管理組合が変わらない限り、何も変わらない!

語り

久しぶりの里帰りそこで知り得たこと!

2017年12月8日

 

私の子供時代に過ごした故郷は、市の人口が7万人の小さな田舎町である。ここ10年の人口は増えてもいないし、減ってもいない。正確にいえば、日本人の人口は減っているのだが、外国人住民が増えている。

平成18年の居住外国人の人口は約500人、それが今では約1,000人と2倍に増えている。その多くが中国、韓国、東南アジアからの移住である。

 

 

幼馴染の知人が市役所で働いているのだが、先日その知人と会って、この人口の話になった。

自動車関連産業、農業などの様々な分野で外国人労働者の受け入れを積極的に行っている。この事象は、この小さな田舎町に限らす、全国的に波及していることでもある。

2020年以降、国内の人口が減少に転じるとの報道が厚生労働省から公表されたが、この人口減少により様々な問題が指摘されている。

受け入れるという姿勢や思考は、我々日本人にとって今後の課題となるだろう。

これはマンションにも言えることだと少し考えさせられた。

 

昔、華やかで活気のあった商店街は、今では寂れた商店街と化している。時代は確実に変わっていることを無情にも気付かせてくれる。

 

 

いつの時代も変化しない人間は取り残される。今回、これを知り得た里帰りであった。

 

 

 


 



-語り

執筆者:

関連記事

マンションという財産を自分達で守る!

  マンションをキャッシュで購入するにしても、住宅ローンを組んで購入するにしても、所有した時点で自分にとって貴重な財産となる。 その財産を守るのは誰なのか、改めて聞かれると「自分」と答えられ …

マンションの管理員室は誰のもの?

  マンションの管理員室は共用部分に該当する。中には専有部分として所有権の保存登記がなされ、管理会社の所有になっている特殊なケースもあるのだが、一般的には規約共用部分という扱いになっている。 …

本音で語れるマンション管理のパートナー!

  パートナーとは共同で仕事をする相手のことを指す。 同じ目的(目標)に向かって互いに協力し合う、とても素敵なことだと思う。 管理組合にとってのパートナーって誰だろう。 そのマンションの所有 …

住人間のコミュニケーション、その先にあるもの!

私の住むマンションでは、子供からお年寄りまで色んな方が住まれている。誰から押し付けられるわけでもないのに、住人同士の挨拶は絶えることがない。 大人が挨拶すると子供も挨拶するようになる。挨拶から雑談へと …

管理会社という名のレール

  新築の分譲マンションを購入した段階で、既に管理会社が存在する。 任せて安心、その根拠など無いのに所有者たちはひたすら管理会社鉄道に乗り続ける。 管理会社が儲ぐために敷かれたレールに乗って …

余白




余白

余白

プロフィール

著者:kurumi

元マンション業界人がマンション管理について本音で語るブログです。

余白

余白

余白

閲覧記事ランキング

カテゴリー

アドセンス広告




pagetop