管理組合が変わらない限り、何も変わらない!

管理会社

マンション管理会社|フロントの担当物件数の減少傾向、その裏側には!

2018年3月27日

 

マンションの管理会社に管理を委託する場合、そのマンションを担当する「フロントマン」が存在する。

フロントマンの役割は、管理会社の総合窓口役として、そのマンションの所有者および居住者の様々な相談や要望、苦情などの一時対応を行ったり、理事会、総会の支援を行ったり、管理員の指導教育、設備点検などの実施調整、分譲会社や設備業者との折衝など、その役割は広範囲に及ぶ。

この役割を果たすため、フロントマンには「マンション管理に関する知識と経験」「ソーシャルスキル」「コミュニケーション能力」は欠かせない。

フロントマンは激務、そんな記事をよく見かけるのだが、確かに昔はそうだった。今でも管理会社によっては過剰な量の仕事を押し付ける企業も存在する。これまでの歴史を考察すれば、改善傾向にあるのは間違いない。

フロントマンが担当するのは、ひとつの管理組合だけではない。複数の管理組合を掛け持ちで担当しているのが一般的である。10組合程度、これが近年のフロントマンが担当する管理組合の目安になるだろう。(詳しくはこちら👇)

フロントマンの担当組合数から見えてくるもの



フロントマンの担当物件数が増えると、作業効率は下がる。結果として、迅速な対応が行えなかったり、総会、理事会における支援が疎かになったりもする。

リプレイスによる価格競争の中で、管理委託料の値下げ合戦が繰り広げられているわけだが、それとは逆行して、フロントマンの担当を減らす傾向にある。このような状況下が何を意味するのか理解できるだろうか。

一人当たりのフロントマンの売上は減るということ、つまり、管理委託料以外の項目で売上を確保する必要があるということだ。それが修繕工事の売上であったり、管理会社が損害保険の代理店を行っているのなら、保険契約で得られる代理店手数料であったりもする。管理委託料以外の売上でカバーしているということだ。

管理委託料が高い、それによりフロントマンの担当数を減らすことができる。だが、管理委託料が下がればその穴埋めをどこかで補う必要が出てくる。そうしないと管理会社は経営が苦しくなる。

管理組合はこのカラクリを理解されておいた方がいい。

 

 


 



-管理会社

執筆者:

関連記事

マンション管理会社の善管注意義務について

  マンション管理会社には「善良な管理者の注意義務」という法律上の義務がある。一般的には「善管注意義務」という表現を用いている。 管理会社と管理組合の間で交わす管理委託契約は、民法上の委任契 …

マンションの管理委託料のココが大切!

  マンションの管理会社の見直しを行う際に、管理会社から提出された管理委託料の見積りの合計金額を比較して、その会社の良し悪しを判断されるケースが多いように思える。 A社・・・年額合計500万 …

マンション管理会社|誠実さって大切だよね!

  誠実とは… よく見聞きする言葉であるが、あらためて辞書を引きてみると、 「真心をもって人や物事に対すること」 「偽りがなく真面目なこと」 そのように書かれている。 この言葉は …

マンション管理会社の視点で未来像を語ってみる!

  私は一からマンション管理会社を立ち上げた経験を持つ。これは自慢話ではない。どちらかといえば「思い出したくもない私にとっての悲劇」である。 その会社は今も淘汰されることなく順調に経営が続い …

マンション管理会社|不公平なサービスの実態を暴く!

  マンション管理会社に求められるもの、そのひとつに公平性という概念がある。マンション管理組合の区分所有者に対し、皆公平に接しなければならないということだ。 これは、理事長、理事会にも同様に …

余白




余白

余白

プロフィール

著者:kurumi

元業界人がマンション管理について本音で語るブログです。

閲覧記事ランキング

カテゴリー

アドセンス広告




pagetop