管理組合が変わらない限り、何も変わらない!

大規模修繕

大規模修繕工事後に留意すべき5箇条!

2018年4月23日

 

大規模修繕工事の良し悪しというのは、工事完了時点ではなく、その後の建物の状態の良し悪しで決まってくる。

何の問題もなく次の大規模修繕を迎えることができれば良いのだが、マンションによっては、大規模修繕工事を終えた1年後に雨漏りが発生したり、外壁の剥離、ひび割れ、タイルの変色などの不具合が生じるケースが見受けられる。

 

 

ほとんどの工事会社で、大規模修繕工事後の一定期間、無償で補修するアフターサービス保証が設けられているが、そのアフターサービスの在り方について、私の経験則上、疑問に感じることが多かった。

例えば…

▶ 不具合の原因調査をせずに場当たり的な手直し補修を繰り返す工事会社
▶ 「経過観察」と言って、その後ノーリアクションの工事会社
▶ 言い訳ばかりで手直しを行わない工事会社
▶ 公約した定期点検を実施しない工事会社

特にひどかったのは、漏水事故が発生してから1週間後に平然と現地確認に来た工事会社がいた。この工事会社は全国に拠点を置く大規模修繕専門の工事会社である。

適切に対応する工事会社がいる一方で、不適切な工事会社も中にはいる。アフターサービスとは名ばかりで、不適切な対応が目に付いた。



大規模修繕工事後に留意すべき5箇条

1.工事項目毎の保証期間について、管理組合(当期の理事会)は把握すべし
2.工事会社が定期に実施する点検(セルフチェック)に管理組合は立ち会うべし
3.不具合の原因は追究すべし
4.定期点検の報告、手直しの報告は書面で受け取るべし
5.保証期間終了前に工事項目毎の現地確認は行うべし

 

大規模修繕の工事完了までは皆さん関心が高い、しかし大規模修繕工事後においては無関心になりがちになる。そこに注意を払う必要があろう。

 

 


 



-大規模修繕

執筆者:

関連記事

大規模修繕の決議要件について

  2002年の区分所有法の改正により、「共用部分の変更」の定義が変わった。この改定の背景には、建物の維持保全には欠かせない大規模修繕の円滑な実施を図る、その目的がある。 <改定前> 区分所 …

マンション大規模修繕|手抜き工事はこうして生まれる!続編

  平成20年9月に発生したリーマンショック、不動産業界・建設業界に多大な悪影響をもたらした。 マンションデべロッパーの相次ぐ倒産により、新築分譲マンションの建設は、平成19年のピーク時の半 …

マンションのひび割れの原因について

  マンションなどの建物の老朽化、これは全ての建物が持つ宿命であり、避けては通れない問題である。 マンションは、建設されているときから既に老朽化が始まっている。建物をよく人間に例えるのだが、 …

マンション大規模修繕|関係業者は全て敵だと思え!

  マンションの大規模修繕は文字通り、大掛かりな修繕となるため、マンションの規模にもよりますが、数千万から億単位の多額のお金を費やします。 毎月コツコツと積み立てた大切な資金(修繕積立金)を …

マンション大規模修繕|業者側の工事金額はこうして決める!

  マンション大規模修繕の工事金額は、数千万円から数億円と莫大な費用が掛かる。戸当りに換算すると100万円、これがひとつの目安になるだろう。 この100万円は、仮設物設置工事、足場設置工事、 …

余白




余白

余白

プロフィール

著者:kurumi

元業界人がマンション管理について本音で語るブログです。

カテゴリー

アドセンス広告




pagetop