管理会社

マンション管理会社|フロントの担当物件数の減少傾向、その裏側には!

2018年3月27日

 

マンションの管理会社に管理を委託する場合、そのマンションを担当する「フロントマン」が存在する。

フロントマンの役割は、管理会社の総合窓口役として、そのマンションの所有者および居住者の相談や苦情対応、緊急時の対応、理事会および総会の支援、管理員の指導教育、設備点検などの実施調整、分譲会社や設備業者との折衝など、その役割は広範囲に及ぶ。

この役割を果たすため、フロントマンには「マンション管理に関する知識と経験」「ソーシャルスキル」「コミュニケーション能力」は欠かせない。

フロントマンは激務、そんな記事をよく見かけるのだが、確かに昔はそうだった。今でも管理会社によっては過剰な量の仕事を押し付ける企業も存在する。これまでの歴史を考察すれば、かなり改善されているように思える。

フロントマンが担当するのは、ひとつの管理組合(マンション)だけではない。複数の管理組合を掛け持ちで担当しているのが一般的である。10組合程度、これが近年のフロントマンが担当する管理組合の目安になるだろう。(詳しくはこちら👇)

フロントマンの担当組合数から見えてくるもの



フロントマンの担当物件数が増えると、作業効率は下がる。結果として、迅速な対応が行えなかったり、総会、理事会における支援が疎かになったりもする。

リプレイスによる価格競争の中で、管理委託料の値下げ合戦が繰り広げられているわけだが、それとは逆行して、フロントマンの担当を減らす傾向にある。このような状況下が何を意味するのか理解できるだろうか。

一人当たりのフロントマンの売上は減るということ、つまり、管理委託料以外の項目で売上を確保する必要があるということだ。それが修繕工事の売上であったり、管理会社が損害保険の代理店を行っているのなら、保険契約で得られる代理店手数料であったりもする。管理委託料以外の売上でカバーしているということだ。

管理委託料が高い、それによりフロントマンの担当数を減らすことができる。だが、管理委託料が下がればその穴埋めをどこかで補う必要が出てくる。そうしないと管理会社は経営が苦しくなる。

管理組合はこのカラクリを理解されておいた方がいい。

 








-管理会社

執筆者:

関連記事

マンション管理会社はストレスの捌け口ではない!

  自分たちの問題なのに管理会社に八つ当たりをしてしまう。マンション管理において、よくある光景ではないでしょうか。 私の管理会社時代にやたら難癖を付けてくる所有者がいて、一方的に文句ばかり言 …

管理委託料の内訳から見えてくるもの!

  昔は、管理委託料の内訳のない合計額しか記載されていない「管理委託契約書」が実情として多く存在した。マンション管理適正化法が2001年8月1日に施行され、2003年4月9日に国土交通省から …

フロントマンの良し悪しと社内的立場について

  マンション管理会社のフロントマンの良し悪しって、どんなところで判断されるのだろうか。 私がこれまで見聞きしたフロントマンのチェックポントを纏めてみた。 ▶ 管理業務主任者の …

マンション管理会社の法令違反、依然として続く!

  マンションの管理の適正化に関する法律が平成13年8月に施行され、既に16年の月日が経過しているのだが、マンション管理会社の法令違反は後を絶たない。 この法令違反は、国土交通省が毎年実施し …

マンション管理会社|無資格のフロント担当者はいらない!

  マンション管理会社の必須の資格と言えば「管理業務主任者」。 この管理業務主任者は、マンション管理業務を行う上で欠かせない資格となる。 自分たちのマンションのフロント担当者がこの資格を持っ …




 プロフィール

くるみ

くるみ

著者:kurumi

元業界人がマンション管理について本音で語るブログです。

 ブログ内検索
 カテゴリー
 その他の記事