管理組合が変わらない限り、何も変わらない!

語り

マンション管理は計画性が大切です!

2018年4月8日

 

「マンションの損害保険料が高くなった」

最近、色んなところでよく耳にするようになった。

築年数の古いマンションでは大幅な値上げとなっている。築年数の浅いマンションもいずれは古くなっていくから決して他人事ではない。

来年2019年10月に予定されている消費税10%の増税も実行に至れば、個人消費のみならず管理組合にとっても痛手となる。

マンションの修繕費も以前に比べると割高傾向にある。人手不足、相次ぐ建設ラッシュがその要因になるだろう。

管理員の人件費もまた人手不足、最低時給の値上げ、有給消化などにより、値上げを検討している管理会社は今の時代少なくないと思う。

マンションの管理支出は不変ではない…



マンション管理は計画性が必要

マンション管理は単年ベースではなく、将来を見据えた計画が必要になる。単年の予算、決算の繰り返しでは問題点は見出せない。(詳しくはこちら👇)

管理費会計の長期収支計画を策定すべき!

マンションの修繕においては、長期修繕計画というものが存在するのだが、作成後見直しがなされていない管理組合が実情として多いのではないだろうか。

マンションの修繕計画もまた時勢によって変わるから、定期に見直しは行うべきである。

計画というのは将来を予測すること、それにより今何をなすべきか、それを知ることができる。そこに計画の意義があると思う。

知らない間に将来の負担が増える。

マンション管理で怖いのは、無知の先送りである。

毎期の理事会の役割というのは、マンションの状況把握に努めることではないだろうか。

今そして将来…

自分たちのマンションのことを真剣に考える。その先にあるものは計画性だと思う。

 

 

 


 



-語り

執筆者:

関連記事

分譲マンション|人口減少でマンションはどう変わる!

  日本国内の住宅ストックは今や過剰とまで言われている。総務省統計局の住宅・土地統計調査によると2013年時点の空き家は全国で820万戸に及ぶ。この調査は5年毎に実施されているので来年201 …

感謝の気持ちは持ち続けたい!

  マンション管理というのは、多くの人に支えられそれが成り立っている。その人たちの協力があるから、安全で快適な暮らしが守られている。   今の私は、何のしがらみのないマンション所有 …

マンションの管理員室は誰のもの?

  マンションの管理員室は共用部分に該当する。中には専有部分として所有権の保存登記がなされ、管理会社の所有になっている特殊なケースもあるのだが、一般的には規約共用部分という扱いになっている。 …

マンション管理組合運営|意見と文句は違う!

  社会生活を送っている中で、たまに意見とか文句を言われたりすることがある。そんなときに私は、それが意見なのか、文句なのかを瞬時に見極めようとする癖がある(笑)。 なぜこのような癖がついてし …

面倒くさいをやるのが仕事!

  面倒くさいことをやるのが仕事である。世の中にはその面倒を引き受けてくれる人たちが存在する。それが企業で働く人たちである。 そう考えれば、マンション管理組合はその面倒を引き受けるための組織 …

余白




余白

余白

プロフィールタイトル

著者のプロフィール

著者:kurumi

元マンション業界人がマンション管理について本音で語るブログです。

余白

余白

余白

人気記事ベスト10

カテゴリータイトル

カテゴリー

アドセンス広告




pagetop