管理組合が変わらない限り、何も変わらない!

管理会社

マンション管理業界が築き上げた一つの失態!

2017年12月25日

 

分譲マンションを専門とする管理会社は昔から存在し、今日においてもマンション管理組合にとって必要な存在である。管理会社を率いるマンション管理業界は半世紀以上の歴史があり、必要だから今なお存続している。

だがしかし、マンション管理業界が長きに渡り築き上げてきたひとつの大きな失態というのがこの業界にはある。

「マンション管理の主体は管理組合にある」「マンションの管理運営を支援する」、そう言いながらも素人である管理組合に対して、マンション管理について教えてこなかった。

近年においては、マンション管理に関する情報が簡単に入手できる時代へと変わり、管理組合が自力でマンション管理を学ぶ機会が増えた。そこには2001年に創設されたマンション管理士の存在が大きい。

マンション管理士が国によって創設された意味を知れば、マンション管理業界のこれまでの失態が理解できよう。

マンション管理を教える人がいない」、それがマンション管理士が創設された意義である。



管理会社が行う業務は、「教える」ではなく「代行する」である。視点を変えれば、管理組合がマンション管理について学べば、管理会社の存在意義(必要性)が薄れる。だから意図的に教えてこなかった。

ここで言う教えとは、管理組合とは、総会とは、理事会とは、理事役員の業務とは、監事の業務とは、これら「マンション管理の基本となる教え」のことを言っているのではない。多くの管理会社は、この基本は教えているだろう。

奥深くて重要かつ適正なもの、「管理組合の管理運営の在り方」についての教えである。

管理組合と管理会社は、利益相反の関係にある。これが存在する以上、教えることはしない。というか営利企業である以上それはできない。

コスト削減=管理会社の売上・利益の減少

価格の適正化=複数の相見積もりによる価格競争

これらは管理会社にとって都合が悪いからに他ならない。

これまで教えることをしてこなかったから、管理会社主導の管理体制が生まれ、無関心、管理会社任せ、自主性を喪失させる「間違いだらけのマンション管理」が構築されてしまった。これこそが管理会社が理想として築き上げたマンション管理の在り方ではないのか。

身近にいてマンション管理が学べない、それが管理会社だと言える。

代行してもらうのは、管理組合にとって煩雑さが解消されるから一見すると楽に思える。だがしかし、そこには「間違いだらけのマンション管理」が存在する。

この「間違いだらけのマンション管理」については、このブログのタイトルになっているのだが、2017年4月1日にブログを始めて、気付けば240の記事数になっている。書いても書いてもまだ書き足りない(笑)。

 

このブログに書いている記事の全ては個人的な意見である。そこを承知して読んでもらえたら幸いである。

 

 

 


 



-管理会社

執筆者:

関連記事

マンション管理会社|フロント担当者の離職率が高い理由!

  マンションのフロント担当者が頻繁に入れ替わる。それは人事異動ではなく、退職によるケースが多い。退職者の中には短期間で辞める社員は少なくない。どうして続かないのだろう。 悪い言い方になって …

マンションの管理委託料のココが大切!

  マンションの管理会社の見直しを行う際に、管理会社から提出された管理委託料の見積りの合計金額を比較して、その会社の良し悪しを判断されるケースが多いように思える。 A社・・・年額合計500万 …

独立系管理会社の素顔が知れる!

    先日、知人のマンションを尋ねた際にエレベーター内の目立つ箇所に書面が貼られていた。私は部外者であるが、目に付く場所にあるから、つい読んでしまう。 「消火器の交換費用について …

マンション管理|M&Aについて語る

M&Aにも色々ある。マンション管理会社のM&A、これだけは管理組合を愚弄している行為にしか思えない。なぜなら、管理組合を全く無視した企業の都合でしかないからだ。これはあくまで個人的な意見である。 私が …

マンション管理会社のM&Aのカラクリ!

  「企業統合による管理会社変更のお知らせ」、このような書面を受け取る機会が増えている。 マンション管理業界は企業統合・合併(M&A)が頻繁に行われている。質は向上しないが企業を大きく見せる …

余白




余白

余白

プロフィール

著者:kurumi

元マンション業界人がマンション管理について本音で語るブログです。

余白

余白

余白

閲覧記事ランキング

カテゴリー

アドセンス広告




pagetop