度外視した儲け主義の典型のように私には思えてやまない。

金でマンション管理を買う…

 

詳しくはこちらの記事 👇

マンション管理会社のM&Aのカラクリ!

 

マンション管理会社の変更に際しては、自分たちの意思が反映されなければならない。

個人的にそう思うのだが…

 

 


 



-管理会社

執筆者:

関連記事

マンション管理業界が築き上げた一つの失態!

  分譲マンションを専門とする管理会社は昔から存在し、今日においてもマンション管理組合にとって必要な存在である。管理会社を率いるマンション管理業界は半世紀以上の歴史があり、必要だから今なお存 …

マンション管理会社は信用しない|これ基本!

  分譲マンションの管理会社は、全国に2,000社以上存在する。大手企業から零細企業まで事業規模は異なるが、管理会社の企業体質というのはどこも同じように思えるのだが… 管理会社は …

管理会社変更|その後の良し悪しは?

  マンション管理を見直す際に、マンション管理会社自体を変更するケースもあるだろう。 コストが下がり、以前よりも良くなった。 このような結果が得られれば、きっと苦労した甲斐があると思う。 す …

丸投げ管理で得をするのは管理会社だけ!

  マンション管理会社が行う管理業務は、外部(下請け業者)に委託する業務が多い。主に消防設備点検、定期清掃、貯水槽清掃、排水管洗浄、遠隔監視(機械警備)、自動扉保守点検、機械式駐車場保守点検 …

マンション管理会社はブローカー業

  ブローカーとは仲介人、仲立人を指す。 不動産会社は土地や建物などの不動産を紹介して手数料を得る。この仲介が本業である。そして管理会社というのは、その不動産会社の子会社もしくは別部門で設立 …

余白




余白

余白

プロフィール

著者:kurumi

元マンション業界人がマンション管理について本音で語るブログです。

余白

余白

余白

閲覧記事ランキング

カテゴリー

アドセンス広告




pagetop