管理組合が変わらない限り、何も変わらない!

大規模修繕

マンションのひび割れの原因について

2017年10月22日

 

マンションなどの建物の老朽化、これは全ての建物が持つ宿命であり、避けては通れない問題である。

マンションは、建設されているときから既に老朽化が始まっている。建物をよく人間に例えるのだが、私のように中高年になると老朽化は加速する(笑)。

本当に年だけは取りたくはない…

だが、思考などのメンタルな部分は年齢に関係なく成長させることができる。摩訶不思議…

建物の劣化事象として代表的なものがひび割れ(クラック)である。

コンクリートというのは、夏の暑さで膨張し、冬の寒さで収縮する。この伸縮の動きによってひび割れてしまう。だから防ぎようがない。

このひび割れが更に進行するとコンクリートの爆裂という劣化事象が起きる。古いマンションの外廊下の天井などによく見られる光景である。

 

この爆裂に至るまでには、過程というものがある。

①ひび割れ部分に雨水や空気中の炭酸ガスが浸入
②コンクリートの中性化が促進される
③コンクリート躯体内の鉄筋に錆が発生する
④発錆により、鉄筋の体積が膨張する
⑤鉄筋周辺のコンクリート片が押し出される

①から④までの過程を経て⑤の爆裂という事象が起きる。

そのまま放置すると、コンクリートの中性化が更に進み、内部鉄筋の発錆も同様に進行する。結果として建物の老朽化を早めることになる。

ひび割れは、建物の耐力、耐久性、防水性など様々な機能を低下させる要因となる。

なので、早めに補修することが大切である。

 

ひび割れには、ヘアークラック構造クラックの大きく2種類ある。

ヘアークラック
0.2mm~0.3mm未満の細いひび割れ)▶ 構造クラック
(0.3mm以上のひび割れで、深さも0.5mm以上ある)

ヘアークラックは、その多くがコンクリートの伸縮作用によって発生するひび割れであり、軽微なものと言えるが、一方の構造クラックは、建物の構造的な欠陥、あるいは地震や地盤沈下などが原因で発生する。

大きなクラックは、一度専門家に診断してもらう必要があろう。

 

 


 



-大規模修繕

執筆者:

関連記事

マンション大規模修繕|数量のトリック!

  マンション大規模修繕の見積りを確認される際に、どうしても金額の方に目が向けられる。 その金額の算定の基準となるのが単価であり数量である。 単価✕数量=工事金額 今回、その基準のひとつにな …

マンション大規模修繕工事の見積書のチェックについて!

  マンションの大規模修繕において、施工会社から工事見積書を取り寄せても、管理組合内でその中身をチェックすることは決して容易ではない。 大規模修繕工事に精通された方でないと、工事見積書に記載 …

大規模修繕工事後に留意すべき5箇条!

  大規模修繕工事の良し悪しというのは、工事完了時点ではなく、その後の建物の状態の良し悪しで決まってくる。 何の問題もなく次の大規模修繕を迎えることができれば良いのだが、マンションによっては …

大規模修繕に関わる3つの保険

  マンションの大規模修繕に関わる保険は大きく3つある。 1.大規模修繕工事瑕疵保険 2.工事保険 3.傷害保険 いずれも大規模修繕を行う上で、管理組合が知るべき保険である。今回、その中のひ …

大規模修繕の決議要件について

  2002年の区分所有法の改正により、「共用部分の変更」の定義が変わった。この改定の背景には、建物の維持保全には欠かせない大規模修繕の円滑な実施を図る、その目的がある。 <改定前> 区分所 …

余白




余白

余白

プロフィール

著者:kurumi

元業界人がマンション管理について本音で語るブログです。

閲覧記事ランキング

カテゴリー

アドセンス広告




pagetop